« V37スカイラインに垣間見える自動運転技術 | メイン | BOLT 対 IDS(新型リーフ?) »

2015年11月 2日 (月)

スポーティなデザイン

まずは、国沢師匠!
新城ラリー、クラス準優勝!おめでとうございます!
ミライは多くの皆さんに温かく迎えられていましたね!
コドラの木原さんもお疲れさまでした。
新しい1ページ切り拓いてくださいました。
その心意気に喝采です。


さて、今日はスタイルのお話し・・・。

東京モーターショーが開幕し、
数々のクルマたちをいろんなメディアが取り上げていますね。

自動運転技術が目玉となっていますが、
マツダのRX-Visionこのクルマも大きく取り上げられました。

写真はマツダさんのサイトから

20151029_173527

ロングノーズ、ショートデッキの文法通りの格好良さ!ですよね。

かつては、日本車なら日産の240Z、
フェラーリのフロントミッドシップのFRもそう。

このマツダのクルマはロータリーなので
ボンネットが極端に低くて
さらに格好良さを増しています。

今の日産のフェアレディZは
ちょっとノーズが短い・・・
そこが惜しいんですよね。

V37スカイラインはといいますと
これもまたロングノーズっぽいデザインにしています。
自分が格好いいなって思う点です。

そして、トランクをできるだけ短くして
ショートデッキっぽくデザインしています。

写真は日産自動車さんのサイトから

20151029_173120

また、V37スカイラインの面の構成は素晴らしいです。
ボンネットとフェンダーのライン、
さらに、サーフィンラインと呼ばれてますが
リアセクションのZ型の切り返し、
そういった凝ったところは
BMWを遙かに超えています。

生産モデルにおいて、
金型の面あわせが大変だったろうなって
思います。ご苦労様です。

やはり、クルマには格好いいと思わせる
普遍的なデザインがあって、
その文法をうまく処理できるといいですよね。

次のリーフもチャレンジはいいんですが、
IDSというコンセプトカーのように
切れのいいデザインにしてくれることを望んでいます。
写真は日産自動車さんのサイトから

20151029_173740

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/535253/33626719

スポーティなデザインを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

サイト内検索



  • WWW を検索
    このサイト内 を検索