« i3、i8・・・次は、そりゃ、i5でしょ! | メイン | くまモンと春風の中を・・・どう? »

2016年3月12日 (土)

あれから10年 ホンダ・クラリティ

ホンダ技研からクラリティFUEL CELLが自治体等向けに発売されましたね。
写真はこちらのホンダのサイトから

20160311_230205

これまで幾度となくホンダのクルマがコンセプトとしてきた
「メカミニマム・マンマキシマム」を貫いています。
5人乗りで低床です。
たぶんMIRAIよりも広そう。

水素ステーションの設置工事がスタートしている
熊本県にも導入されるのでしょう。
本田技研の工場がありますしね。
もしかしたら、新しい知事の公用車になるかもしれません。

ホンダのFCVの歩みは1999年にさかのぼります。
こちらに詳しく掲載されています。

こちらのクルマの写真も本田技研のサイトから

20160311_225754


そして、10年前の2007年
自分が好きな FCX クラリティ が登場します。

20160311_230926


自分はこのクラリティが好きでした。
伸び伸びとしたデザインかつとてもスマートで
知的な雰囲気が漂う・・・
そうですねぇ・・・
学級委員長みたいなクルマでしょうか。
ちょっとツンとすましているけど
ちょっとキレイな高校自体に好きだったあの子みたい。
このFCXクラリティは
2008年の洞爺湖サミットでも使われていましたよね。

そして、2016年クラリティは
FUEL CELL クラリティとして
本格的な水素を使った燃料電池電気自動車として
登場しました。

少しぼてっとした感じになりましたが、
走っている姿はなかなかです。
大径のホイルで扁平率の低いタイヤを履かせて
車高を下げると、
かっこいいだろうなって思います。

値段は760万円と高いっす。
ま、しばらくは水素ステーションは熊本市など
自宅からは遠いので、
実用的に広がっていくのはまだまだですね。

こういったクルマは
インフラ整備が最優先だと先行する
リーフやi-Mievといった電気自動車が
答を出しています。
でも、水素ステーションのインフラ整備代金がまた高いからなぁ。

やはり、普及はまだまだ。
それでも、興味津々丸なんですよね。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/535253/33766037

あれから10年 ホンダ・クラリティを参照しているブログ:

コメント

おはようございます
はじめて投稿します。大牟田・荒尾育ちで福岡県北部在住です。
熊本県北部は今月充電ポイントが激増しまして、行きやすくなりました。

本題ですが、何年も前から注目していて、ホンダファンとしては「やっと出た」といった感じです。
フィットEVと同じ道を歩かないように祈ります。

いつかはEVさん。
はじめまして。
県北にお出でになるということですので、
平山温泉とかご存知かもしれませんね。

燃料電池自動車はまだまだ赤ちゃんのよう。
これからどう展開するか。
水素って、あまり馴染みがありませんでしたが、水素水なんか上手いタイミングで出てきて、認知度は上がってる?
インフラ整備が鍵を握っていますよね。

これからもよろしくお願いします。

初めて書き込む気がします;;;
FCXとFCXクラリティ、どちらも乗ったことがありますが、イイクルマでしたー。
今、リーフに乗っていて思うのは、クラリティもいいけれど、リーフの「移動定額」はやはり他にない魅力だなーってことです。
とはいえ、クラリティも補助金を考えると、ムムム…とか思ったりして(^_^;)

n_wakaさん!
はじめまして!!
コメントをありがとうございますm(_ _)m

どちらにもお乗りになったのですね!
そして、リーフのオーナーでいらっしゃる!
なるほど、「移動定額」!
そうですよね。
なーんか自分も考えてみると
他に買い換える気持ちが起きないんですよね(^o^)

MIRAIもいいですが、
クラリティも広がって欲しいですよね。

これからもよろしくお願いします。
クラリティのレポートも教えてくださいませ!

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

サイト内検索



  • WWW を検索
    このサイト内 を検索