« 久々に息子とクルマ談義(^o^)/ | メイン | みんなも気になる充電争い »

2016年3月29日 (火)

急速充電ポートから「チャデモポート」へ

国沢師匠が連日、プリウスPHVなどの
プラグイン・ハイブリッド車と
急速充電器について書いておられます。

次期型プリウスPHVで加速する充電バトル

プラグイン・ハイブリッド車・・・
現在はアウトランダーPHEVですが、
やがて、BMWやメルセデスといった欧州勢も入ってきます。
プリウスPHVもやってきます。
このプリウスPHVは大量に売れる可能性があって、
自分も5人乗りバージョンが出たら、
リーフの6年縛りを終えてすぐに乗り換えるかも知れません。

問題にされているのは急速充電ポート。

師匠はこの急速充電ポートを
「大量の電気を取り出すために」
使いたいと書いてらっしゃいます。

もちろん、急速充電ですから
充電するためのポートです。
しかし、大量の電気を取り出すことができる・・・
そこに目を向ければ、
EVという充電が死活問題のクルマに対して
充電待ちをさせるPHVという
目にしたくない光景を減らせるかもしれません。

急速充電・・・この充電という言葉が付いているため
師匠は、あえて、チャデモポートと呼んでいらっしゃいます。

きっと、急速充電に
「取り出す」という意味を加えた言葉は、何かないか?
よいキャッチフレーズはないか?
とお考えになったのでしょう。

自分もチャデモポートという呼び方に賛成したいと思います。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/535253/33782005

急速充電ポートから「チャデモポート」へを参照しているブログ:

コメント

PHEV増加による充電渋滞が別のサイトでも話題になっていますね。
確かにEVと比較して充電電流が少なくて時間がかかる印象がありますが、EV
より電池容量が小さいですので受け入れ可能電流が少ないのはやむを得ません。
(電池の選択次第ですが、価格は?)
今後は基本的には共存共栄になるべきだとだと思います。
EVだけでも充電渋滞の発生は時間の問題ではないでしょうか?
充電スタンドはここ一年で激増しました。次の一手は???

発表では(20分で80%)と言っている様ですので、急速充電可能なポートですね。残念ながら充電渋滞が日本中に広がりそうですね。
外部に供給するポートとして利用する機能は「供電」とか命名したらどうでしょうかね。

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

サイト内検索



  • WWW を検索
    このサイト内 を検索