« 2016年10月 | メイン | 2016年12月 »

2016年11月

2016年11月30日 (水)

貴方に似合うクルマの色は?

突如わいたリーフの買い換えプラン。
候補はリーフ30とノートのE-POWER。
今もディーラーさんと交渉中。
面白い結果になるかも知れません。
ま、断念するかも知れませんしね。

さて、今日はクルマの色のお話。
といっても、売れている色は・・・!
とか、2015年の人気色は・・・!
とか、データや統計はネットで調べると出てきますから
例えば、こちらのAxaltaの調査では・・・
こんなチャートが出ています。

20161129_221613

やっぱり、世界のみんな、白が好きなのね。
そして、黒やシルバーが続きます。

そうでした。
こういった統計ではなくて、印象のお話なのです。

他人の意見なんかどうだっていいという方にはすみません。

あなたに似合う車の色って言われた事がありますか?

実は今回のクルマに関する交渉で
担当のセールスマンと話をする中で・・・

自分「リーフやノートの黒はどうですかねぇ。」
セールス担当「◎◎さんに似合う色って白ですよね!」
自分「あら?そうですかぁ?」
セールス担当「いやあ、黒は似合わないですよぉ。」

そうかぁ。
トゥーランは黒だったんだけどな。
E39の528は濃紺だったな。
でも、白が似合うんだそうです。
ですから、今回の見積書数枚はぜーんぶパールの白で
プリントアウトされていました。

ま、赤とかね。他の色も乗ってみたいけど。
やっぱり自分に似合うと言われた色になっちゃいますね。(^^;)

皆さんはいかがですか?
もしかしたら、こだわりをもって、
クルマの色を選んでいる方もいらっしゃるのでは?って
思っています。

2016年11月29日 (火)

次期iPadの大中小の3シリーズは!

皆さんはiPadを使っていらっしゃいますか?
自分は普段は仕事で12.9インチのiPadProを
アポーペンで使っています(^o^)

家庭では
ちょっと古くなった初代のiPadAirと
iPadPro128Gをアポーのキーボード付きで
子どもたちが学習用に使っています。

miniだけは、iPhoneがどんどん大きくなったので、
普段PLUS使いの自分は買っていません。

さて、我が家では今ではすっかり欠かせないものになった
iPadですが、来年早々に出てくるであろう
2017年度版のiPadシリーズが話題になっています。

まずはiPadProの9.7インチ版から。
こちらは画面の大きさが10.1インチになると思われます。
ただ、ご安心ください。
すっかり定着したあのサイズはそのままで
画面サイズだけが大きくなるのです。

さすがiPadの中心モデル。
これは使い勝手が向上しますね。

iPadProの12.9インチ版は
少し薄くなって、軽くなるみたいですね。
いや、現行モデルはけっこう重たいですもんね。

なくなるかも?って噂だった
miniも残るみたいですよ。

かつてのような勢いが薄れたタブレットですが
iPadはその操作性の良さから
「学習のツール」としても子どもたちに大人気。

特に9.7インチが大きさそのままに
画面が10.1にサイズアップするって
さらに学習のツールとして魅力が増しますね。

自分は大好きなiPad。
やっぱりwindowsのタブレットよりも良いと思うんです。
ビジネスはやっぱりノートPCだと思っていますが?
皆さんはいかが?

そうそう、ソースはいつもの「気になる 記になる」さんの
こちらの記事です。

次期「iPad Pro」シリーズで新たに登場すると噂の10.9インチモデル、ベゼルレスでホームボタンは廃止か

2016年11月28日 (月)

提示額はホンモノでした。

昨日、行ってきました。
ディーラーさんに!

一発、!万円引きのリーフは
エアロスタイルのGというまあ上のグレードでした(^o^)

もし「リーフ30」に買い換えるなら
初期型のエアロパーツをつけていた自分としては
エアロスタイルしかないと思っていましたので、
それも、ドンピシャ!

このセールスさんってニーズを掴んでいらっしゃるというか
美味いことこちらの心理をおさえていらっしゃって

「エアロスタイルGのホワイトを確保しています!」

話をうかがっていて、
もうちょっと押せるんじゃないかという感触。

カミさんも一緒に行ってくれたので、
カミさんはノートe-POWERにも試乗。

リーフとの価格差や乗り味の相違を確認したみたいですね。

ちょうど、リーフは定期点検だったので、
すぐに終わりますが、
なんとディーラーは「リーフ30」を試乗用に
しばらくモニターで貸してくれると!

カミさんは
「200㎞超えの表示がなかなか減らないよ!」
「暖房を入れても、走行可能距離は減らないよ!」
って、驚いていました。

まあ、ここのディーラーさんは
いつも思うのですが、
多くの人で賑わっています。

客層もご年配の方からファミリーまで
幅広くて、立ち寄るとなんか良い感じです。

それぞれのニーズに合わせた販売が上手くいっているんですね。

クルマ選びは楽しいです。
今回はどうするかわかりません。
とってもお買い得で魅力的な「リーフ30」のエアロスタイル。
それと、ノートのe-POWERメダリスト。
どちらも「人を認識する自動ブレーキ」がついています。
それぞれの価格差もありますけどね。
でもなあ、貧乏子だくさんだからな・・・。
思案中です。

2016年11月27日 (日)

ええっ!リーフ30って、値引きできるの?

UPさんからコメントをいただき、
来年出てくる新型リーフは50kWhって情報を
ディーラーから引き出した!って。
IDSのスタイルで出てきたらタイヘンだ!(^o^)
情報をありがとうございましたm(_ _)m

そして、さらに現行のリーフについて
驚きの情報が飛び込んできました。

自動ブレーキつきのクルマが欲しい・・・
そんなことをセールススタッフさんにつぶやいたら
悪魔の囁きが返ってきました。

セールスさん「今のリーフを下取りに出して、30kWhのリーフを買いませんか?」
私「来年、新型が出るでしょ?50kWhってお話があるんですけど?」
セールスさん「良い条件が出てきたんです!」
私「最近出てきた補助金縛りの分を補填するってことですか?」
セールスさん「いや違います。今のリーフ30を買ってくれるなら、
補助金も出せますし、値引きも出来るようになったんです!」
セールスさん「その額、◎万円!どうですか?」
私「どひゃー。ま、マジすか!!!!!


これは、ものすごい条件です。
もしかしたら、交渉次第ではもっといくかもしれません。

ああ、グラグラしてきました。

もうすぐ出てくる新型リーフ。
でも、50kWhだったら、値段も相当するでしょう。
だったら・・・
リーフ30でもいいかな・・・

※最終型のリーフを勝手に「リーフ30」って呼ぶようにしました。

今日、午前中、話を聞きに行きます。
しばらく、リーフ30を買おうかどうかと悩んでしまいそうです。
買うなら!
エアロでしょう!
ねぇ。北海道のshinさーん!(^o^)/

2016年11月26日 (土)

自動ブレーキつきのクルマが欲しい!

昨日、カミさんが通勤の帰り道、
間一髪の出来事があったと話をしてくれました。

1台前のクルマが急に停止し、
前のクルマに追突しそうになったと・・・。

夕方はもう暗いですし、
寒いし・・・
帰路につくクルマはなんとなく気ぜわしく走っていますもんね。

普段からちょっと車間が狭めなので
危ない!と指摘していたんですが、
言わんこっちゃない。

こんな時、V37スカイラインなら
運転支援システムをONで、
車間を開き気味に走るはずです。
カルガモ追従モードなら
より安心して走ることが出来ます。

カミさんと自動ブレーキつきがいいなって話に。
自分は、さらに、追従のクルーズつきなら
もっと良いと!

もともとリーフのフットブレーキって
ガツンと効くタイプなのですが、
自動ブレーキつきのリーフの中古にでも
買い換えようかとも考えました。

そしたら、 コメントをくださる
UPさんから新型のリーフのバッテリーは
50kWhって話だとコメントが・・・。

やっぱり、そうか!
実用で300㎞に到達しますね。

皆さんがご指摘されているように
ノートe-POWERに追従クルーズがあればなあ。
リーフの中古かなぁ・・・。
新型まで待つかなぁ・・・。
事故は想定内の出来事ですもんね。

参った。

2016年11月25日 (金)

ナベサダを聴く!

渡辺貞夫さん。
1933年、昭和8年2月1日生まれ。
御年83歳。

渡辺貞夫さんとの出会いは
やっぱりステレオ好きの亡き親父が
アルバムを鳴らしてくれていたからです。

1978年、当時、中学生の自分にとって
カリフォルニアシャワーは心地よかった。
デイヴ・グルーシンを迎え、
ジャズからさらに軽快なフュージョンサウンドで
私たちにその門戸を広げてくださいました。

先日、ネパールとの外交樹立60周年記念の
ライブをネパールで挙行されました。
BSで放送されていましたが、
渡辺さん、お元気そうでと
口にするのが失礼なくらいに、あのナベサダの笑顔。

親父も生きていたら同じくらいの歳なので
なーんだか、懐かしい顔を見たように思いました。

早速、自分のCDが収まった棚を探すとありました。

これ。

Img_6974

ベスト盤なんですが、ズラリと代表作が揃っています。

息子にも聴かせたら、乗りの良い曲では
身体でリズムをとって、ごきげん。
親子でナベサダサウンドを楽しんでいます。

2016年11月24日 (木)

あなたは一時停止していますか?

今朝の地方紙(熊本日日新聞)にこんな記事がありました。

「横断歩道歩行中の事故 後絶たず」
「運転手「妨害」意識低く」

これは道路交通法の第48条第3項に基づくもので
違反者は罰金などの罪に問われます。
特に朝が多いと思うのですが、
子どもたちが集団登校しているときや
集団登校するために集合場所に向かっているときなどに
道路を横断するために横断歩道に立ったときです。

自分は積極的に止まるようにしています。

積極的と書いたのは、
対向車線を意識しているからです。
もし、今、自分が止まっても
対向車の速度が速く、
子どもたちが横断しようとアクションを起こした際に
かえって危険になる場合が出てくると判断されるときは
「ごめんね〜」と軽く会釈をして、
安全な速度で通過することがあるからです。

この記事では違反者が多く、
事故も多発している交差点等で
白バイが違反ドライバーを検挙することなども
書かれています。

交差点において、私たちドライバーは
子どもたちばかりでなく、多くの歩行者に対して、
配慮し、注意しなければなりません。
これって当たり前ですよね。
また、急には止まることが難しい自転車はもっと危険ですよね。

以下、48条です。

第48条(運転者の遵守事項) すべての車の運転者は、次の事項を遵守しなければならない。

 1 水たまりを運行するときは、水を飛ばして他人に被害を及ぼすことがないようにしなければならない。

 2 児童又は幼児が保護者なしに歩き、又は目が見えない者が白色の杖を携えて歩いているときは、一時停止し、又は徐行しなければならない。

 3 歩行者が横断歩道を通行しているときは、一時停止し、又は徐行し、その通行を妨害しないようにしなければならない。

 4 歩行者が道路に設置された安全地帯にいるときは、徐行しなければならない。、

 5 乗客又は積載した貨物が落ちるのを防ぐため、乗降口のドアを確実に閉め、貨物の積載を確実にする等、必要な措置を採らなければならない。

 6 運転者が運転席を離れるときは、原動機の発動を停止し、ブレーキを完全にかける等、その車の停止の状態を安全に維持し、他人がみだりに運転することができないように必要な措置を採らなければならない。

 7 運転者は、安全を確認せずに車のドアを開き、又は降りてはならず、乗車者が交通の危険を発生させないように必要な措置を採らなければならない。

 8 削除

 9 運転者は、正当な事由なく、他人に被害を与える騒音を発生させる方法で自動車等を急発進させ、その速度を急激に高め、又は自動車等の原動機の動力を車輪に伝達させることなく原動機の回転数を増加させる行為をしてはならない。

 10 運転者は、乗客が車内で安全運転に顕著に障害となる程度に踊りを踊るなどの騒乱行為をするのを放置して、車を運行してはならない。

 11 市・道知事が交通安全及び交通秩序を維持する上で必要であると認めて定めた事項に従わなければならない。

ハッとする条文がありますよね。

第1項の「水たまりなどで歩行者等に水をひっかけた!」
第2項の「徐行」
第7項の「ドアを開く」
などなど。

信号機のある交差点では
黄色から赤色になったにも関わらず
駆け込み進入や通過が
目に付くようになっているような気がしますが、
皆さんの地域ではいかがですか?

2016年11月23日 (水)

ジャガーのElectric SUV かっけー!

どうしてこんなSUVが日本から出てこないのでしょう。

ジャガーから電気自動車のSUV
つまり、SUEVともいえる「I-Pace」が
2018年には登場するとアナウンスされました。

20161123_001725

これがまたカッコイイんだわ!

こちらのAutoBlogさんの記事です!


写真はこの記事から

この「I-Pace」は
ジャガー初めての電気自動車として登場し、
90kWhの大きなバッテリー
走行可能距離220マイル
パワーは400馬力以上
加速は0-60マイル/hまで約4秒だそうです。

やはり、半端ないですよね。
でも、ジャガーとしては
2年後には大容量バッテリーも
コストダウンが実現していると踏んでいるんですね。

ライバルとも言えるマツダはディーゼルだし・・・。
トヨタはEVプロジェクトを始めたばかりだし・・・。
日産は次は新型リーフだし・・・。

わくわくするようなEVが出てこないかな〜。

2016年11月22日 (火)

僕もそうだと思います!

国沢師匠が昨日の記事で
自動ブレーキについて書いておられます。

最後の下りで、
秋篠宮さまのお乗りのクルマが
追突したとのことについて・・・
自分も新聞を読んでご無事だったことに安心しました。
そして、師匠の記事・・・

ダイハツもステレオカメラ式自動ブレーキ採用か?

「秋篠宮妃紀子さまと悠仁さまの乗っていた車両が追突事故を起こした(お怪我なくなによりです)。こういった車両こそ自動ブレーキ付きにすべきだと思う。アイサイト3レベルの自動ブレーキが付いていれば、居眠り運転で無い限り先行車に急接近した時点で警告してくれる。50km/h以上出ていても、ブレーキ踏めば余裕で停止出来たことだろう。」

そうなんです。
すぐにでも性能の良い自動ブレーキをつけた
おクルマを用意すべきです。

天皇皇后両陛下や皇太子さまのお乗りのおクルマは
青信号で走って行きます。
しかし、それ以外の宮様のおクルマは信号に従います。
だからこそ、余計、こういった装備が必要です。
周囲を警護するクルマは咄嗟の場合を考える必要がありますが。

自分のV37スカイライン・ハイブリッドは
実は歩行者も認識しています。
ただし、表示にはクルマのマークですけどね。
朝からの渋滞では必ず運転支援とカルガモ追従をONにします。
とても優秀。もう戻れません。
カミさんが日頃使っているリーフも買い換えたいのですが、
先立つものがなく、
また、カミさんよりもはるかにクルマを使う自分なので
そこは妥協してもらっています。

まだの方はぜひとも性能の良い自動ブレーキつきのクルマをお選びください。
JNCAPのサイトを参考にされると良いと思います。


何度も書いておりますが、
自分はクルマに関してはプロではありません。
そのため、ここに来てくださる皆さんのすべてに
満足していただけるような文章は無理だと思っています。
ただただ、クルマが好きな皆さんとともにありたいだけです。
そして、国沢師匠の文から学びながら、
自分の仕事に生かしたいという思いです。
お気に障ることもあるかもしれませんが、
どうか素人の戯れ言と受け流してください。

これからもよろしくお願いします。

筆者 拝

2016年11月21日 (月)

ニトリにも普通充電器が4〜5台あるんだけど・・・

私の住んでいる街の近くにニトリがあります。
今日はちょっくらカミさんとお買い物。

ここにはこの辺りでは珍しく
4〜5台の普通充電器が設置されています。
ぞうさんマークのカードなら一発でOK!

時々書いていますが、
カリフォルニアみたいに
ズラリと充電器が並んでいて、
まるで乗ってきた馬の手綱をつなぐかのように
EVをつなぐような光景が見られるハズなんです。

ところが・・・
すべての充電器の前に内燃機関のクルマたちが・・・
EVは駐車することが出来ない!

買い物中に充電しようと思ったのにな・・・

一番端の充電器にはプリウスαが。
その横に駐車スペースがあったので、
リーフの頭を突っ込んでみました。

充電ケーブルは5〜6mぐらいあったので、
ケーブルを伸ばして、充電が出来ました。

しかし、いくらなんでもすべての充電器の前に
プラグを持たないクルマを止めたらアカンでしょ!

普通充電でもしながら、
ボチボチ店内を見てね!っていうニトリの作戦でもあるし、
プラグを持ったクルマたちが使わないとね。

地方都市ではだいぶリーフの姿を見かけるようになってきましたし、
息子の友達のお母さんはi-MiEVを買われましたし、
認知は広がっていると思うんですけどね。

もうちょっと増えないと認知はなかなか高まりません。

ニトリやら、他のホムセンなどを周りながらの
帰り道。
ま、もうすぐ我が家に着くってところで
走行可能距離は「80㎞」ちょっと。
フル充電でも今日は乗り始めに
「110㎞」程度を表示していましたので、
納得の数字だったのですが、
これが、三桁目に1や2の数字が表示されていて、
「180」や「280」、
あるいは「380㎞」ってなっていると
めっちゃうれしいのになあ・・・。
って、考えながら、夕方の街を走りました。

来年という次期リーフが
乗り始めに走行可能距離が400㎞や500㎞って
数字を示してくれるんですよね?日産自動車さん!!

サイト内検索



  • WWW を検索
    このサイト内 を検索