« 2016年4月 | メイン | 2016年6月 »

2016年5月

2016年5月31日 (火)

2016 音声認識端末と家電の融合元年

Google Home に続け!

音声認識が家庭の中に入ってきています。
2016年は音声認識端末と家電の融合元年になるかもしれません。

AmazonからはEcho
GoogleからはHomeが
そして、アップルからもSiriを搭載したスピーカー&マイクが
登場すると騒がれています。

ソースはこちらのギズモードさん

Siri開発者がAppleを続々辞める中、Siri開放×Siriスピーカーの噂


Siriの開発チームの人間がどんどん辞めているって
それって引き抜かれている?

現在、SiriはiOSで利用できますが、
Macではまだ使えません。
そろそろMacに搭載されるのでは?って
言われています。

MacbookProを開いて
「おはよう」とつぶやけば、
Macが返事をして、仕事を始めることになりそうですね。

音声認識を交えた戦いが始まっています。


2016年5月30日 (月)

息の長い寄り添い 支援を超えて 熊本地震

昨日は一区切りした復興への派遣が終わり、
終日、休んでおりました。

いろいろと考えていたんですが、
「支援」という言葉について
広辞苑では・・・
「支援」:他人をたすけること。労力や金銭などの面で、その活動や事業を助ける意。とありました。ちなみに「応援」は、人やチームを元気づけて精神的に助ける意を表すと。
「援」はつくりには「ひく」という意味があり、偏(へん)はもちろん「手」であり、「ひいてたすける」という意味があります。
文字通り、手を携えて、お手伝いをする・・・

そう、決して上から目線ではなく!
「人びとに寄り添っていく」ということになると思うのです。

この3週間、自分は寄り添えただろうか?と考えています。

某都知事や伊勢志摩サミット・・・
オバマ大統領の歴史的広島訪問・・・と
この熊本地震をセンセーショナルに取り上げたマスコミは
現地からも撤退しつつあります。

でも、支援が必要なのはこれからなのです。

罹災証明が発行されていきます。
早朝からその発行を求めて多くの人が列を作り、
その証明に納得する方、首をたてに振れない方、
中には納得できず声を荒げてしまう方もいらっしゃるようです。

そんな中で皆さんはだんだんと現実の未来を、
将来をお考えになり、
さまざまな思いをそれぞれがもち、
事態に直面していくこととなります。

だから、支援はこれからなんです。

それは過去の震災でも同じことが起きています。

私たちは「寄り添いたい!」
「支援」を超えて、寄り添っていかねばならない。
そう、強く思っています。



泥のように眠るとはよく言ったもので、
早朝にスパッと目が覚めるのは身体が慣れていますが、
午前中、子どもの送迎やカミさんの買い物のドライバーを務めた後、
お昼ご飯を少し食べると・・・
派遣中はあまり多くを食べることもなく、慣れちゃいました(^^;)
もうなんだかドッと睡魔が襲ってきて
リビングで寝てしまいました。

午後2時くらいから午後4時ごろまででしょうか・・・。

とにかく、寝たんです。
夢なんか見る暇もないくらいに。

今日から元の職場に戻ります。
職場の仲間にこの3週間の思いを伝えます。

寄り添いましょう!と。

2016年5月29日 (日)

ダウンサイジングの先 〜 電動化する過給器

ダウンサイジングエンジン・・・
その未来はどうなるでしょう・・・。

その答の一つをHKSが電動スーパーチャージャーとして
実用化を進めています。

自分が過去に購入したVWのトゥーランは
小さなエンジンにスーパーチャージャーとターボを搭載し、
DSGのミッションを使用した当時最先端のシステムでした。

国沢師匠がまだ鰻屋の美登里の奥の部屋で
執筆しながら、のれんを守っていらっしゃった頃でした。
訪れた自分に師匠は温かく接してくださって
このVWのダウンサイジングエンジンのことや
この技術に関する日本のメーカーの遅れについても
話しましたっけね。

師匠のお店の鰻は美味しかったなあ・・・!

さて、そのダウンサイジングはこれからも進化しそうです。
そのためには、今後も続く排気ガスのクリーン化が
「高いハードル」となっていきます。

それを解決するための一つが
アウディが実用化に向けて動いている
「過給器の電動化」です。
アウディはターボに照準を定めているようですが、
HKSはスーパーチャージャーに活路を見出そうとしています。

ソースはレスポンスさんの記事でこちら

【人とくるまのテクノロジー16】HKS、排気ターボをアシストする電動スーパーチャージャーを初公開

アウディの電動ターボに納得していましたが、
たしかに、このスーパーチャージャーなら
低回転時に比較的排気ガスが難しい・・・
でも、小さなエンジンには低回転時こそパワーが必要!
モーターがありますが、重量のあるバッテリーなど
サブのパワーソースに車重増となると本末転倒ですもんね。

HKSの電動スーパーチャージャーを搭載した
クルマが日本から世界に提案されると良いな・・・
そして、この電動スーパーチャージャーが
世界のメーカーにも採用されることも楽しみですよね。

2016年5月28日 (土)

いよいよ来るか?!Apple Car!!

アップルの電気自動車計画「タイタン」。
現実味を帯びてきましたよ!

こちらはギズモード

EV開発へ本腰か…Appleが充電ステーションの研究に着手との報道

こちらはAutoBlogさん

というのも、
自動車産業は手強くて、
なかなか切り込めないでいる様子です。

鳴り物入りだった「Car Play」
ですが、
自動車産業には乗っ取られてしまうのではという危機感があります。
また、これまで独自に開発を続けてきた
膨大な資料に基づく独特の世界があります。

考えてみりゃ、そりゃ、そうです。

CarPlayを入れたものの、
さまざまな機能と統合するためには
それぞれのプログラムが詳らかにされ、
アップルの用意したOSと統合する・・・

いつの間にかクルマ全体のソフトウェアが
林檎マークだらけになっていた・・・って!

ですから、アップルは独自のクルマを作り出し、
その売れ行きが良い?ことをアピールして、
他の自動車メーカーを取り込むしかないですよね。

2016年5月27日 (金)

自分の被災地支援派遣 一つの区切り

本日、自分の被災地支援が一区切りつくことになりました。
3週間の派遣でしたが、
多くの、非常に多くを学ぶことが出来ましたことに
関係者並びに被災地でお世話になった皆様に御礼申し上げます。

罹災証明書の発行が始まりましたが、
益城町では整理券が発行されていて、
今のところ、1日に700枚とのこと。

止まったままの時間を解放するために
多くの方が罹災証明書を必要とされています。

ほとんどの集落において
今回の地震(特に2回目の本震)で被害を受けた
家々がそのまま残っています。
1階部分がつぶれてしまった家の2階で
レースのカーテンが揺れている・・・
そのまま・・・

それは私もとてもつらい。
所有されていた方の思いをおもんばかると
胸が締め付けられる思いです。

この町の様子にも変化が現れるでしょう。
力強い復興の足音が続いていきますように。
さあ、がんばって、今日も行ってきます!!

2016年5月26日 (木)

こんなグニャグニャになるディスプレイのスマホって?

iPhone7がもうすぐ出てきますが、
市場の関心はすでにその次のiPhone8に移っています。

なぜか?

それは、iPhone8が有機ELディスプレイを採用し、
これまでないデザインを提案すると言われているからです。

それも先行発売するのは
この有機ELディスプレイの先駆け?の
LGだと言われ、
サムスンのギャラクシーに採用されるみたい。

こちらのギズモードの記事をご覧ください。

ぐにゃぁ…っと曲がる曲面ディスプレイが公開。折りたたみスマホに採用も?

うーん。
グニャグニャ・・・ねぇ。
うーん。
巻物・・・ねぇ。
うーん。
そうかなぁ・・・。
みんなが求めているかなぁ?

サムスンはともあれ、
これをアップルが
ジョナサン・アイブが
どうデザインしてくるかがとても楽しみ。

って、マズい!

自分のiPhoneのサイクルは次は7で買い換えで・・・
8はどうしよう・・・
アメリカのように
次期モデルまでの保証などのサービスが
始まるとの予感がしてますけど・・・。

2016年5月25日 (水)

リーフのアクセルレスポンスのスムーズさとジムカーナ

リーフをはじめ、電気自動車の運転って気持ちが良いですよね。
自分は試乗して一発でやられちゃった人です。

アクセルとクルマの挙動の連続性の素晴らしさは
アクセルONでフルトルク状態であったり、
アクセルとモータの相性の良さがあったりして、
即レスなんですよね。
これにはスカイライン・ハイブリッドも敵わない。

また、足廻りも良いですよね。
この辺りはコストのかかっている
初期型が有利かも知れません。

日々、乗り比べちゃいますから、よーくわかります。

そんな特性を見抜いたのが、国沢師匠。

師匠はラリーに持ち込んで
その良さをPRしてくださいました。

今度はもっと親しみやすい
ジムカーナを日産が企画してくれました。

国沢師匠の昨日の記事はこちらです。

リーフのジムカーナ修行で泣の巻

結果はなんと!
大井貴之さんがトップ賞!
これには師匠の負けじ魂に火が付いた?

電気自動車レースも行われていますが、
イマイチ敷居が高い・・・
ジムカーナだったら、少しハードルが下がりますしね。

あなたはどうなの?
って言われちゃいますが、今は復興支援に全力を尽くしています!

2016年5月24日 (火)

ブロンディ清水参謀長のリーフ記事が面白い!!

フェラーリ信者として名高いブロンディ清水こと
清水草一さんがCO2の売買という裏技を繰り出して
リーフを圧倒するテスラモデル3について
大変面白い記事を書いていらっしゃいます。

こちらのSpaの記事

事前予約で日産リーフに完勝!なぜテスラの新型EVは同程度の価格でもリーフより航続距離2倍が可能なのか?


なーるほど!

アメリカEPAという実燃費に近い測定で
走行可能距離350㎞を打ち出す意味は
そして、その安価な価格設定には
そんなしたたかな戦略があったとは!!!

たしかに、予約で約40万台という数値と
その予約金・・・テスラモデル3はホンモノだ!

これが発売前のモデル3の「実力」です。

たしかにこの数値からすると
リーフにとって半端なく厳しい。

ま、言わせてもらうと
既存オーナーを大事にしないから
リーフのリピーターは減ると思います。

自分はモデル3がどれほど長持ちするか
わからないから、とりあえず、予約はしていませんが、
このブログの読者さんの中にも事前予約を入れた方も
結構多いかも知れませんよ!
日産自動車さん!!!

2016年5月23日 (月)

この秋の新型iPhone7 熊本のレンズが搭載!

新型のiPhone7の噂がチラホラとネットを賑わすようになってきましたね。

いろいろとありますが、
背面のカメラが2つ・・・デュアルになるみたいで、
それも1200万画素ですって!

このデュアル仕様のカメラがどんな世界を写し出すのか
とっても楽しみ!

そして、このセンサーはSONY製・・・
ん?
もしや・・・
SONYのカメラセンサーは
熊本で作っていたはず・・・

そう!やはり!!
熊本で生まれるのです。

ただ、工場は熊本地震の影響を受けていたはず。

でも、復旧していますし、
無事に納品されていくようですね。

皆さん、新しいiPhone7を手にして
写真を取ったら、
くまモンや熊本のがんばりを思い浮かべてくださいね。

自分ももちろん買い換えます(^^)/

注目の記事はいつもの
こちらの「気になる 記になる・・・」 さんから

「iPhone 7 Plus」のデュアルレンズカメラは1,200万画素カメラを2基搭載か

2016年5月22日 (日)

グーグルさん・・・ぶつからないことが一番だと思うけど・・・

グーグルさんが人身事故に関する特許をとってるみたいですね。

AutoBolgさんの記事はこちら
写真もその記事から

Google Car Patents Show the Wild Future of Autonomy

20160522_001339

考えたくないけど、もし万が一、
クルマが人をはねるような事が起きたとき・・・
はね飛ばさずに、クルマが受け止めるってことみたい。

グルーって書いてあるから
ノリみたいな接着剤?で?

うーん。確かにぶつかった後
衝撃で大きく飛ばされることもあるでしょうし、
飛ばされた後、他のクルマにぶつかってしまうという
2次的な事故も考えられますよね。

自分もかつて高校生の頃、
雨の日に自転車に乗っていて、
下りコーナーで道路の真ん中に走ってきた対向車にぶつかってしまい、
ボンネットに乗ってしまうという事故の経験があります。
幸いにも速度が低かったことや雨で滑りやすかったこともあって、
身体も自転車も事なきを得たのですが、
このシステムだったら、ボンネットに張り付いちゃうのかな?

でもね、やっぱり、ぶつからないことが一番なので
お得意の情報収集をぜひテレマティクスに発揮させて
事故を減らしてくださいね。
頼みます!グーグルさん!

サイト内検索



  • WWW を検索
    このサイト内 を検索