« 春を待つ | メイン | これにはAdobeも真っ青(^^;)! YouTubeのぼかし追従機能 »

2016年2月27日 (土)

大阪の暴走事故に思う・・・

大阪の交通事故・・・。
クルマの暴走・・・。
人びとの痛み・・・。

亡くなったドライバーの死因は
解離性大動脈瘤だったと言われています。
そう、あの阿藤快さんもこれが原因でお亡くなりになりました。
そして、私の父も・・・。

父は16年前に
心臓付近の解離性大動脈瘤、動脈が裂けて突然亡くなりました。
ちょうど電話したときで、
お父さんが倒れたとうろたえる母に
「近くの総合病院へ急いで救急搬送!」。
クルマで2時間近くのところに住んでいた自分も
病院に急行しましたが、こと切れていました。

亡くなる前に父は背中が少し痛むと言い、
湿布を貼ったと言います。

医療に詳しかった父は
日頃から自分の体調には気を使い、
好きな肉もほとんど食べずにいました。
自分の血管が危ないとわかっていたのでしょう。

このドライバーも
健康診断で医師から何らかの所見や
アドバイスを受けていたと思います。

そして、きっと数日前から
背中に痛みがあったんだと思うんです。
大動脈瘤が出来ていったはずですから。
バルーンみたいに膨れていく際に
裂けていくため、痛みが出るといいます。
筋肉痛ではないはずだと
自分の健康状態を疑い、そのシグナルを察知し、
受診していれば・・・。

たら、ればではありませんが、
とても残念に思います。

瘤が裂け、どっと血液が体内に溢れ
激痛が走り、そのご急速に意識が薄れる・・・。
そんな中で身体が硬直するか、力が入ったのでしょう。
無意識にアクセルを踏む・・・。

もし自動ブレーキが付いていたら・・・
って、意見もあるかもしれません。

でも、アクセルONなら今の自動ブレーキシステムは
GO!のサインだと思うようになっています。
Apple watchが簡易的に体調がチェックできるように
クルマの場合、ステアリングとシートが
ドライバーの健康チェックに機能してほしいと思います。

自分の身は自分で守れと言います。
そして、クルマを運転するドライバーは
自分や同乗者ばかりか、歩行者や自転車、オートバイ、他のクルマ・・・。
道を往来するものの命も預かっているという自覚の元、
クルマの点検はもちろんのこと、
自分の点検も十分にする必要があります。

被害に遭われた皆さんにお見舞い申し上げます。
そして、私も含めて、
ドライバー一人一人の自覚を高めねばなりません。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/535253/33752197

大阪の暴走事故に思う・・・を参照しているブログ:

コメント

防ぎようのない事故ですね、とても残念です。
このような事故を前にして自分で防げる事故、そう違法薬物、絶対止めてほしいものです。
なくなられたかたのご冥福を祈ると共に怪我をされた方の一日も早いご回復をお祈りしています。

マリモのパパさん!
どうもです。
時間のあるときに返信しておりまするm(_ _)m

クルマには、まだまだテクノロジーが入り込む余地がたくさんあると思っています。
自動車・・・まさに自動車が10年後に走っていると思うんです。

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

サイト内検索



  • WWW を検索
    このサイト内 を検索