« 2015年10月 | メイン | 2015年12月 »

2015年11月

2015年11月20日 (金)

MOGURA 深まる秋とアコースティックサウンド

唐突ですが、
皆さんはどんなジャンルの曲をお聴きになりますか?
タイトルにしていますように、
アコースティックサウンドも
たまにはいいよねって方もいらっしゃるかと思います。

今日は、二人組の一人が熊本出身という
MOGURA(もぐら)を紹介します。

多摩川沿いの街、狛江市を活動の拠点とする
拓とT2という二人からなるアコースティックデュオです。

拓の幅広い帯域の豊かなヴォーカル

T2の表情に富んだアコースティックギター
が紡ぎ出す世界は今のお気に入りなんです。

ま、拓が熊本出身なので、皆さんに紹介したくて(^^;)

こちらがMOGURAのCD。

Fullsizerender51

彼らのようなまだまだメジャーになっていない
ミュージシャンは
昨今、なかなかCDを出すことが出来ません。

それだけでも、かなりの実力者であることを
わかっていただけると思います。

このCD「INSIDE」には彼らの曲から厳選された
4曲が収められていますが、
2曲目の「さくら君想う」なんかとっても気持ちが良い。
3曲目の「ミッドナイトDrive」は
フルバンドで奏でてみたら・・・って思います。
それだけ、実力があるデュオってことです。

秋が深まってきました。
爽やかな秋から趣のある、散る紅葉が切ない感じもしています。
そんな時にもアコースティックサウンドって
心に響きますよね。

そうだった!
宣伝しなきゃ!
MOGURAのCDはAmazonでも購入できまーす!
熊本出身のデュオをよろしくお願いいたしますm(_ _)m

2015年11月19日 (木)

ガソリン安とプリウス

最近、ガソリンは安くなってますよね。
(それでも、レギュラーでリッター120円ぐらいですが)

クルマが日常の足として必需品の地域に暮らす
私たちにとっては、大変ありがたいことです!
政府の円安政策と世界的な原油価格に感謝。

そして、そして、
スカイライン・ハイブリッドの燃費が予想以上に良いとはいえ、
やっぱり、走行コストが下がるってことは
とってもうれしい(^^)/

そんな中にあって、
いよいよ新型プリウスが投入されます。

プリウスと言えば、エコカーの代表格。
いつの間にか日本の国民車ともいえる地位を築きましたよね。
この新型に買い換える予定の皆さんや
この一大メジャーなエコカーのモデルチェンジを
マスコミ関係も大歓迎で迎えると思いきや・・・
早くも売れ行きを懸念する記事がネットに出ていました。

例えば・・・

アングル:新生プリウス、脱エコカーに壁 新設計手法の狙いに狂いも
[東京 18日 ロイター]

「4代目プリウス」絶対王者に漂う3つの不安
東洋経済オンライン(2015年10月23日)

などがヤフーにも出ていました。

これらの記事なのですが、
プリウスのエコカーとしての優位がなくなってきていることや
原油安、
現行よりもスポーティさを売りにしている点、
ちょっと派手なデザインなどなどから
苦戦するのではという予想になっています。

自分ならどうか・・・
お金があれば、正直、リーフを買い換えているかもです。
走行可能距離が実用で300㎞を超えるかも?という
次のリーフが登場するまで・・・
でも、それか、お金に余裕があればということで(^^;)
ま、現実的ではないですね。m(_ _)m

理由は
その1 高い安全性(自動ブレーキ等)
その2 新型プラットフォームへの期待
その3 色あせないネームバリュー
ですね。

果たして、新型プリウスはどうなのか?
シエンタがもの凄く売れているみたいなので
かつてほどの勢いはないと思いますが、
国内に強力なライバルはいません。

期待の日産自動車さんからは
ハイブリッドとして戦えるクルマはありません。
きっと、日産の営業さんは大変だろうなあ。

たぶんこれらの記事の予想に反して
結構、売れるんじゃないかと思っています。
特にクルマが必需品の私たちのような地域では。
4WDもありますしね!

2015年11月18日 (水)

子どもたちとクルマ

東京モーターショーが終わりましたが、
来場者数が昨年より減ったことについて
危機感を感じる記事や展望をもって見つめる記事など様々ですね。

クルマと子どもたちの位置がどうであるかが気になります。
家庭ではうちのように保護者がクルマ好きである場合、
子どもたちはクルマに対して好意的です。

そうでない家庭もあるわけで・・・
そうなると学校でクルマと出会う子どもたちもいます。

クルマと子どもたち、教育現場ではいつ出会うでしょう?

交通教室などで低学年から出会いますよね。

学習という面から捉えるならば、
ご存知の方もいらっしゃるでしょうが、
小学校5年生の社会科で出会います。

自動車工業について学ぶのです。
工場や作り手などの工夫を通して、
裾野の広い自動車生産について学びを深めていきます。
各自動車メーカーのサイトは
工場見学を意識したページがあります。
実際に工場見学に行くことが出来ない子どもたちは
ネットを通じて学ぶわけです。

そして、この学習の最後は
「環境に優しい自動車、人に優しい自動車」になっています。

環境に優しい・・・ハイブリッドカーや電気自動車、
燃料電池電気自動車などが写真付きで紹介されています。
また、人に優しい・・・ナイトビジョンや衝突安全性能なども紹介してあります。

きっと次に教科書が変われば、
自動ブレーキなどについても紹介されるでしょう。

子どもたちはそんなクルマ像を学んでいきます。

ですから、現在の趣味性の高いクルマたち
例えば、クラッシックカーなどについては
保護者を通じて、あるいは興味を持った時、
あるいは、工業系の高校に進んだりしてから
出会うことになります。

漫画を通じて出会う子どもたちもいるかも知れません。

でも、大半の子どもたちは
上記の環境や安全性能で私たち「人」に
配慮されたクルマ像を理想として描くわけです。
少なくとも日本の子どもたちは。

それを踏まえた上で開発もされていくでしょうし、
マーケティングもそうでしょう。

今の子どもたちはそういった世代であることを
認識して、クルマを語っていかないと
現実と乖離したものになってしまい、
多くの世代に響かないものになってしまう。

そんな視点が大切です。

ちなみに、
うちの子はクルマ好きのオヤジの影響で
頭文字Dやバリ伝などで
86やR32、CBなんかも知っていますけどね(^^;)

2015年11月17日 (火)

営業EV、今度こそ?!

皆さんがお住まいの地域には
リーフタクシーは走っていますか?
自分が暮らしている熊本県は
熊本市を中心として、
周辺地域にもリーフのタクシー運用が見られます。

でも、日産の急速充電でもよく見かけますので、
やはり走行可能距離の短さがネックとなっている模様です。
ネット上にはいろいろとタクシー運用に関する記事も
上がっていますしね。

でも、そんなリーフのタクシー運用ですが、
今度の最終型でやっと広がるかも知れませんね。

と言いますのも・・・
こんな記事がいつものレスポンスさんにありましたね。

国交省、電気自動車による地域交通グリーン化事業の公募を開始

3分の1の補助をするというお話しで、(燃料電池電気自動車は2分の1)
結構、良い話だと思います。
以下、サイトからの引用

・・・国土交通省は11月13日、バス、タクシーおよびトラック事業者の電気自動車(EV)導入を支援する「電気自動車による地域交通グリーン化事業」の公募を開始した。・・・

タイミング良く?
リーフの最終型が
JC08モードで280㎞の走行可能距離・・・
実質、200㎞程度+αの走行可能距離を示しています。

こうなってくると運用の幅がグッと広がります。

この運用の幅というか、弾力的な運用といいますか、
高い汎用性が求められていたと思いますので、
それに応えるEVとしてのリーフが登場したと言えます。
自動ブレーキも点いていますし、
運転手さんも安心ですよね。

そうなってくると、この新型バッテリーが
e-NV200にも搭載されるのも間近。
これまた営業における運用の幅や
ファミリーユースが増えるはずです!

リーフは新型の登場が気になりますから
これからEVという方にとっては
むしろe-NV200のマイチェン版が狙い目かも?

2015年11月16日 (月)

「ビビッとくるブログ」に紹介いただきました。

自分は自宅がBBIQの固定電話を使っていまして、
BBIQさんの無料ブログ機能を使わせていただいています。
BBIQさん、改めて御礼申し上げます。

そのBBIQさんのブログサイトの
「ビビッとくるブログ」の「読ブログ」コーナーに
こちらの記事を紹介していただきました。

V37スカイラインに垣間見える自動運転技術 

ビビッとポイント
自動運転など運転支援システムで交通事故が減る事を祈る

こちらがキャプチャー

20151114_231430

スタッフの皆さん、ありがとうございます。
ちょっと恥ずかしくもあります。

でも、あちゃー。
しまったぁ。
このようにスタッフの皆さんに読んでいただいているなんて。

もうちょっと気合い入れて書けば良かったなあと反省。

いつも書いていますように、
このブログは国沢師匠にリンクを貼らせてね!と
依頼があってから、毎日綴るようになりました。
エコカーのことが中心ですが、
写真や生活のこと、
最近はちょっとばかり、インクルーシブ教育システムについても
お伝えするようにしています。
毎日、短文を綴ること・・・
それは、自分の仕事の訓練にもなると思っておりまして。

このようにご紹介いただき、
何気なく書いていても、相手意識が十分だったのかと・・・
お読みになる方のことをもっと考えて書かないといけないと・・・

反省しておりますm(_ _)m

どんな題材を取り上げるにしても
独りよがりな考えほどつまらないものはないですから。

独りよがりと言えば・・・
これからの時代は、ますます他者を理解して、
受け入れ、一緒になって「何か」を生み出す考え方や世の中が必要です。

大切なのは、その「何か」。

それを自分は次のように考えています。
「他者と共に、未来を描き、実現に向けて、責任をもち、夢を育み、それを叶えていくチカラ」

自分のブログがそんな大きなチカラをもつわけではありません。
でも、誰かを批判することもありません。
批判するぐらいなら、前を向いた方がよいと思っているからです。

125万アクセスを越えて、毎日1000件近いアクセスをいただいています。
これからも訪れてくださる方のことを頭に置いて、
無理せず、ぼちぼちとですが、
これは!って思ったことを書き綴って参ります。
どうぞよろしくお願いしますm(_ _)m

2015年11月15日 (日)

あれれ?これデルタウイング?

日産のデルタウイングって覚えていらっしゃいますか?
そう、ル・マンにも出ていったあのモデルです。

こちら
2012年9月19日 日産「デルタウィング」復活へ
やこちらも
日産、2014年のル・マンに出場する世界最速の電力駆動レーシングカー「ニッサン ZEOD RC」を公開!


近年の日産のチャレンジングなマシンは
ここから始まっています。

しかし、もともとこれは
デルタウィングレーシングの創ったクルマで
日産との間で訴訟沙汰になるなど
場外でも話題となりました。

現在は、デルタウィングレーシングで開発が続いています。

こちらがデルタウィングレーシングのサイトです。

そ、リンク先を見ていただいてお分かりのように
特徴的なデザインです。

ところが、こんなクルマがAutoBlogGreenさんに!

こちらの記事です。


写真は記事中の動画から

20151114_204047

20151114_204125

20151114_204149

レトロチックなEVで、オープンにもなりますが、
EV3と名前があるように
このクルマは三輪になっています。
その点がデルタウイングとは一番異なりますが、
全体的なフォルムは似ていますよね。

こんな面白いデザインのクルマも良いですよね。
こんなゆとりが好きだな。

2015年11月14日 (土)

そうそう、お化粧すればいいのに・・・

いつもコメントをくださって、リンクも貼っている
二宮太郎さんからコメントをいただいています。
イベントで、生師匠に会えた!って。
ブログ記事はこちら

輸入車フェア

シューマッハもでて、楽しかった様子が伝わります。
どんな話だったのか、とても興味津々。
どんなおねいさんだったのかも師匠に聞いてみようっと(^^;)
二宮太郎さん、ありがとうございました。


さてさて、
最終型のリーフがいよいよ市場に出てきますね。
エアロスタイルはちょっとばかりセッティングを変えて
加速よく走るみたいだし、
なんと言っても、走行可能距離が伸びて
さらにさらに、8年16万㎞という保証になって、
ウラヤマシス!ですよね!

師匠も記事にされています。
こちらでした。

リーフ、スタイル除けば大進化!

また、スタイルにも言及されていますが、
全くその通りで、
フロントのバンパーあたりから
ちょちょいとフェイスリフトすればいいのに。

なんかね、あのお口がいかん。
そして、クロームも銀歯みたいだもん(^^;)
すみません。
リーフを可愛がっているオーナーでありながら、
こんなこと書いちゃった。
オーナーの皆様、日産自動車さん、
カンケーの皆様m(_ _)m

今や、いろんな女性が盛る時代。
まつげやほっぺたなんかもスゲーって思いますもん。
こんなこと書いて、ヲヂサンはいかんですな。

でも、きれいにっていいと思うんです。
人ってそれぞれに笑顔があって、
それを見るって自分は大好きなんです。
それに加えて、さらに美しく見せる
「化粧」ですから。
その人の本質は変わりませんしね。
だから、リーフもお化粧して欲しかったなあ。

とはいえ、初期型オーナーとしては
やはり最新型はうらやましく。
指をくわえて、カミさんの目を恐れて見ています。



師匠も買い換えるかもって書いておられます。

2015年11月13日 (金)

2020年 水素ステーションは増えているか?

2020年って、今や様々なコトやモノにとって
目標となる年になっていますよね。

東京オリンピックのインパクトはそれぐらい大きいのだなと改めて感じます。

その2020年を目標とする新たなモノが登場します。
日産自動車さんが出す水素燃料電池電気自動車です。

このことをAutoBlogGreenさんが伝えています。
こちらです。



この記事で興味深かった点はこちら・・・
以下、上記記事より引用
・・・
Ghosn continues to argue that challenges in infrastructure deployment for hydrogen refueling will prevent fuel-cell vehicles from reaching any substantial sales within the next few years, so his alt-fuel focus continues to be electric.
・・・

つまり、日産はリーフと共に
電気自動車戦略を打ち立てて、
積極的に充電ステーションの設置を推進してきたわけです。
ここに、日産が電気自動車にこだわる理由がわかります。
そりゃ、投資は回収しなければなりませんから。

トヨタやホンダが
燃料電池電気自動車を次々に発表している中で
日産はどうしたんだ?って声が出ているかも知れません。
投資家からもね。

リーフがそうであったように、
電気自動車の普及のカギは、インフラ整備でした。

ですから、水素燃料電池電気自動車の普及拡大は
水素ステーションが握っているのです。

皆さんご存知のように
水素ステーションの設置費用は充電ステーションの比ではない。

日産自動車さんとしては、
水素ステーションの台数が増える年を見越して、
水素燃料電池電気自動車を出すと
したたかな話をゴーンさんはしたわけです。

自分は当面ミライなんて買えないし、
この入り交じった思惑の行くすえを見つめていきます。

2015年11月12日 (木)

みんなの学校 上映会〜木村泰子先生に学ぶ

大阪の大空小学校という実在の学校を描いた
映画「みんなの学校」が自主上映会という形で
日本全国に広がっています。

みんなの学校のWebサイトはこちら

ロードショーは終わったのですが、
大きな反響から
自主上映会という形になっています。

熊本では、
先日、11月7日(土)に熊本市の東本願寺で
自主上映会が行われました。

この映画のサイトにこう書いてありますよね。

不登校も特別支援学級もない 同じ教室で一緒に学ぶ
ふつうの公立小学校の みんなが笑顔になる挑戦

そう、登場する学校、先生、子どもたち、学校のサポーター・・・
みんなが実在するのです。
大空小学校のみんなが主人公で
スクリーンの上で、元気に笑顔で学んでいます。

特別支援学級がない。
みんな一緒に教室で学んでいる・・・

まさに、インクルーシブ教育システムが改善を繰り返しながら
循環している学校です。
こんな学校が作れるんだ!ってメッセージを発しています。

この映画、ロードショーを見ていたので、
2回目になるのですが、なぜ、参加したかと言いますと・・・

なんと、この映画の校長先生で
3月末で退職された、木村泰子先生が映画と共に来熊され、
参加者にお話しをされることになっていたのです。

お話しをされる木村先生

20151107kimurayasukosennsei

映画の視聴の後
木村先生は終始笑顔で大空小学校での実践を
満員となった本堂にてお話しくださいました。

いろんな特性をもった私たち・・・
平均的な人々の特性とはちょっと異なる人っていますよね。
でも、それは個性。
一人一人の存在を認め、自己有用感を高めることは
これからの時代に必須の条件です。

木村先生は
私たちにできたことだから、全国でもできる・・・
と勇気をくださいました。

木村先生は
翌日は大分県で、その次の日は山口県での
自主上映会に参加され、講演されています。

今後も各地で自主上映会が実施されます。

自主上映会の案内

皆さんの街がありましたら、ぜひ、参加されてください。
学校に対する認識が変わることと思います。

2015年11月11日 (水)

iPad Proの発売アナウンスが出ましたね!

いやあ、やっと発売がアナウンスされた
iPad Pro。

写真はこちらのアップルのサイトから

20151110_222806

20151110_222758

皆さんどうされます?

自分は買おうとは思っているのですが、
どこで買うかとても迷っています。

アップルで買うか・・・
家電店でポイントねらいで買うか・・・
携帯キャリア(自分の場合、ソフトバンク)で買うか・・・

iPhone6plusのパケット代の関係があるので、
キャリアのセルラーモデルも魅力的なんです。

そう、タブレットってそうそう買い換えませんもんね。
我が家では、iPad2がくたびれてきたけど
まだまだ現役ですもん。
子どもたちがデータの検索や辞書を使っています。

いつもの気になる、記になるさんのサイトの
リンクを貼っておきますので、
いろいろと比較検討にどうぞ。

うーん。どうしよう・・・(^^;)

サイト内検索



  • WWW を検索
    このサイト内 を検索