« 2016年2月 | メイン | 2016年4月 »

2016年3月

2016年3月31日 (木)

2240mの高地でこそEVを・・・

3月も終わりますね。
異動の時期でもあり、別れを惜しみ、
新しい出会いに期待もする・・・
人びとのつながりが強くなる時期ですね。
皆さんはいかがですか?

さて、今日はちょっと話を変えて・・・

2240mの高原都市と言えば、
そう、メキシコシティ。

周りを4000m級の山々に囲まれたすり鉢状の土地に
2000万人という人びとが暮らす中南米有数の大都市。

かつてアステカ帝国の首都があったこの街については
地理で学んだって方もいらっしゃることでしょう。

ご存知のようにこの都市の課題は
いろいろとありますが、大気汚染も大きな課題です。

いつものAutoBlogGreenさんに
メキシコシティの大気汚染対策が記事になっていました。

こちら


で、こちらはAutoBlogJPさんの記事

メキシコシティ、11年ぶりに大気汚染が悪化しクルマの使用を再び制限


主にトラックの排ガス対策なのですが、
EVが似合いますよね。

そういえば、たしかリーフはメキシコシティで発売されていたはず・・・

ありました。
レスポンスさんの2014年の記事です。
こちら

日産 リーフ、メキシコで発売…メキシコ初のEVに

乗用車も良いけど、
バスやトラックといったクルマが
EVなどの排気ガスを抑えた仕様に置き換わっていけば
より乗用車への効果も高いだろうなって思います。

リーフって、メキシコで売れているのかなぁ?

大気汚染って言えば、
春になると黄砂と一緒にPM2.5がやってきます。
九州は警報が出る日が頻発してきます。
EVやクリーンな技術がもっと広がって欲しいな。

そういや、かつて暮らしていたベトナムのハノイも
普段、星空を見ることがなかったなぁ。
そんなことを考えながら、3月の最後を過ごします。

2016年3月30日 (水)

みんなも気になる充電争い

急速充電戦争勃発かと
いろいろと皆さんの関心は高い!
コメントもいただきました。

いつかはEVさんからは・・・
・・・今後は基本的には共存共栄になるべきだとだと思います。
EVだけでも充電渋滞の発生は時間の問題ではないでしょうか?
充電スタンドはここ一年で激増しました。次の一手は???・・・

と、いただきましたし・・・

OYONEさんからは・・・
・・・残念ながら充電渋滞が日本中に広がりそうですね。
外部に供給するポートとして利用する機能は「供電」とか命名したらどうでしょうかね。・・・

チャデモポートという呼び方に
対して、供給する電気として「供電」ポートという命名も。

お二人のコメントに感謝m(_ _)m
ありがとうございます。

全国の高速道路等で
リーフやe-NV200やi-MiEVが青息吐息で
SAにたどり着いたとき、
PHVが列をなしていたら・・・
もう、(>_<)ですよね。

見たくないな・・・
やっぱ、遠出はスカイラインにしよっと。

さて、タイトルとは異なりますが、
みんなも気になるプリウスPHV。

プリウスのデザインの親分たるにふさわしいのが
MIRAIですよね。
新型のプリウスのリアスタイルに
MIRAIのモチーフが使われている・・・
って、思ったら、あなた!

プリウスPHVのフロント・・・
特にヘッドライトにMIRAIのモチーフが使われています。
やっぱり、これはプリウスPHVの勝ちだなって
思っています。
って、リーフ、日産陣営、きっと年末頃から始まる
ティザー広告がどうなるのか。
プリウスPHVの日本デビューに合わせて
きっと出してきます。きっと・・・たぶん(>_<)

うーん。
充電のことも
プリウスPHVのことも
気になるなぁ。

2016年3月29日 (火)

急速充電ポートから「チャデモポート」へ

国沢師匠が連日、プリウスPHVなどの
プラグイン・ハイブリッド車と
急速充電器について書いておられます。

次期型プリウスPHVで加速する充電バトル

プラグイン・ハイブリッド車・・・
現在はアウトランダーPHEVですが、
やがて、BMWやメルセデスといった欧州勢も入ってきます。
プリウスPHVもやってきます。
このプリウスPHVは大量に売れる可能性があって、
自分も5人乗りバージョンが出たら、
リーフの6年縛りを終えてすぐに乗り換えるかも知れません。

問題にされているのは急速充電ポート。

師匠はこの急速充電ポートを
「大量の電気を取り出すために」
使いたいと書いてらっしゃいます。

もちろん、急速充電ですから
充電するためのポートです。
しかし、大量の電気を取り出すことができる・・・
そこに目を向ければ、
EVという充電が死活問題のクルマに対して
充電待ちをさせるPHVという
目にしたくない光景を減らせるかもしれません。

急速充電・・・この充電という言葉が付いているため
師匠は、あえて、チャデモポートと呼んでいらっしゃいます。

きっと、急速充電に
「取り出す」という意味を加えた言葉は、何かないか?
よいキャッチフレーズはないか?
とお考えになったのでしょう。

自分もチャデモポートという呼び方に賛成したいと思います。

2016年3月28日 (月)

久々に息子とクルマ談義(^o^)/

昨日の夜、塾を終えた息子をリーフでお迎え。

お迎えのクルマが列をなす中、
すぐにリーフとわかった様子で走って乗り込んできました。

帰り道の前をフェアレディが少し大きめの排気音を響かせて走っています。

フェアレディのドライバーさんは
あまりアクセルを踏み込みたくないらしく
その前のクルマと間が空きがちでした。

と、少し車間が空きすぎたと思ったのでしょう。
排気音を響かせて、アクセルON!
こっちも合わせてDモードで加速しました。

息子「やっぱ、リーフの加速は違うわ」
私「うん。スカイラインとも違うんだよね」
息子「独特のカーブでGが盛り上がるよね!」
私「フェアレディよりも一瞬の立ち上がりパワーはあるかも?」
私「初期型のリーフってモータも違うしね。
  2、3世代より、ちょっとパワーがあるみたいだよ。」
息子「(^o^)」

その後もスムーズな加速で、Dモードを楽しみながら
帰りました。

いつもながら、このEVのスムーズさって
他では味わえないなって思います。

ねっ。ユーザーの皆さんはお感じでしょ?

国がEV用の充電器の整備を進める一方、
水素ステーションの設備拡充を加速させるって
ニュースで見ました。

どうでしょう?
2020年がひとつのマークになっていますが、
それまでにFCVの普及を加速させることが出来るでしょうか?

自分はEVとPHVは
すっかり市民権を得ているように思います。
どちらかというとPHVだらけになっているんじゃないかと。
それだけ、「プリウス」という
従来のセダンやハッチバック、SUVというカテゴリーと
同じく、「プリウス」というカテゴリーが出来てますからね。

そんなことも息子と会話が出来ます。
イニDもそうですが、クールな息子は実はクルマが好きみたい(^o^)/

2016年3月27日 (日)

EVにはバッテリー・ケアプランが必須です!

なーんかとっても気になってきたプリウスPHV。
リーフの6年縛り後の最有力候補になっています。
ま、唯一の懸念というか不満点は、「4人乗り」であること。
Webには日本語でも4人乗りと紹介されています。
ホントかね?それじゃ・・・。
きっと早いうちに5人乗りが出るとみています。

EVって、リーフに乗っていて思いますが、
魅力一杯なんですよね。
その低重心による安定感、
滑らかな走り、
パワー(トルク)の盛り上がり方、
それがもたらす加速、
静けさ、
リーフの場合、それに加減速とサスペンション制御の統合、
などなど・・・

試乗すればお分かりかと思いますが、
滑らかで爽快なんですよね。

現在の唯一の懸念事項は
「バッテリーの劣化」です。

それを払拭するには
バッテリーに関する保証が必須です。
ケアプランを用意し、
購入時に選択させ、一定額を支払っておけば、
劣化時に交換するという保証です。

考えてみると
例えば、iPhoneの場合、
Appleケアやキャリア販売店の保証があり、
あらかじめそれに入っていれば、
バッテリーの劣化が著しい場合、
Appleは無償で新品と交換してくれます。
1〜2年使ってきて、
さらに使いたい場合、
また、中古として売りたい場合も
一度、Appleにバッテリーが劣化していると伝えると
交換してくれるんですよね。

だから、安心して、
日頃は劣化についても気にせずに使えるんです。
いざとなったら、交換してもらえるという安心感があるんです。

これが、今のリーフには「ない!」

これだけモバイルフォン、スマートフォンを持つ時代。
そんなケアプランが当たり前になっている・・・。

EVにも導入しないと・・・
メーカーさん、検討されていると思いますが、
実行するとEVユーザーは増えると思いますよ。
もちろんハイブリッドユーザーにも!

2016年3月26日 (土)

師匠!いよいよミニバンですか!

国沢師匠がクルマを2台、一気買い!
1台はホンダのミニバンの
ステップワゴン・アブソルート8人乗り。
それと
三菱のPHVである
アウトランダーPHEVとのこと。

こちらの記事

一度にクルマを2台買ってしまいました。泣(24日)


お孫さんのためと言うことで、
やはり師匠もおじいちゃん!
お孫さんの笑顔とお嬢さんのため、
一緒に移動したり、荷物も多いから
ミニバンは使い勝手が良いですもんね。

日本のミニバンの使い勝手を日々使いから
レポートしていただくのを楽しみにしております。

さらに、アウトランダーPHEV。

純EVといいますか、
リーフやi-MiEVからすると
レンジエクステンダーは走行可能距離については
羨ましい存在です。
また、純EVは急速充電器が使えるかどうかは死活問題。
特に、高速道路での
これらのクルマとの共存利用については、
いろいろと物議を醸していますよね。

さらにここにきて新たなライバルが登場予定。
なんかプリウスよりもずーっと魅力的なスタイルの
プリウスPHVは9kWhの
リチウムイオンバッテリーを搭載しているため、
急速充電ポートを備えているそうな。

ここで、レンジエクステンダーの急速充電器利用について
マナーアップも含めてレポートしていただきましょう!

それにしても、自分も気になるプリウスPHV。
新型のプリウスのお顔が苦手で
子どもたちにもあまり評判が良くないのですが、
このPHVは違います。
フロント、リアともに
自分は良いなあって思って眺めています。

今年の5月にはリーフの2回目の車検。
6年縛りがありますので、
来年までもうしばらくガマンですが、
ノートのレンジエクステンダーも含めて
これらのニューカマーの評価と共に
その使われ方をチェックしていきましょう。

2016年3月25日 (金)

昨日は息子の卒業式でした。

昨日は息子の小学校の卒業式。
桜の花が咲き始めた日に小学校を後にします。

以前、お話ししたように
息子の学年は「歌」という素晴らしい宝を持っています。
育ててくださったのは、3年間担任をしてくれた先生。
息子は3年前、この先生に出会い、
日頃から好きだった歌に、
「美しく大きな声で表情豊かに歌う楽しさ」に目覚めました。

卒業式中の「お別れの言葉」では、
「歌声はどこに行くの」をその先生の指揮の下で歌い上げました。
センターにいる息子の声がわかります。
みんなをリードしているのがわかり、
その声に呼応して、何人もの子が歌っています。

途中で
「仰げば尊し」の合唱。
児童の数名、そして、保護者がすすり泣き始めました。
もちろん私も(^^;)

最後に「旅立ちの日に」を子どもたちだけで歌いました。
そう、そこにはその先生が指揮していることを
意識して歌っていることがわかります。

最後の学活では、その担任の先生が歌ってくださいましたが、
感極まって、途中、歌にならず・・・。(>_<)
子どもたちも保護者も大好きな先生の姿に涙、涙、

その後、保護者主催の「お別れ会」。
みんなでお弁当を食べて、
思い出ビデオを観賞した後、
保護者と子どもたちと一緒になって、
嵐の「ふるさと」を歌いました。
作詞は熊本(天草)出身の小山薫堂さん。
小山さんのふるさと、天草は海も有名ですが、
山もあり、このふるさとの歌詞は
小山さんが天草の風景をもとに創り上げたことがわかります。

このように、この学年の素晴らしい「歌」で始まり、
「歌」で終わった卒業式でした。

ありがとう。素晴らしい歌を。
息子と担任の先生に伝えたい。

こういった一点突破による学校の強みが発揮できれば、
その学校は強みを生かして、
弱みを飲み込んでしまい、
さらに素晴らしい学校になっていきます。

この素晴らしさが受け継がれんことを期待しています。
そう、この学校にも。
息子の人生にも。

2016年3月24日 (木)

こんなクルマだったら、似合うNISSANマーク

今、バンコクモーターショーに行ってらっしゃる
師匠の昨日の記事は
NISSANのピックアップトラックについてでしたね。

こちら

「売っちゃえNISSAN!」日本で売ってない日産車に乗ってみた/日産「TITAN(タイタン) XD」「NP300 NAVARA(ナバラ)」試乗レポート


自分も今の仕事をリタイアしたら
カミさんと農作業もしたいし、
レストランにも行きたいし、
余生にきっと余裕はないから
1台のクルマで済ませるとしたら・・・
ピックアップトラックが便利だろうなって考えます。

そりゃ、2台持てるなら、
フェアレディとEV軽トラなんかが一番ですけどね(^^;)

で、この記事に出てくるクルマを見ていると
気が付いたんです。
写真は日産USAより

20160323_231956


NAVARAの写真は日産グローバルより

20160323_232314


グリルについているNISSANバッジに違和感なし!
いや、むしろ似合っているかも・・・って見てました。

これがインフィニティでもいいけど、
世界の日産車の5台に1台は商用車っていう言葉からも
このバッジの方がいいかもって思っちゃいました。

でもね、それは・・・
そう・・・スタイリッシュなクーペやセダンには
やっぱり似合わないと思うんですよね。
それも、NISSANバッジをデカくすればするほどね(^^;)

2016年3月23日 (水)

充電スポットが増えてきた!

このところ、あれ?って思うところに
急速充電器が設置されてますよね。
なんだかどんどん増えている。

自分は充電器パトロールをする余裕はないのですが、
北海道のshinさんのブログを見ていて、
へぇ。北海道ってシャッター付きの充電器が複数設置されて、
増殖中なんだ!
って、感心してたんです。

こちらがshinさんのブログ。

よころが、なんのなんの。
自分の住む熊本県でもあれよあれよと
普通&急速充電器が増えています。

皆さんの住む地域も
改めて、こちらでご確認ください。

EVSmartさんはこちら

chademoさんはこちら

GoGoEVさんはこちら

あら?!こんなところにも!って発見があって、
面白いですよね。

これだけ増えてくると否が応でも
EVへの認知は高まります。
次のリーフはしっかり売れるんじゃないかと思います。
これだけインフラが進めばね。

後は、バッテリーの劣化に対する
メーカーのフォローです。
これが満足いく対応ができると
ホンモノになるのになぁ・・・。(^^;)


2016年3月22日 (火)

藤本一精さんのゲッチュー! 久しぶり!

熊本の誇る芸能人と言えば、
同い年でご実家でいろいろとお話ししたウッチャン、
上田晋也さん、有田哲平さん、
コロッケさん、財津一郎さん、ヒロシさん、
故笠 智衆 さんなどおられますが・・・。

そうそう、ローカルの星 故バッテン荒川さんも。

そのお亡くなりになったバッテン荒川さんに
勝るとも劣らない人物が「藤本一精さん」なんです。

その藤本一精さんの番組が
久しぶりに熊本で放送されました。

「藤本一精のお宝ゲッチュー!」

めちゃめちゃおいしいのリアクションや
一精のおねだりタイムなどなど
独特のトークとおとぼけで
周りをグイグイと巻き込んでいく
一精パワーが炸裂!

まあ、楽しい時間でした。
お宝もたくさんゲットしていただきましたので、
早速応募したいと思います。

この番組は熊本では再放送もありますよん。

こちらでご覧ください。

日程はこちら

一精のお宝ゲッチュー!

2016年3月22日(火)  26時33分~27時27分


さて、1965年10月生まれと自分と同い年の彼は
学生の頃からブレイクダンスで一躍有名になってました。
自分たちの間でもみんな知ってたんじゃないかな?
自分がテレビ番組のバイトをしていた頃も大活躍!
こちらが

一精さんのFacebook!

ちなみに自分もテレビ関係に誘われましたが、
今の道を選んだ次第です。(^^;)

さて、一精さんは今、主な活躍の舞台を
福岡に移してらっしゃいますので、
熊本のテレビではあんまり見かけないですね。
ネッツトヨタ熊本のCMには出て、一日店長などをされてます。
ゆっくり会って、話す暇もない(^^;)
息子はすっかりファンでして、
家族で応援しています。

一精さんも自分も
そして、皆さんもそれぞれが活躍し、新しい年度を迎えます。
気持ちを新たに、桜の花を見たいですね。

今日はローカルネタになって
九州のテレビが映らない方には申し訳ありませんm(_ _)m

サイト内検索



  • WWW を検索
    このサイト内 を検索