« 雪になりました(^^;) | メイン | やはり雪道に強いリーフ »

2016年1月26日 (火)

スキーバス事故・・・エアブレーキの凝水とな!?

スキーバスの事故原因の考察。
いろいろと自分も考えてきました。
納得のフィンガーシフトだったわけですが、
それでも、ブレーキの謎が残っていました。

なぜ、効かない?
ベーパーロック、フェードもないのに、
なぜ、踏まない?
ミスか?
そんなことはない!!
緊急時にブレーキを踏まないドライバーなんていない!
人間誰だって、運転していて
恐ろしい目に遭えば、反射的にブレーキを踏むはず。

だから、効かなかったのでは?

検証チーム「いや、整備上の問題はない!」

わからない。
でも、効かなくなっていたはずなのだ!

そこに、国沢師匠から有力な情報が寄せられましたね。
プロのバスドライバーさんからの意見で
エアブレーキの空気タンクの中に溜まった水分が
凝結して(つまり凍って)どこかに詰まったのではないか!?
そして、事故原因究明とバスを分析しても
氷が溶ければわからなくなる・・・というものです。

師匠の記事はこちら

軽井沢のスキーバス事故の原因はエアブレーキ系の凍結か?

こりゃ、推理小説のような話になりますが、
プロの意見とするとその信憑性はとても高い。
まさかと思うところに真実はあります。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/535253/33722977

スキーバス事故・・・エアブレーキの凝水とな!?を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

サイト内検索



  • WWW を検索
    このサイト内 を検索