« 次期リーフ 60kWhのバッテリー搭載! | メイン | プリウス+MIRAI /2=プリウスPHV »

2016年6月23日 (木)

大雨でフロントレーダー不調になる V37スカイライン

V37スカイライン・ハイブリッドには全方位の
「運転支援システム」が搭載されています。

前方はミリ波レーダーと単眼カメラなのですが、
メーカーは大きく言っていませんが、
自転車や人もある程度感知してくれますし、
しっかり止まってくれるとっても優秀な自動ブレーキです。

昨日から九州地方は大雨。
地震で地盤がゆるんだ熊本は
各地で土砂災害が起きています。
とっても心配。

そんな大雨の中を通勤していたのですが、
道路の大きな水たまりを連続して通過して、
さらに雨脚が強くなったところで
警告音が鳴って、
前方の支援システムがグリーンから
イエローに色が変わりました。

汚れ等で動作に不具合が生じているみたいな
表示がパネル内に出ています。

前方のクルマの位置をうまく把握していない様子で
1台前のクルマの動きまで完治することも怪しいので
少し車間を空けました。

ザブザブと濡れていたからなぁ・・・

しばらく走っているうちに
雨脚が弱まってきて
イエローがホワイトに変化しました。
メッセージも消えています。

もう一度、ステアリングの運転支援システムの
スイッチを押すと・・・
よかったぁ!
オールグリーンになりました!

やはり、大雨や雪などで
レーダーの部分が濡れ続けたり、
雪が付着したりすると
不調になるみたいですね。

こちらのスカイラインのWebサイトにもこう書いてありました。
(注)運転支援システムのご注意
アクティブレーンコントロール、PFCW、BSI/BSW、エマージェンシーブレーキ、LDP/LDW、BCIなどの運転支援システムは、ドライバーの安全運転を補助するためであり、あらゆる状況での衝突回避や、障害物の検知・警報、運転支援をするものではありません。システムの能力には限界があり、天候や路面状況などによっては作動しないことがありますので、システムだけに頼った運転はせず、天候や路面状況に合わせた運転、周囲の車両・歩行者の確認、十分な車間距離の確保など、安全運転を心がけてください。先進技術・機能の設定条件は、車種・グレードにより異なります。

雨が続きます。
クルマを利用する方も増えて、
意外といつもの道が混んでいるようです。

皆さん、くれぐれも安全運転で!

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/535253/33863625

大雨でフロントレーダー不調になる V37スカイラインを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

サイト内検索



  • WWW を検索
    このサイト内 を検索