« その名は「E-Power」 | メイン | 次のiPhoneをどうするか? »

2016年7月27日 (水)

相模原市の障害者施設殺傷事件に思う

昨日の朝の相模原市の障害者施設殺傷事件・・・
このブログで思いを綴りたいと思います。

まず、お亡くなりになった方々、ご遺族に心からお悔やみ申し上げます。
そして、けがをされた皆様にお見舞い申し上げます。

昨日は、いや、今朝も
気持ちは晴れないままです。

仕事中もずっとなーんか落ち着きませんでした。
大きな仕事があって、朝から職場の同僚も自分もバタバタ。

この事件のことを話題にすることもなかったからでしょうか。
なんとなくいつもと違う自分がずーっといました。

夕闇を帰るクルマの中で、
そうだった、あの事件があったんだ・・・と
だから、自分の気持ちはやっぱり晴れない・・・。

やるせなさ・・・
悲しみ・・・
哀しみ・・・。

私たちは精一杯生きている。
みんな生きている。
同じ!
多様性を認め、インクルーシブな社会を創り上げようとしている。
世界の皆さんと一緒。

自分も微力ながら、少しでもそんな社会づくりに貢献したい。
ちょっとずつでも、やっています。

こんな意見をお持ちの方がいらっしゃるんだな・・・って。
改めて感じ、悲しみでいっぱいです。

障がい・・・そういった特性をおもちの方々はもちろん
その御家族のことを思うと心が痛みます。

この気持ち・・・ちょっと時間はかかりますが、
自分は仲間と共にがんばろうと思います。
ライフワークとして取り組むと決めたあの日から
ずっと自分は逃げずにがんばります。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/535253/33893677

相模原市の障害者施設殺傷事件に思うを参照しているブログ:

コメント

とても悲惨な事件です。

職業柄、障害を持つ方に接していますが、特別視したり、変に哀れんでみたりしてはいけないのです。
障害者と同じ目線になることで様々なことが解るのです。

生きとし生けるもの、全て意味があるのです。
その命を、幸せを誰一人奪うことは出来ないのです。

亡くなった方のご冥福を祈ります。

マリモのパパさん!
コメント、ありがとうございました。
返信がいつものごとく遅れてm(_ _)m

貴殿もそういった皆さんとも接しておられるのですね。おっしゃるとおりで、その人、大人であれ、子どもたちであれ、その人の立場で物事に接することで、わかることが多々あります。

生きている・・・ありがたいことです。
大切にしたいです。みんな、みんな。

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

サイト内検索



  • WWW を検索
    このサイト内 を検索