« EVにはバッテリー・ケアプランが必須です! | メイン | 急速充電ポートから「チャデモポート」へ »

2016年3月28日 (月)

久々に息子とクルマ談義(^o^)/

昨日の夜、塾を終えた息子をリーフでお迎え。

お迎えのクルマが列をなす中、
すぐにリーフとわかった様子で走って乗り込んできました。

帰り道の前をフェアレディが少し大きめの排気音を響かせて走っています。

フェアレディのドライバーさんは
あまりアクセルを踏み込みたくないらしく
その前のクルマと間が空きがちでした。

と、少し車間が空きすぎたと思ったのでしょう。
排気音を響かせて、アクセルON!
こっちも合わせてDモードで加速しました。

息子「やっぱ、リーフの加速は違うわ」
私「うん。スカイラインとも違うんだよね」
息子「独特のカーブでGが盛り上がるよね!」
私「フェアレディよりも一瞬の立ち上がりパワーはあるかも?」
私「初期型のリーフってモータも違うしね。
  2、3世代より、ちょっとパワーがあるみたいだよ。」
息子「(^o^)」

その後もスムーズな加速で、Dモードを楽しみながら
帰りました。

いつもながら、このEVのスムーズさって
他では味わえないなって思います。

ねっ。ユーザーの皆さんはお感じでしょ?

国がEV用の充電器の整備を進める一方、
水素ステーションの設備拡充を加速させるって
ニュースで見ました。

どうでしょう?
2020年がひとつのマークになっていますが、
それまでにFCVの普及を加速させることが出来るでしょうか?

自分はEVとPHVは
すっかり市民権を得ているように思います。
どちらかというとPHVだらけになっているんじゃないかと。
それだけ、「プリウス」という
従来のセダンやハッチバック、SUVというカテゴリーと
同じく、「プリウス」というカテゴリーが出来てますからね。

そんなことも息子と会話が出来ます。
イニDもそうですが、クールな息子は実はクルマが好きみたい(^o^)/

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/535253/33781073

久々に息子とクルマ談義(^o^)/を参照しているブログ:

コメント

おはようございます。
普段はめったにやりませんが、アクセルをグッと踏み込んだ時の感触は
さいこうですね。
プリウス(10年)、ムーブ(2年)、i-MiEVと乗り継ぎましたが、プリウス
でも急加速時の一瞬の遅れとエンジン音が気になります。
軽四輪のムーブは独特の変速音もあって悲劇的でした。
これに対してEVの無音の加速感! 素晴らしいです。
もっとも、
 「心地よい排気音あっての車」
と考える方もいらっしゃるわけですが・・・

電費を度外視して、ハイグリップのタイヤ履かせたらスーパーカーにも勝てそう・・15メートルまでですが(汗)

そろそろ山菜の季節、無音で山道を登る時の優越感はたまりません

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

サイト内検索



  • WWW を検索
    このサイト内 を検索