« 2016年1月 | メイン | 2016年3月 »

2016年2月

2016年2月29日 (月)

歌声の響く学校の素晴らしさよ

小学校ではこの時期「学習発表会」が開かれます。
1年間の学びのまとめとして、
構成詩や合奏や合唱で締めくくられます。

皆さんの地域ではどうですか?

ウチの末っ子も小学6年生
いよいよ卒業ですが、
昨日、学習発表会が行われました。

小さな体育館ですから、
全校児童が集まっていると
保護者や家族が入るスペースがありません。

そのため、前半を1〜3年生とその保護者、家族。
後半を4〜6年生とその保護者、家族と
入れ替えで実施されました。

我が子の学年は4年生から
3年間持ち上がりの先生が担当されています。
この先生が赴任されてから、
我が子を3年間受け持っていただきましたが、
よく唄う学年を作ってくださいました。

その合唱の指導技術は素晴らしく、
よく学び、子どもたちに合わせた指導を積み重ねてこられました。
その指導に我が子はドンピシャ!

もともと歌が好きな我が子ですが、
1年目から合唱の際にセンターに位置し、
大きく身体を揺り動かし、
目を見開き、
口を大きく開けて、
我が子の声がはっきりとわかるほど唄っていました。

その姿は確かに目立っていて、
他の保護者の方が「あの子はだれ?」と
尋ねられるくらいでした。

2年目もセンター。
そして、その姿があまり目立たなくなりました。

そう、他のお子さんも合わせて身体を揺り動かし、
生き生きと歌い始めたからです。

そして、6年生としての3年目。

我が子はセンターにいます。
他のお子さんも生き生きと歌い、
素晴らしい選曲も相まって、
そのハーモニーは素晴らしく体育館に響きました。

「平和の鐘」

「歌声はどこにいくの」

合唱が終わった際に、涙が出ました。
一緒に参観された先生方、
保護者や御家族も同じく・・・。
最後の校長先生も感極まって、最初は声を出すことに苦労されました。

学校って、今、大きく揺れています。
いじめも不登校も校内での暴力沙汰も・・・。
悪い点に目が行くものです。

歌声の響く学校・・・
いいですよ。
1点突破の生徒指導と言いますが、
どこかに突破口があるんです。

それをきっかけに子どもたちは成長し、
学校はまとまっていきます。
そこにスクールプライドが生まれ、
正の、プラスのスパイラルが生まれていきます。

この子どもたちの歌声を聞くことが出来るのは
あとは卒業式になりました。

2016年2月28日 (日)

これにはAdobeも真っ青(^^;)! YouTubeのぼかし追従機能

自分は仕事柄、しばしば動画編集を行います。
また、動画編集をお教えするときもあります。
ですから、使っているアプリやソフトはいろいろ。

AppleのiMovie
Adobeのプレミア
Windowsのムービーメーカー
iPhoneやiPadのアプリなどなど

今、テレビの世界でもぼかし機能はよく見ますよね。
例えば、ライバルスポンサーのロゴや
飲み物の自動販売機をぼかすなど。

プレミアなどはある対象に
ぼかしを入れた際に、
その対象が動いても追っかけてぼかしを入れることが出来ます。
これって、個人ユースでも
個人情報を保護する場面などでけっこう、重宝します。

それが、なんとYouTubeの編集機能に
付いちゃったってお話しなんです。

これって、ビデオ編集で一時代を築いた
Adobeは驚いているんじゃないですかね〜。
たぶん、もっともっとWeb上での機能は高まっていくでしょう。
MicrosoftもOffice365では
ブラウザを使って、ワードやエクセルの編集を可能としています。
PCにアプリをインストールして使うことが
無くなろうとしているのです。

予想するに、もうあと5年もすると
アプリをそれぞれのPCやタブレットに
インストールすることは無くなり、
Webで使用することになりますね。

データ量もテラバイト単位が当たり前になるのでしょう。
音声や動画コンテンツが目を見張るようなクオリティで
ネット上を飛び交う・・・。
そんな時代にテレビはどうなっているのか?
放映権は?ニュースは?
いろいろと興味は尽きません。

あっ、そうでした、こちらがソースです。

YouTubeが動く物体を自動追従する「カスタムぼかし」機能を公開。アップ後の追加、複数物体にも対応

2016年2月27日 (土)

大阪の暴走事故に思う・・・

大阪の交通事故・・・。
クルマの暴走・・・。
人びとの痛み・・・。

亡くなったドライバーの死因は
解離性大動脈瘤だったと言われています。
そう、あの阿藤快さんもこれが原因でお亡くなりになりました。
そして、私の父も・・・。

父は16年前に
心臓付近の解離性大動脈瘤、動脈が裂けて突然亡くなりました。
ちょうど電話したときで、
お父さんが倒れたとうろたえる母に
「近くの総合病院へ急いで救急搬送!」。
クルマで2時間近くのところに住んでいた自分も
病院に急行しましたが、こと切れていました。

亡くなる前に父は背中が少し痛むと言い、
湿布を貼ったと言います。

医療に詳しかった父は
日頃から自分の体調には気を使い、
好きな肉もほとんど食べずにいました。
自分の血管が危ないとわかっていたのでしょう。

このドライバーも
健康診断で医師から何らかの所見や
アドバイスを受けていたと思います。

そして、きっと数日前から
背中に痛みがあったんだと思うんです。
大動脈瘤が出来ていったはずですから。
バルーンみたいに膨れていく際に
裂けていくため、痛みが出るといいます。
筋肉痛ではないはずだと
自分の健康状態を疑い、そのシグナルを察知し、
受診していれば・・・。

たら、ればではありませんが、
とても残念に思います。

瘤が裂け、どっと血液が体内に溢れ
激痛が走り、そのご急速に意識が薄れる・・・。
そんな中で身体が硬直するか、力が入ったのでしょう。
無意識にアクセルを踏む・・・。

もし自動ブレーキが付いていたら・・・
って、意見もあるかもしれません。

でも、アクセルONなら今の自動ブレーキシステムは
GO!のサインだと思うようになっています。
Apple watchが簡易的に体調がチェックできるように
クルマの場合、ステアリングとシートが
ドライバーの健康チェックに機能してほしいと思います。

自分の身は自分で守れと言います。
そして、クルマを運転するドライバーは
自分や同乗者ばかりか、歩行者や自転車、オートバイ、他のクルマ・・・。
道を往来するものの命も預かっているという自覚の元、
クルマの点検はもちろんのこと、
自分の点検も十分にする必要があります。

被害に遭われた皆さんにお見舞い申し上げます。
そして、私も含めて、
ドライバー一人一人の自覚を高めねばなりません。

2016年2月26日 (金)

春を待つ

いよいよ2月も終わりますね。
職場近くの木々にも春が感じられるようになりました。

Fullsizerender_7

Fullsizerender_5

こぶし

Fullsizerender_6

今の職場の周辺は、のどかで
ひばりもたくさん住んでいます。

ひばりはまだ幼鳥で、パタパタと飛び回っています。
しかし、あと1ヶ月もすると
縄張りをちゃーんと持つようになって
キリッとした姿を見せるようになります。
そして、あの鳴き声を響かせながら
空高く舞うんですよね。

昨日から少し冷え込むようになっています。
寒暖と晴雨を繰り返しながら
春に向かっていきます。

気が付けば、朝日の到来が早くなり、
夕陽の時間が次第に遅くなっています。

やがて、人びとの別れと出会いの季節もやってきます。

そんなことを考えながら、
末っ子の小6の息子の卒業文集に載せる写真などを
整理して、プリントアウトしました。

このブログをお読みの方の中には
インフルエンザや花粉症などで
ちょっときついなって方もいらっしゃるかも知れません。
どうか、お身体をご自愛ください。

一緒に暖かい春の到来を待ちましょう。
それぞれの春がやってきます。

2016年2月25日 (木)

オススメします!Apple TV 第4世代!

あんまりテレビをつけない我が家。
今、家族で見る番組は・・・
えーっと。
鉄腕ダッシュ、
イッテQの半分ぐらい、
アニメ ハイキュー!!(録画)
ローカル番組の週刊山崎君(録画)
映像の世紀(録画)
ぐらいですかねぇ。
NHKの7時のニュースはその時間に家にいれば・・・かな。

そんなウチなのですが、
Apple TVの第4世代を買ってます。
これは、主に私が仕事で
iPad ProやiPhoneでプレゼンしたり、
写真やビデオを見せる時に
簡単にワイヤレスで(ルータいらずになったため)
使えるからというのが大きな理由です。

このApple TV・・・
第2,第3世代から大きく性能がアップしています!
その差はとてつもなく大きい!
間違いなく、買いです!

iPadやiPhoneからのビデオが画像も音声も
遅滞なくスムーズに再生されるのはもちろん
そのリモコンの操作性も大幅に上がって、
スイスイとってもスムーズ!

時間があるときにゆっくり映画をレンタルしてみようっと!

そうそう、この第4世代のApple TVの整備済み品が登場しています。

20160224_222747

関心のある人はぜひ!

2016年2月24日 (水)

たまには、変わったものを・・・

いきなりですが、問題です。
次の写真は何でしょーか!?

Fullsizerender_4
子どもたちに見せました!

「スルメ!」
「ソフトさきイカ!」
「バンペイユ(熊本県の大きな柑橘類)の皮!」
などなど出てきました。

答は、
サケの精巣から集めた
 DeoxyriboNucleic Acid
デオキシリボ核酸
・・・
んー?どっかで聞いたような・・・
そう、DNAなのです!

瓶詰めで用意した合ったのですが
タマゲタ!
こうやって手のひらに載せてみる・・・
不思議な感じがします。

ここに、子どもたちが言ったように
まるで「さきイカ」のように私の手のひらにある
サケのDNA・・・。

これを電子顕微鏡で見ていくと
あの二重螺旋が確認できるそうです。

なーんか、この手のひらで
サケが跳ねている姿を思い出していました。

生きているって凄いことですよね。
改めて感じたひとときでした。

私も51になりました。
母親は80歳。
オヤジはすでに無くなって17年になりますか・・・。

昨年末、左手首を骨折した母は
先日、再び転んで左腰を強打。
歩くのが困難なくらいに痛かったらしく、
現在、入院して、リハビリ中。

もっと親孝行をしなさい!という
神様のお告げです。
できるだけ、できるだけ付き添おうと思います。

命の連鎖を感じながら。

そう思っていると・・・この「さきイカ」が愛おしくさえ思えてきます。

2016年2月23日 (火)

VW 今、お買い得?!

知り合いがVWのパサートを購入しました。
この方はずっとVW党。
ゴルフやポロ、ビートルと乗っておられ、
奥様と2台ともVW!

20160222_224033

そ!
この新しいパサートね!
1.4リッターのダウンサイジング・ターボに
DSGを加えたVWお得意のドライブトレーンです。

パサートにもなると
堂々としたスタイリングで
自分のV37スカイライン・ハイブリッドと並べても
負けてないですね!

DSG独特のあのスナッチも気にならなくなっているみたい。
今度、ぜひ乗せてもらおうっと。

安全装備もしっかりついていて、
購入した本人は多機能すぎてわからないって
言ってました(^^;)

そして、このパサートの最大のトピックは
大幅な値引きをしていること!
パーするよりもはるかに値引きしたっていいます。

あの事件以来、VWの販売は苦しいですから
なんとか決算期に在庫処分を進めたいのでしょう。

VWを狙っている人は今ですよ!今!

2016年2月22日 (月)

レクサスLC 500hのTHSとは異なるハイブリッドシステム

トヨタ自動車さん(以下、トヨタ)のハイブリッドシステムと言えば、
THSですよね!
でも、その特許も切れ、他者が追いついてきます。
また、欧州勢はこのハイブリッドよりも
プラグインとEVへと主軸を移しつつあります。

トヨタとしては、他者よりもアドバンテージを保つための
新しいシステムの提案が必要でした。

その答えが新しいマルチステージハイブリッドになるのでしょう。
今年後半から来年にかけて登場するという
レクサスLCの500hからそのハイブリッドシステムが
搭載されるとAutoBlogGreenさんが伝えています。

こちらの記事


考えてみると新型のプリウスも
THSを踏襲しながらも
よりファンなドライビングを追究しているようです。

自分は初代とプリウスαとTHSのクルマに乗ってきましたが、
その乗り味といいますか、
エンジンからの動力の伝わり方に
ダイレクト感が少なく、あんまり好きじゃないハイブリッドです。

今の日産自動車さんのV37スカイライン・ハイブリッドの
ダイレクト感や高速道路での巡航時のEVモードなど、
トヨタにはないドライブ時のふるまいがぴったり合っています。

トヨタもハイパワーなクルマにはTHSでは・・・って
思っていた人もいたと思うんです。

バッテリーも電気の出し入れが上手な
リチウムイオン電池ですしね。
トヨタのハイブリッドの変化を感じています。

2016年2月21日 (日)

スクランブルがいいのに・・・費用が・・・

師匠の昨日の記事に自分なりに応えたいと思います。

昨日の記事はこちら

「交通法規を守れ」が効果あるなら、強盗や詐欺師もいなくなります(19日)

歩車分離信号の話になるのですが、
これはまだ歩行者、自転車、クルマのドライバー
それぞれに認識不足があります。
実は自分の家の近くにもこの信号が設置されました。

子どもも歩くという親としてヒヤヒヤです。
学校も同じでしょう。

ヒヤヒヤする原因はこの交差点が
歩車分離信号になりましたが、周辺はまだ従来のまま。
認知度は上がっていると思いますが、
それでもまだおかしなことが起きていて
大事故にならないのが不思議なくらいです。

設置されて、やがて1年ぐらいになりますが、
まだ、歩行者信号が赤になって、それだけ見て、
自車前の信号は赤のままなのに発信してしまうクルマや
逆にクルマ用の信号を見て、渡る歩行者。
どちらでも進入してくる自転車と
あわやという事例が目の前で何度も起きていること。

つまり、自分はより一層、注意してこの交差点に入るようになりました。
「この交差点は危ない・・・」
こういったパターンの人にはとーっても有効か?(^^;)

さらには、この歩車分離に変更されたとき、
「スクランブルではない!」との
警察署からの注意喚起が
何度が子どもたちの学校にもアナウンスされたといいます。

自分たちもスクランブルであれば良いのにって
思ったのですが・・・。

そう、対角線方向も横断歩道のラインを引くのは割とできると思いますが、
さらに、対角線方向の歩行者信号が4機、電信柱も?
必要になって、余計に予算(費用)がかかってしまう・・・
そんな話もあったみたい・・・。

自分はやはり完全に分離するスクランブルの方がわかりやすいと思っています。
クルマのドライバーは、「この交差点はスクランブル!」って
共通認識で利用するでしょうし、
歩行者や自転車も同じでしょう。

感心しているのは、
学校の指導が行き届いていて
この交差点を利用する自転車通学の中学校の生徒さん達は
皆、自転車をおりて渡っていきます。
マナーを良く守ってくれています。

結論として・・・
自分は交差点の事故を防ぐには
歩車分離よりも認知の高いスクランブル交差点だと思います。
さらには、やはり、前述の生徒さん達のように
道路を利用する者のマナーの向上が
どうしても必要だと思っています。
いくら守らない人がいても、繰り返し繰り返し訴えていくしかありません。
そう、飲酒運転がいつまでたっても無くならないように。
いくらお天気な人と言われても、そうやって啓発していくことは大切だと思うのです。
そういった人は必要だと思います。

そして、かつて警視庁に警視として勤めていた
今は亡きお爺ちゃんがよく自分に言っていた言葉、
「いいか、おまえがいくら注意していても
いつだれが突っ込んでくるかわからないから、
自分の身は自分で守れ!」ということになりますよね。

2016年2月20日 (土)

ヲヂサンはこのポルシェが好き!

ポルシェ・・・といえば、
私たちヲヂサンは911シリーズ。

サーキットの狼では
早瀬左近のカレラやターボに憧れました。
自分はこのターボが好き!

20160219_232043

この漫画ではシルエットフォーミュラまで行きますもんね!

私の先輩も以下の964のカレラに乗ってらっしゃいました。

20160219_232346

小さなスポーツカーでしたが、
運転席に座り、ドアを閉めると
巌のような剛性を感じることが出来ました。

ポルシェの911シリーズの移り変わりまとめた
ビデオが公開されています。

こちらのAutoBlogさんの記事です。

【ビデオ】90秒でわかる! ポルシェ「911」の移り変わり


こうやって改めて見ると
小型軽量のスポーツカーが
安全性能を保つために少しずつ大きくなりつつも
その名声を保ってきた一端をうかがえます。
こちらでぜひご覧ください。
以上のイラストはその動画からです。

追記となりますが、
アメリカでメルセデス・ベンツのディーゼルエンジンが疑われている様子。
メルセデスも釈明に追われるのでしょうか・・・。
師匠、どんなもんでしょ?

サイト内検索



  • WWW を検索
    このサイト内 を検索