« 2015年12月 | メイン | 2016年2月 »

2016年1月

2016年1月31日 (日)

30kWhのリーフ:ロングドライブは楽だろうな(^^;)

30kWhの最終型のリーフ。
CMもやっとリーフのよさをPRする内容になって、
その走行可能距離が伸びたことを伝えています。
売れている?とも。

日産自動車の豊田です・・・
で始まる日産のEVブログも
30kWhのリーフによる横浜〜名古屋の
高速道路ロングドライブを伝えています。

こちら

新型リーフ(30kWh)で高速道路を使って横浜~名古屋を走ってみた。2016.01.27(水)


ストレートな文章で
「一番ラクだったと!」

そりゃ、そうですよ。
気持ちにもゆとりがあるって一番大切。

バッテリーに余裕があるって
ガソリンタンクがデカくなったのと同じですから
余裕を持って走ることが出来ます。

ドライブしていて
安心してアクセルを踏めます。

電欠への不安感:ヒヤヒヤが減ります!

急速充電器を利用する際も
先客がいても「あーあ、充電できないよ!」といった
不満を持つことなく
次のスポットまで行くこともできるでしょう。

なーんだろうな・・・
このもやもやした感じは。

初期型のモデルを買った私たちは
喜ばしいことと思いながらも
冬場は距離を走れない愛車に
もやもやした気持ちで乗るわけです。

日産自動車の豊田さん、複雑な気持ちで
このブログを読んでいるオーナーもいるんです(^^;)

天気も良くなったし、
リーフを洗車してあげようと思います。
少しはもやもやした気持ちも晴れると良いな(^o^)/

2016年1月30日 (土)

リアエンブレムの効果 V37スカイライン

自分のV37スカイライン・ハイブリッドには
リアにインフィニティのバッジといいますか、
エンブレムがありませんでした。

そこで、先日、書いたように
純正のエンブレムが出たことを機に
2200円でディーラーにつけてもらったわけです。

その後、自分はあんまり意識してません。
ま、付くべきところについたか!
という安心感はありますが。

ところが、意外な効果が出ています。

それは、面白いことに
後ろについたクルマの反応が違ってきたんです。

付いていないときは
ちょっと大人しい無国籍な感じがあって
知っている人は日産のスカイラインって
わかってらっしゃいますが、
ご存じない人は
「あら?どこのクルマだろう?」
みたいな雰囲気。
時には「おまえ、どこのクルマじゃい!」って
煽ってくるクルマもいます。
ま、自分は一般道では飛ばさない!
安全運転ですけどね。

でも、リアエンブレムがついてから、
インフィニティというブランドの知名度は低いと思いますが、
付くべきところにマークがあるので、
車間がきちんと取られるようになりました。
車種を確認するために、近寄ってくるクルマはありますが、
正体がわかると下がっていきます。

このクルマが認知され、
クルマの存在感が上がったと言うことでしょう。

やっぱり、リアからも発する
クルマのアイデンティティといいますか、
個性や主張が必要かつ大切なのだなと思います。

V37のオーナーでリアのエンブレムがまだの方は
検討をオススメします。
もう一度繰り返しますが
(くどくてごめんなさい)
取り付け込みで2200円ですもん。



先日の寒波が過ぎたと思ったら、
温かい雨になっていますね。

寒暖の差が大きいと体調を崩してしまいがち。
インフルにもご注意くださいね。
休養が一番です!

2016年1月29日 (金)

安東弘樹さんのコラム・・・クルマ離れかぁ(>_<)

TBSのアナウンサー安東弘樹さんが
Gazooに連載のコラムを書いておられます。

自分もこのブログで取り上げている
スキーバス事故について
安東さんと番組スタッフが打合せをしていて
驚いたというか、ショックなことがあったと
綴られています。

先日のコラムがこちら

クルマ離れ…TBS安東弘樹アナウンサー連載コラム

うーん。
これは、チェーンなんて話をしたら
完全にアウトでしょうね。

そして、運転免許を持っていて
クルマも運転する人たちだといいます。

安東さんはこんな有様を作った原因の一つには
メーカーや販売店の姿勢があると指摘されています。

いろんな人がクルマを売っているからな〜。
でもね、整備をしていた人が販売にまわるケースも多いみたい。
自分の場合、整備からっていうセールスが圧倒的に多い。
BMもメルセデスも日産もトヨタもマツダも・・・
整備やってました!って人ばかり。
だから、ちょっとしたビビリ音やトラブルも
安心して任せられるわけです。
電話で話すだけで、理解してくれますもんね。

安東さんが接しているスタッフは
国沢師匠も指摘している
環境等にうるさくて、
クルマに対してちょっとネガティブな世代じゃないかな。

これも国沢師匠の受け売りになりますが、
もっと若い世代はクルマ好きも多いみたいです。
うちの子も自分みたいにクルマ馬鹿じゃないけど
クルマに対しては好感を持っているしね。

さてさて、安東さんのコラムも読み応えがあります。
お時間のあるときにぜひ!

2016年1月28日 (木)

デジタル耳栓・・・困難さを補うツール

デジタル耳栓を買いました。
これ。

Fullsizerender_10

実は、このデジタル耳栓を買うのは2回目。
2つ目のデジタル耳栓なんです。
最初の一つは、
お子さんが聴覚過敏かもしれない・・・
というお母さんから相談を受けて、
自分で買っていたものを貸し出しています。
もちろん、無期限です。
使ってみた感想を時々教えてくれますが、
効果があるようで、そういう感想をいただくと
買っていて良かったなって思います。

人の役に立つってうれしいな!

ノイズキャンセリング・・・
自分は時々BOSEのヘッドホン
クワイエットコンフォートで音楽を聴きますが、
とても静かに音楽に集中できます。

それと似ているデジタル耳栓。
今回、2つ目になりますが、
これもまた、知り合ったお母さんのお子さんに
発達障がい(学習障がい等)の特性があって
物音に敏感で集中できないとのことだったので、
購入して、貸し出して、
ぜひ使っていただこうと思っています。

来月お目にかかったときにお渡ししようと思います。
そのお子さんに合えば良いですし、
合わなくてもそれはそれで良いです(^o^)

人にはいろんな特性があります。
音に敏感すぎたり、
目に入ってくる光に敏感だったり、
人と話すのがとても苦手だったり、
書くことに困難さを抱えていたり・・・。

そんな困っていることを
こういったデジタルデバイスが補う・・・
そんな時代が来ています。

就職の要件によくある
「心身共に健康なこと」。

これって、こういった特性をもっている人にとって
かなり高いハードルになります。

デジタルデバイス等でそういった困難さを補う・・・。
それによって、他の人たちと変わらない生活や仕事ができる。
それを認めるソーシャル・インクルージョンを
みんなで目指したいと動いています。

2016年1月27日 (水)

やはり雪道に強いリーフ

リーフは雪道に強い。

昨日、コメントをいただきました。

きっと熊本の人吉でお目にかかっているかも?の
stcarさんから
・・・リーフは意外にも雪道の走行に向いているようで、サマータイヤのまま難なく走行できました。すれ違う車は皆チェーン付けてましたが。以前の車ではスタッドレスを履いていましたが、山に行かない限り不要と感じてしまいました。
・・・以上、コメントより

凍っていなければ、とても安定してスイスイ走るんですよね。

これは、かつてのブログ仲間の方が
スタッドレスでは楽ちん!って、書いておられました。
きっとこれを読んでニンマリされてるはずです、よね!

また、こちらは国沢師匠の過去記事です。

雪道のリーフ(1月19日): 国沢光宏の日々是修行

ジャーナリストを招いての雪道走行会も開いたぐらいですから!

また、マリモのパパさん!のように
背丈ほども雪が積もる地域で走っているリーフがいます。
さらには、北海道のshinさんのように
凍てつく大地でも元気に走っているリーフもいます。

必見のshinさんの最新ブログはこの記事!

これは、よく言われる
「バッテリーを床下に置いた安定性」でしょうが、
それ以上に、
基本的な足回りがよく練られた結果であることが
一番ではないでしょうか。

ですから、国沢師匠はリーフをラリー仕様にしていらっしゃいます。

次のリーフも安易なコストダウンなどしないで
このしなやかな足回りはしっかりと継承してほしいと思います。

2016年1月26日 (火)

スキーバス事故・・・エアブレーキの凝水とな!?

スキーバスの事故原因の考察。
いろいろと自分も考えてきました。
納得のフィンガーシフトだったわけですが、
それでも、ブレーキの謎が残っていました。

なぜ、効かない?
ベーパーロック、フェードもないのに、
なぜ、踏まない?
ミスか?
そんなことはない!!
緊急時にブレーキを踏まないドライバーなんていない!
人間誰だって、運転していて
恐ろしい目に遭えば、反射的にブレーキを踏むはず。

だから、効かなかったのでは?

検証チーム「いや、整備上の問題はない!」

わからない。
でも、効かなくなっていたはずなのだ!

そこに、国沢師匠から有力な情報が寄せられましたね。
プロのバスドライバーさんからの意見で
エアブレーキの空気タンクの中に溜まった水分が
凝結して(つまり凍って)どこかに詰まったのではないか!?
そして、事故原因究明とバスを分析しても
氷が溶ければわからなくなる・・・というものです。

師匠の記事はこちら

軽井沢のスキーバス事故の原因はエアブレーキ系の凍結か?

こりゃ、推理小説のような話になりますが、
プロの意見とするとその信憑性はとても高い。
まさかと思うところに真実はあります。

2016年1月25日 (月)

雪になりました(^^;)

九州、それも平地には
このところあんまり雪は降っていませんでした。
一昨年のお正月にちょっと積もりましたが
すぐに溶けて、親戚に年始に行ったのを覚えています。

でも、一昨日の夜からの天候はちょっと違いました。
幼い頃、夜に雪が降り、朝早く小学校に登校して
誰よりも早く運動場に自分の足跡をつける喜び・・・
そんな雪の日を思い出しました。
お日様がほとんど顔を見せず、
気温も上がらないまま一日が終わり、
夜にはチラホラ舞う雪が積もり、
道路は凍っていました。
クルマが通るとバリバリと音がしましたもん。

熊本の気象台は積雪2㎝っていってましたが、
いやいやもっと降ってます。
自分が住んでいるところは比較的雪が少なくても・・・
ほら、リーフ。

Fullsizerender_9

家の前のパンジーなどの鉢植えも。

Fullsizerender_8

Fullsizerender_7

今日は息子たちの学校は
休校や2時間遅れのスタート。
自分も出勤は遅らせないと職場までたどり着けそうにありませんね。

皆さんもどうかお気を付けて。

2016年1月24日 (日)

自動運転。出るだろうな・・・Youtubeにも

テスラの自動運転が話題になっています。

V37スカイライン・ハイブリッドも
アクティブレーンコントルールがついています。
時速70㎞以上で、スカイラインもラインを読み取って
レーンをキープして走ります。
カルガモ、あるいはクルーズコントルールを使えば
同じレーンをほぼ手放しで走っていきます。
Rがきついカーブは手を添えてあげる必要がありますが。

以前、このV37(Q50)のアクティブレーンコントルールを使って
高速道路を手放しどころかドライバーは運転席を離れて
後席に移動してしまうという動画が
Youtubeにアップされていました。

テスラに関しても
同じような動画がアップされているようです。

くれぐれもこのような動画を真似することのないようにしたいですね。
とてもキケンですし、
警察にも余計な仕事を増やすことになります。
事故を起こしたら、誰も得をしない。
人のためになるはずの技術が人を不幸にしたら何の意味もありません。

最後に師匠も書いておられますが、
間違っても、はしゃいで、手を上げたり、
足を組んだりしてポースを取らないでいただきたい!
マスコミ及び自動車評論家諸氏にはくれぐれもお願いします。

2016年1月23日 (土)

エアシフト、フィンガーシフトの落とし穴だったのか?!

スキーバスの事故。
自分も大型バスが減速不能になった原因がわかりませんでした。

一番の混乱の原因は、ニュートラル。

はあ?ニュートラル?
なんで?

下り坂はエンブレだから、シフトダウンが基本というか当たり前。
スカイライン・ハイブリッドでも
長い下り坂はシフトレバーを運転席側に倒して、
強制的に4速に落とします。
それ以上にエンブレが必要なら、
ステアリングの奥のパドルを操作します。

それなのに、大型バスはニュートラルになっていた?

これがわからなかった。
どう考えても理解できなかった。

そこに、ニュースの大型バスの画像。
ハッとした!
そうだ、シフトが半オートマみたいなシフトだった!
バスにあんまり乗らないから気が付くのが遅れた。
そう、クラッチは踏むけど、
シフト操作は手首でスイスイ。
昔のようにクラッチも重たくない。

検索をかけるとyoutube動画がたくさんでてきます。

そのエアシフト、フィンガーシフトに落とし穴があった?

それを分かりやすく紹介しているブログが話題です。

こちらのブログです。

お読みになった方も多いかも。

シフトダウンしたつもりが
回転が合わずに
ニュートラルになっていた・・・。
運転手さんは血の気がひいたでしょう。
必死で運転したでしょう。
そして、速度を上げ続ける運転席で
頭の中はシフトが2速の位置なのに
減速をしないバスに????だったと思います。
怖かっただろうな。

被害に遭われた皆さんに心から哀悼の意を表します。
多くの命が失われた。
きっと教訓となるのでしょう。
でも、くやしい。とても。

続きを読む »

2016年1月22日 (金)

今世界で何が起きているのだろう

株安が世界的に進んでいます。
年明けから一部の報道があっていました。
値下がりの幅がとても大きく、
先行きが懸念されると・・・

今、やっとそれを報じるマスコミ各社。
一方でなぜが大きく取り上げられる
某グループの解散騒動や
タレントさんの不倫騒動・・・。

今、世界で何が起きようとしているのか
いや、何が進行しているのか。

クルマ関連で言えば、
オバマ大統領がデトロイト・モーターショーを訪問していますね。

AutoBlogさんの記事



アメリカの好景気をアピールしたいみたいですが、
経済が示す数字はそうではない・・・。
中国経済の減速はやがて日本で起きている爆買いにも
影響が及ぶことになるでしょう。

盛者必衰という物事の道理は
ここでも間違いなく示されることになります。

よく言われる内需拡大。
若年労働人口が減る中で
叫ばれる外国人労働者の大幅な導入
そして、
恐ろしいほど多いこの国の派遣労働。

べつに政治問題を語るつもりはありません。

自分はソーシャル・インクルージョン。
この国のパワーを保つためには、
今までの働き方ではない
老若男女、様々な特性をもった人が
排除されるのでは亡く、
入り交じり、お互いがお互いを尊敬し合いながら
この国のマンパワーを保つ!
そして、幸福度を上げていく。
そんな社会を目指したいのですが、
それとは別に何かが起きているのではと
ちょっと胸騒ぎがしているんです。

ここんとこ。

サイト内検索



  • WWW を検索
    このサイト内 を検索