« 2016年7月 | メイン | 2016年9月 »

2016年8月

2016年8月21日 (日)

あのAIワトソン君が身近にやってきた!

昨年度の最先端だったAI(人工知能)が
今年は私たちの生活に入ってきましたね。

先日の医療分野でのIBMのAIである
Watsonのガン治療での貢献のニュースは
私たちに驚きとその信頼性の高さを証明しましたね。

こちらのニュース

人工知能(AI)が医療を変える! わずか10分で白血病を見抜き患者を救った「IBM Watson」の底力


このAI Watsonは今年の2月には日本語を習得して
今回の医療貢献につながったことに感銘を受けました。

そのAI Watsonがいよいよ身近になってきました。

私たちの文章を分析して
性格等の分析をするというのです。

こちら

Watsonが小説から解析、ある文豪の人物像に迫る

この記事のリンク先であるIBMのサイト
こちらに

 IBM Watson

Watson君への入り口がありますので、
実は自分も文書を解析してもらいました。

こちらから

Try out these new languages on our demo

Build now


短文での文章の傾向は
普段の自分よりもちょっと気が強いと判断されて、
納得しました。

データマイニング・・・。
研究等でテキスト分析などを行う人にとっては
これまで専用のソフトを使っていましたが、
これを有料のサービスなどでも提供するんじゃないかと思います。

かつて、グローバル社会において
日本語よりも英語を!と唱える(今も?)人たちがいらっしゃいました?
(いらっしゃる)が、
AIにおいては外国語を習得する必要性があるのかも疑問になってきました。

文書の解析はあっという間に終わります。
興味のある人やIBMにちょっとした文書データはくれてやる!
ぐらいの気持ちの人、AIの片鱗を体験できます。

どうぞ、やってみてください。

2016年8月20日 (土)

オリンピックとメダルと日本の国力と

リオデジャネイロ・オリンピック、
連日、日本の選手も活躍していますよね。
早朝からテレビ観戦をしている方も多くいらっしゃることと思います。
皆さん、いかがですか?

日本選手もがんばっていて、前回大会を上回る成績が残せそうですね。
素晴らしい!

そんな中で、ふと考えたことが・・・

「どうして日本選手は好成績を残せるのだろう?」

ということです。

人口動態で考えると
高齢化が進み、少子化で若い世代は減っている・・・
それなのに、このオリンピック(世界運動会って僕(^^;))
では若い世代が活躍している・・・

どうしてでしょう?

たぶん、世界の国々がリサーチすると思います。

日本の秘密を探れ・・・と。

僕も知りたい!!

いくつかの要因が挙げられるでしょう。

・個性化:少子化で一人の子どもにかける教育予算の増加
・環境面の充実:物的にインフラが充実しているし、一人あたりの機器も。
       :人的に一人あたりのコーチ数が多い?
・特性:日本人としての徳・・・報奨金等が低くても、精神的な価値が高い。
などなど

もう少し、この点、考えてみたいです。

開催や治安が危ぶまれた今回のオリンピックですが、
何とかうまくいきそうですね。
でも、ここで気をつけないといけませんけどね。
こんな時が一番危ないから・・・。
何事もなく選手の皆さんがこのスポーツの祭典
世界運動会を楽しんでくださればいいなと思います。

2016年8月19日 (金)

100kWのバッテリー?!

いつも読んでいるAutoBlogGreenさんの記事
あら?
こちらの記事



テスラのモデルSが90kWhのバッテリーで
294マイルを達成すると言われていますが、
モデルXとなるとSUVですし、
それに近い、あるいは300マイルを達成するためには
100kWhのバッテリーも搭載してくるのでしょう。

なんだかね。
やっぱり、もっとデカいスケールで語らないと
EVのこの先に夢がないですもん。

私たちゃ、初期型、中期型のリーフで24kWhって
もう過去の遺物になりつつあります。
30kWhです!!なんて、なんか苦笑いです。

次のリーフは60kWhになると言われていますが、
なんか現実的すぎて、
あるいは、
今、現在のスケールで語りすぎで、
やっぱ、テスラのように
90だ!100だ!って、ぶち上げて欲しいですよね。

その上で、テスラみたいにグリルレスを提案しても良いし、
IDSみたいなクルマを進化させたような
誰もがおおっ!って思うような
スポーティかつ小技の効いたデザインのクルマであれば、
「買おうかな」
とか
「出てくるまで新車を買うのを待とうかな」
とか
「これなら多少劣化しても長距離を走ることが出来るな」
とか
「中古車で売っても安心だよね」
なんて、提案が出てこないかなって

この記事を読みながら、思った次第です。

でも、師匠の記事からすると・・・
日産自動車はEVをどこまで育てていこうと思っているのでしょう。
ちょっと不安ですね。

2016年8月18日 (木)

ステアリングもアクセル&ブレーキペダルもなくしちゃうの?

日本が2020年を目途にしている自動運転カーの技術は
頑張れば、世界の潮流をリードするかもしれません。

そんな期待を持たせる記事が
AutoBlogさんにアップされていました。

こちら


フォードが2021年を目途に
自動運転カーを登場させ、
ステアリング、
アクセルペダル、
ブレーキペダルをなくすっていうもの。

ま、こりゃ、自社の従業員さんたちへも
ハッパともとれますけど、ぶち上げましたね〜。

アメリカではみなさんもご存知のように
グーグルが先行してそのノウハウを蓄積していますが、
各メーカーもアメリカに実際に自動運転カーを走らせる
実物大の?街を作って、テストしてます。

まさに、鎬を削る技術開発が進んでいるわけです。
ここで国交省も腰をすえてサポートしないと
立ち後れた日本のダウンサイジングエンジンの二の舞になってしまい、
さらには、韓国や中国の自動車メーカーに追い越されてしまうのが
2020年てなことになったら、大変ですから。

日産自動車も採算が見込めないバッテリー工場を見限ったばかりですが、
(リーフオーナーとしては先が見通せないのがツライ)
ぜひ、多くの研究費を投じ、自動運転のロードマップを加速していただきたい!
よろしく!!

2016年8月17日 (水)

暑いなぁ、熱いなぁ・・・あらら、燃えてるテスラモデルS

連日、暑い日が続いています。
台風の影響で北部九州は少し雨が降りましたが、
午後には34℃ぐらいまで上がってヘロヘロ(^^;)
自分もお盆のお休みにいろいろとおふくろの手伝いをしたら、
がんばりすぎちゃって、軽い熱中症になっちゃいました。
皆さんも気をつけて!

さて、熱い!話題がAutoBlogGreenさんに・・・

写真は記事より

Screenshot20160815at104431ampng


記事はこちら



おやおや、テスラモデルSが燃えている・・・。

新しいモデルSはグリルレスになって、
ちょっとのっぺり顔ですが、
テスラさんはこれで行くみたいですよね。

写真はテスラのサイトから

Sectioninitial

欧米で広がっているSNSアプリのWhatsAppに
アップされたみたいですが、
乗員の皆さんは安全だったとテスラ社がコメントしているみたいですね。

まずは一安心ですが、
原因は特定されていないようで、
クルマが燃えるって・・・
かのイタリアの高級スーパーカーも燃えちゃうことがありましたけど、
EVが燃えるって気になりますよね。

バッテリーだったら、いやだなあ。
リーフの電池も次期リーフから別のメーカー製になるようだし、
NECとの合弁会社のバッテリーモジュールは
弁当箱みたいですが、安全性を動画でも訴えてましたもんね。

頭の片隅に置いておくべき事故ですよね。

2016年8月16日 (火)

VQ→VR、そして、VC

昨年、ニューモデルがなく
谷間にあった日産自動車が元気な様子を見せています。

長い間、大型セダン等の基幹エンジンだったVQ。
自分のV37スカイライン・ハイブリッドもVQの3.5リッターを搭載しています。
素晴らしいチューンでハイブリッドとの相性はバッチリ!
高速道路を90㎞/h+αでクルーズするとリッター20㎞を超えます。
田舎の街乗りならリッター15㎞は超えますもんね。
それでいて、踏めば速い!
サウンドコントロールもありますが、
その音と加速感で爽快な走りを見せます。

そのVQの後継として
インフィニティQ60、スカイライン・クーペには
VRという次世代高性能エンジンが搭載されます。

その上に、「VC」というエンジンが登場すると
マスコミが伝えています。

こちらのSankeiBizの記事

日産、新ガソリンエンジン来年投入 高馬力ながらディーゼル並みの燃費性能

多くの人気を集めるSUVでは
ジャガーもマツダもBMもガソリンエンジンと共に
クリーンディーゼルを搭載してきています。

でも、日産はテクノロジーを生かして、
ディーゼルでなくても大丈夫!それを超える!という
ガソリンエンジンを発表したんですね。

きっとハイブリッドやPHVなどになっても
このエンジンなら相性も良いでしょう!

自動運転を出したり、新しいエンジンを出したり、
秋にはレンジエクステンダーも出てくるし、
日産自動車が楽しみです。

2016年8月15日 (月)

気になっていたAピラーの死角への打開策登場!

以前、こちらで書いたことがある
Aピラーの死角の大きさ。

V37スカイラインは流麗なスタイルのセダンでありながら、
Aピラーは立ち気味で、
ダッシュボードの奥行きが短く、
前方視界に大変優れています。

一方、このV37の前に乗っていた
プリウスαはAピラーが寝ていて、しかも太く、
ダッシュボードは奥行きが深くて、
Aピラーが作る死角がとっても気になるクルマでした。
したがって、自分の評価は低めでした。

リーフは多少Aピラーは太めですが、
プリウスほど寝ていないですね。
それでも、気になる方です。

例えば、右カーブでカーブの終わりに
左右からクルマ等が進入してくる道があるとき、
このAピラーの死角ってとっても気になります。

しかし、Aピラーは乗員の安全確保のためには
非常に重要な役割を果たしています。

つまり、Aピラーは視界の確保のためには太く出来ず
安全性の確保のためには強さ、
それを達成する太さが必要だったわけです。

この相反する事柄を解決する技術が生み出されました。

それがこちら

フロントピラーの強度と前方視界を両立できる自動車ボディの骨格新部材が登場

この技術、軽量化にも貢献するらしいですね。
たしか、新型のNSXにも使われているといいます。

ドアミラーがなくなるといったデザインの変化に
この骨格技術も使われていくはずです。
まだまだクルマのデザインは変化していきます!

2016年8月14日 (日)

暑い!熱中症、いや、熱駐症にご用心?!

お盆の時期になりました。
昨日の夕方からカミさんの実家に移動。
途中、高速道路のSAに立ち寄りましたが、 たくさんの県外ナンバーのマイカーであふれていました。

気になるのは、やっぱり暑いこと。
もう「熱い」というコトバの方がぴったりですよね。

テレビや消防も「熱中症」の予防を繰り返して呼び掛けています。

クルマの中も屋外の駐車中は大変な暑さになります。
駐車前まで、クルマの中をいくらエアコンで冷やしていても、
車内はあっと言う間に高温になってしまいます。

ですから、子どもさんを、「ほんの少しの間だから」って置き去りにしてはいけません。

日産自動車さんが、「熱駐症予防」のキャンペーンをしていて、
良い啓発ビデオを出しています。

こちらが啓発サイト
日産自動車「 #熱駐症 ゼロプロジェクト」発足

こちらがYoutubeビデオ
#熱駐症 ゼロプロジェクト by NISSAN No more #CarHeatStroke

熱くなっていく車内の様子がよくわかり、恐ろしいぐらいです。

大好きなクルマで悲劇が起きませんようにと祈ります。

2016年8月13日 (土)

戦争 ニュートラルに語り継ぐ大切さ

皆さんも毎年8月15日を迎えて、
いろいろと考えを巡らす機会があるかと思います。

自分もいろいろと考えます。
懸念していることは
その当時をニュートラルに語る人がいなくなってしまうこと・・・

私の母は東京から疎開して実家のあった熊本に来ました。
祖父や叔母は東京大空襲を受け、逃げ惑って、生き残ることの出来た人でした。
幼い頃から祖父が亡くなるまで、毎年、何度も何度も聴いたけど
飽きることがなかったですね。
またぁ〜。なんて一度も思わなかったんですよね。
当時の東京の台東区などの下町の様子や
警視庁に勤め、宮城を警護していた祖父の話。
がらんがらんと音を立て、
十文字方向に空から降ってきた「焼夷弾」と燃える町や人々の話。

戦後、多くの方と同じく、苦労しながら生活し、
学びたかった母は大学に行かせてもらえず
今もそれは悔しそうに語ります。

そう、講演会やテレビや雑誌等で「語り部」さんから
お話を伺います。
貴重な機会です。
それは大切にしなければなりませんが、
マスコミの場合、マスコミのバイアスが絡んでしまっています。

聞くに人にとって全くニュートラル・・・
自分の身の回りの人が語り、それを聞くことほど大切な機会はないのです。

しまったな。

祖父の話を録画、録音しておくんだった。

先日、息子が母から当時の生活を聞く機会があって、
iPadに録画しました。
もっと記録しておかないといけないなと思います。

私の子どもたちはもちろん、孫やひ孫にとって
身近な人が語りかける。

そんな戦後を受け継いでいきたいと思っています。

2016年8月12日 (金)

久しぶりに残り1メモリまで走ってみました 日産リーフ

暑い日が続いています。
なんかもう暑い!

祝日「山の日」の昨日、
一足早く、亡くなって17年になる親父の墓参りに
おふくろと行ってきました。

今日はカミさんもお休みだったので、
リーフのエアコンをガンガン効かせて・・・。

クルマで1時間少々の海を望む絶景が広がる小高い山の中腹、
そこに親父の故郷はありまして、そこに親父は眠っています。

おふくろを迎えに行って、
途中、親戚へのお土産などを買って、
お墓参り。

少し親父としゃべってきました。
優しい雰囲気を感じたので、うれしかったな。

そんな中でのリーフ。
初期型ですし、どんどん走行可能距離の表示が減っていきます。
帰り道に、これはギリギリになるなってわかっていましたが、
ま大丈夫だろうと気にせず。

おふくろを実家に一人残した時には
残量警告灯が点いていました。
10キロほど離れた帰り道から少し遠回りになるけど
日産自動車のディーラーへ。

慌てない・・・(^^)/

9セグになってから粘る粘る!
なかなかこれから下がりません(^^;)

慌てない・・・(^^;)

着いたら、急速充電をしながら、
フロントウインドウにシェードをつけて、
エアコンを効かせながら、お昼寝。

ちょうどいい!気持ちいい!!(^^)/

充電も70%で切り上げて、
自宅までの帰り道にちょっと寄り道したりして・・・。

時間に余裕やゆとりがある時って、
電欠なんかするはずもないし、焦ることなく充電スポットへ。

そうそう急速充電スポットもやっぱり増えつつあって、
こちらでは個人のお店などにも付いてきたなって。
逆に大型ショッピングモールが遅れ始めましたよ。

ゆめタウンさん、イオンモールさん、
がんばってくださいな。よろしくお願いします。

サイト内検索



  • WWW を検索
    このサイト内 を検索