« この秋の新型iPhone7 熊本のレンズが搭載! | メイン | リーフのアクセルレスポンスのスムーズさとジムカーナ »

2016年5月24日 (火)

ブロンディ清水参謀長のリーフ記事が面白い!!

フェラーリ信者として名高いブロンディ清水こと
清水草一さんがCO2の売買という裏技を繰り出して
リーフを圧倒するテスラモデル3について
大変面白い記事を書いていらっしゃいます。

こちらのSpaの記事

事前予約で日産リーフに完勝!なぜテスラの新型EVは同程度の価格でもリーフより航続距離2倍が可能なのか?


なーるほど!

アメリカEPAという実燃費に近い測定で
走行可能距離350㎞を打ち出す意味は
そして、その安価な価格設定には
そんなしたたかな戦略があったとは!!!

たしかに、予約で約40万台という数値と
その予約金・・・テスラモデル3はホンモノだ!

これが発売前のモデル3の「実力」です。

たしかにこの数値からすると
リーフにとって半端なく厳しい。

ま、言わせてもらうと
既存オーナーを大事にしないから
リーフのリピーターは減ると思います。

自分はモデル3がどれほど長持ちするか
わからないから、とりあえず、予約はしていませんが、
このブログの読者さんの中にも事前予約を入れた方も
結構多いかも知れませんよ!
日産自動車さん!!!

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/535253/33834583

ブロンディ清水参謀長のリーフ記事が面白い!!を参照しているブログ:

コメント

裏を返すと、各社がEV、PHV作ってCO2排出権が売れなくなった時のテスラの経営は???

爺の独り言さん、コメントありがとうございました。返信が遅れてすみませんm(_ _)m

ご指摘のように、排出権の量については無限大ではありませんよね。その時までに各社がどれだけの積み重ねて、余裕を生みだしているかとっても興味があります!

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

サイト内検索



  • WWW を検索
    このサイト内 を検索