« テスラのモデルXのお顔 | メイン | カリフォルニアの緑のステッカー »

2015年11月30日 (月)

佐野彰一さんとホンダと下町ロケット

下町ロケットがいろんなところで話題です。
ものづくりは人づくり!って私の友人がよく言っています。
そのとおり!
ですし、日本の誇りでもあります。
そして、このドラマが多くの共感を呼ぶのは
このドラマと同じことが
これまでも、そして、今も日本の工業現場で起きているからでしょう。

そんな話を国沢師匠に教えていただきました。

先日の記事

大腸ガンの検査を受けようと思う。読者諸兄も検査をすすめたい(28日

ここにホンダの佐野彰一さんのお話が登場します。
師匠の記事のリンク先を
自分は一気に読みました。

こちらの記事
60's HONDA F1 物語

印象的な部分が冒頭に表れます。
・・・で、そこに、たまたまシリンダーヘッドがはずれているHondaエンジンがあったから、ちょっと動かしてみたんですよ。そうしたら、まったくガタがないの!・・・
以上、
60's HONDA F1 物語より

メグロのバイクって
自分もオヤジから聞いていたメーカー。
そして、それを超えていくホンダ。

F1というマシンも一つ一つの精巧な部品から作られます。
設計と部品加工のせめぎ合い。そして、革新。

そんなものづくりの息吹にあふれた物語に
自分は引き込まれてしまいました。

きっと国沢師匠は
私たちにそんなホンダの息吹を
紹介してくださると共に、
現状のホンダF1に望むものを示してくださっています。

ホンダという会社に受け継がれるスピリッツを
今のホンダからも感じたい。
そう思う皆さんがたくさんいらっしゃる!

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/535253/33664275

佐野彰一さんとホンダと下町ロケットを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

サイト内検索



  • WWW を検索
    このサイト内 を検索