« プリウス+MIRAI /2=プリウスPHV | メイン | 昭和の私とシティ なつかしすぐる! »

2016年6月25日 (土)

降る雨と吹く風・・・ブルーシートの屋根に・・・

今日はすみません。
朝、更新のボタンを押したのですが、寝ぼけてしまったようで・・・
今、更新されていないことに気が付きまして・・・(^^;)




梅雨本番。
時折、大粒の雨が強い風と共に降ってきます。

被災地の家々の屋根は今もブルーシートが覆っています。
この屋根を覆うブルーシートは
ロープで引っ張り、おもりを下げてあります。

でも、この強く降る雨と風の前にはもろい・・・

どんなに引っ張っていても
風は下から横から入ってきますので、
シートはばたつき、雨が進入してきます。

雨漏り・・・。

被災地の友人も嘆いていました。

瓦を載せたい・・・。

罹災証明の発行に納得がいかないという人がとても多いのです。

だって、地震の被害をよく知っている
地震保険の担当者がこれは半壊以上だと思う・・・と話していても
罹災証明の判定は一部損壊・・・
このような認識のズレが人びとをさらに不安にさせ、
やり場のない怒りが心をさらに不安定にします。

罹災証明をもう一度判定してもらうためと
家をブルーシートで覆ったままという方もいらっしゃいます。

国からは家の土台や基礎の部分まで把握して
罹災証明をするようにという基準を示しています。

行政もお仕事なのですが、
被災された方の立場に立って
できる限りの判定をしていただきたいと思います。

日本ではこの時期に降る大地の恵みの雨、
でも、被災地に於いては
その屋根に降る雨脚を
その風をすこーしだけ、弱めてねと
自然に対して祈っています。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/535253/33865527

降る雨と吹く風・・・ブルーシートの屋根に・・・を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

サイト内検索



  • WWW を検索
    このサイト内 を検索