« 2015年7月 | メイン | 2015年9月 »

2015年8月

2015年8月21日 (金)

I'm just a fool in love with you ♪

I'm just a fool in love with you!

このフレーズを読んで、
ああ、あの歌だって分かった方は
きっと僕と同じ世代!

そう、Jim Photogloの
fool in love with youです。

この歌の歌詞は・・・
彼女と別れたよ。
ちょっと悔しい・・・
でも、まあ、いいんだ・・・っていう
失恋の歌なんですけど、
サバサバしたメロディーで大好きな曲。

ここに、Youtubeのリンクを貼っておきますね。


JIM PHOTOGLO
FOOL IN LOVE WITH YOU


いや、自分は所謂AORが好きで、
マイケル・マクドナルドや
デビット・フォスター、
ロビー・デュプリーなんかも大好き。

ここんとこ、
AppleMusicでいろんな曲の再発見があって
楽しいんです。

同系統の歌手に
JDサウザーがいます。

いや、あの退かぬ、媚びぬ、省みぬ!の
聖帝サウザー様ではないですよ(笑)

AppleMusicを検索していて
JDサウザーがセルフカバーとイーグルスをカバーしたアルバムを出していたなんて知らなかった!

そして、JDサウザーを聴いていて、
このI'm just a fool in love with youのメロディが
頭に浮かんできたわけ。

誰だったけ?
歌っていたのは・・・。

早速、検索すると出てきました!
そう、Jim Photogloだったんです。
懐かしい!とてもうれしかった。
思わず口ずさんでしまう。懐かしい曲。

今日は朝からスカイラインの中で
この曲を聴いて仕事に行きます!

2015年8月20日 (木)

110マイル(約180㎞)の新型バッテリー オプション?!

リーフの2016年モデルが2タイプのバッテリーが用意されるとのニュースが配信されましたね。

ソースはいつものAutoBlogGreenさん



ディーラー発みたいですが、信憑性は高いと思われますよね。
従来のEPA走行可能距離84マイル程度のバッテリー

オプションとして25%増量された
110マイル(約180㎞)程度のバッテリー
と2タイプだとなっています。

オプションの価格って
多少価格が上がっても、
自分なら増量タイプを選びたいな。

しかし、今やプリウスとそう変わらなくなってきたリーフの価格。
新しいプリウスが登場する際には
一応、比較の対象となるべく、
今回のオプションは必須でしょう。

日産自動車も値付けをどうするか、
悩ましいところでしょうね。

自動ブレーキも装備されてくるでしょうし、
やっぱり、今は「待ち」かな。

2015年8月19日 (水)

安全に走る V37スカイライン

お盆休み、皆さんはどうお過ごしでしたか?
自分のとこは、カミさんは仕事(ありがとうございますm(_ _)m)。
子どもたちは何らかの「夏の思い出」が欲しい様子。
そこで、V37スカイライン・ハイブリッドで
ちょっと遠出の釣りに出かけました。

高速道路を走っていったのですが、
ちょうど前日、リーフで走った道だったので
両者の違いがよくわかるドライブでした。

今日は安全に走るという運転支援システムの観点から。

最近、マスコミの報道を見ていて、
芸能人の方が起こした交通事故について
記事や論評が目立ちますよね。
飲酒運転なんかはもってのほかですが、
交通事故に対する制裁は
より厳しい目があると思っています。
人身事故に対する懲戒処分が定められている職場もあると思います。

そんな場合、このスカイラインのような
運転支援システムは大きな安心感を与えてくれます。

前方、左右斜め後方、後方と
運転を支援するシステムですが、自分は非常に助かっています。

前方はJNCAPのテストの動画を見ると
わかるように高い速度でもビシッと止まります。
撮影している皆さんの感心する声が小さくですが、
入っていますよね。

走行中も自分がそろそろブレーキって
判断するのと同じくらいで
ググッとブレーキがかかります。
「ありがと!」

1台前の動きも見てくれていて
特に左右に曲がっていく前方車にも
よく反応してくれます。
追突を防ぐという意思を強く感じます。

左右の斜め後方は
片側2車線以上の道で
視界の良くない夜間や雨中に高い効果を発揮します。
高速道路ではステアリングをグッと押し戻す力も働きます。

後方は左右から動いてくる人や自転車、クルマに
ピッ!という警告音とカメラで鋭く反応します。
コンビニなどからバックで出るとき
ありがたいですね!

あとは、もらい事故にどう対処するか。
どのように防ぐかになってきますが、
これは昨日も書いたように
クルマ自体のテレマティクスで
お互いが通信し合うクルマ同士の意思疎通が必要かも知れません。

クルマを運転するということは非常に気を使います。
皆さんも同じですよね。
このような高い安全装備が
できるだけ安価に
かつ
口コミで広がっていくことを願います。

最後に国沢師匠の過去記事を・・・

日産、事故を起こさない技術の普及を開始

無人カーが走る街

各国が開発を進めている自動(自律)運転カー。
この開発を推進するための大きなポイントは、
無人カーが安心して走れる「環境の整備」です。
一般道をテストするには、あまりにもキケン。

そこで、どうしますか?

そう、街を作っちゃえばいいんです。
自動運転カー開発のための街を!

こんな記事がありましたね。
ソースはギズモード。
こちら

ロボットカーをテストするための偽物の街「Mcity」

どのメーカーもこういった環境が欲しいわけですから
共同で出資しているようですね。
記事によると・・・
・・・日産、トヨタ、フォード、GM、State Farm、Verizon、ゼロックスなどの大手企業が何百万ドルも出資してこの街を生み出し・・・
とあります。

そして、自動運転カーのポイントは
クルマ同士が通信し合うということです。
つまり、私たちの阿吽の呼吸をクルマ同士で行うことです。
これは、事故対策やスムーズな流れの極めて大切なポイントだといいます。

そこで、記事には次のように紹介されていますね。
・・・ここでは自動運転車だけでなく、車と車がコミュニケーションをとれる連携システムもテストされています・・・

今、運転支援システムが現時点ではかなりしっかりしている
V37スカイラインに乗っていますが、
自分はいいんです。
しっかりとブレーキがかかったり、
ステアリングに力が働いて、とても安心。
でも、相手が突っ込んできたら、どうしようもありません。

これはクルマ同士が通信して、
自動でステアリングを切ったり、
ブレーキをかけたり・・・
そう、自動運転カー同士が
「譲り合う」という場面が必要になるわけです。

この街でプログラミングされたチップを埋め込んだ
クルマがもうやがて登場するでしょう。

高齢者マークになった自分は
きっと乗ることが出来るように思います。

2015年8月18日 (火)

チーム国沢 ドイツに集結!

国沢師匠のミライ・ラリーがドイツに到着。
さらに、国沢師匠がドイツ入り。
ドイツでのミライの様子をWebにアップしてくださっています。

こちらのヤフーの記事ですね。

今週ミライがWRCデビュー!

現地のクルマ好きも興味津々丸!
そりゃ、そうでしょ。
あのミライのスタイル、お顔!
エアインテークがダミーでもそのインパクトは大ですもん。
それに、水素の充填のために
移動式の水素充電車も登場するという
こっちにも自分は興味津々です。

さて、ラリーでオフィシャルカーをつとめるという
檜舞台にスタッフは欠かせません。

昨日、夕方、
シビれる腕前、
和製マイケル・マクドナルド(私が勝手に呼んでいる)、
サンコーワークスの喜多見さんが、
これまた凄腕かつ超タフな伊藤さんとともに
ドイツに向かって出発!

喜多見さんのFacebookはこちらです。

いよいよチーム国沢がドイツを舞台に
その存在を示してくれます。

師匠や喜多見さんから現地の様子が
Webにアップされると思います。

きっといろんなことがあるでしょう。

でも、いつもチーム国沢はあったかくて、楽しい!
皆さんのご活躍を楽しみにしています。

2015年8月17日 (月)

イギリス、なかなかやるな!

電気自動車にとって、ネックの1つとして
充電時間がかかるということがあります。

今年もお盆にカミさんの実家に帰省する際に
リーフで高速道路を移動。
九州自動車道の主なSAの急速充電器は
ほぼ空いていて、充電は思ったように出来ました。
ただ、やっぱり時間がかかる。
15〜30分近くと幅はあるものの
もしも30分近く充電する・・・という時間は、
トイレを済ませて、
ちょっと売店にでも寄って、
・・・でも余るので、
リーフの中で
エアコン効かせて、テレビを見ている・・・
そんな感じなんですよね。

それを解消すべくイギリスは動いています。

こちらのニュース

走るだけで電気自動車を充電!夢の道路計画をイギリス政府が発表2015.8.16


非接触充電の研究が進んでいますが、
国家をあげてプロジェクトを立ち上げ、
その技術を輸出しようと考えているってのが
やるな!って思った次第です。

イギリスも日本と同じく、
過去のパックスブリタニカの栄光と
由緒正しき王室と
伝統あるブランドと
ま、軍隊もありますが・・・
資源に乏しいってことでは
(北海油田はありますが)
同じような国です。

日本の日立が
イギリスに高速鉄道を売り込んだように
イギリスも最先端技術を開発して
世界に売り込む。
PHEVが今後の主流になるという欧州で
その次であるEVに目を付けているんですね。

PHEVが謳歌している間に
次世代の準備をしておこうというわけですが、
こういったプロジェクトも興味深いです。

燃料電池電気自動車を欧州に持ち込む日本とトヨタ。
EVの次世代充電システムの開発を急ぐイギリス。

結構、バチバチと火花を散らしていますよね。

2015年8月16日 (日)

その後・・・日産リーフとAppleMusicの相性は?!

先日書いたAppleMusicとリーフとの相性問題。
よく見ていると
プレイリストをうまく使える時と
そうでない時があることに気が付きました。

うーん。
AppleMusicで今まで知らなかった曲や
プレイリストに出会って
自分のiPhone6+にダウンロード・・・
オフラインで再生可能にする・・・にしていると
結構負荷が大きいようで
iPhone6+が発熱したり、動作がおかしくなることもあったんです。

いつものことで修正プログラムが出るまで待つか・・・

そうしたら、来ました!
一昨日!
iOSの8.4.1が!

Fullsizerender37

どんな内容かと言いますと・・・

Fullsizerender38

再生可能な曲や、アルバムアートワークの問題が
修正されています。

これでリーフでもスカイラインでも
お気に入りの音楽を家族で楽しむことが出来ます!

AppleMusicはとりあえず、3ヶ月間のお試しにしていますが
なかなか便利でして、はまっちゃいそう(^^;)

2015年8月15日 (土)

徳大寺さんを偲ぶ 初代ソアラとJマーク そして、ミライ

拝啓

徳大寺有恒 様

貴方のお弟子さんであり、
私にとっての師匠である国沢さんが
WRCドイツにおいてオフィシャルカーとなった
ご自身のミライを走らせます。

日本の燃料電池電気自動車が
欧州のクルマ好きを喜ばせ、
そして、うならせるはずです。

そんな国沢さんの姿から
自分はかつて徳大寺さんがお書きになった記事を
思い出しておりました。

徳大寺さん・・・
貴方は
ミライと同じメーカーであるトヨタ自動車が
かつて発売した初代ソアラでヨーロッパ、
アウトバーンを走ってくださいました。
ソアラのリアにJマークをつけて。

Jマークをつけたソアラは
貴方のドライブでアウトバーンを
悠々と疾走したと・・・!

貴方の文章を読みながら、とても誇らしく思いました。

その欧州に貴方のお弟子さんが
同じトヨタが世界に先駆けて量産している
燃料電池電気自動車である「ミライ」を
WRCで走らせます。

このミライには
あのJマークはついてないかもしれませんが、
欧州のクルマ好きは、きっと・・・
驚異と好奇心いっぱいの眼差しで迎えることでしょう。

この国沢さんの挑戦を
あなたはどのように評価されるのでしょう。
きっとパイプをふかしながら、
ニッコリ笑って温かく見守られるのでしょう。

今、ベストカーを読めば
貴方に会うことが出来ます。
とてもうれしいひとときです。

お盆。
自分も先祖を偲びながら、
徳大寺さんのことを思い出しています。

まだまだ貴方の言葉を聞きたかったな。

                敬具

平成27年8月15日

歴代のソアラについてはこちらを
2005年絶版となった名車!トヨタ ソアラの歩み!

2015年8月14日 (金)

WRCドイツ、国沢ミライが疾る! ミライを通して、何を伝えるか

欧州のモータースポーツ
WRCラリーのオフィシャルカーとして
国沢師匠のミライが走ります!

きっと
欧州のクルマ好きっ子もきっと大喜び!

日本でもまだ多くの人が見ていない
プライベーターのミライ・ラリー。

トヨタ自動車・・・
欧州でもかつての活躍を覚えている方はおおいはず。
そのトヨタの燃料電池電気自動車のラリーカー!
クルマそのものへの感心もさることながら、
このプライベーターってところに
大きな意味があると思っています。
例えば・・・
・クルマ好きの大きな興味関心をひくでしょう。
・ラリーカーへの仕立て、その方法や技術
・メカニック担当、ドライバー、
 そう、「人」そのものへの感心も!
などです。

大切なことは
このミライ・ラリーを通して、
国沢師匠が何を伝えるのかということ。

もちろん、日本を伝えてくださるでしょう。
そして、次世代のクルマ社会を提案されるでしょう。
クルマ大好き!
次世代のラリー界も展望することにもなりますね。

ラリープラスの記事はこちら

WRCドイツでトヨタ・ミライがオフィシャルカーに


師匠の記事はこちら

ラリープラスで紹介して頂きました

いよいよ国沢師匠はドイツへ出発です。
もうミライは船の旅をしていることでしょう。
がんばってきてください!
とてもとても楽しみにしております。

2015年8月13日 (木)

人生のテーマ 「つながる もやい くびる」

お盆になりました。
時の経つのは早いものですよね。
もう8月も半ば。
暑い、暑いと言っているうちに秋の気配ももうすぐでしょう。

さて、今日はちょっと違ったブログにします。

今年と言いますか、
ここ数年の自分の生きるテーマは
「つながる」です。
大げさな!なんて、ま、笑ってくださいな。

こんなこともテーマにしています。
「つなぎ、つなげ、つながる」

つながるのは、「人」はもちろん
「もの」や「こと」が一体となることです。

「もやい」・・・もやい結びという船の結び方があります。
「もやい」って「舫い」って書きます。
でも、「もやい」には別の意味があって、
「共に、一緒にことをなす」というもの。

「もやい」でつながるとそのつながりは
より素晴らしいものとなりますよね。

最後に、「くびる」
これは、熊本弁で「結ぶ」という意味です。
どんな使い方かと言いますと・・・

Aさん「こん新聞紙はどがんしよか?」
(この新聞紙はどうしようか?)
Bさん「そら、他ん新聞紙と、くびっとくたい!」
(それは、ほかの新聞紙と結んでおくといいよ)

こんな感じでしょうか。
つながるために、つなげるために、「くびる」のです。

先の読めない時代。
ネットで情報が瞬時に拡散します。
マスコミさえも追いつけない。
マスコミの色と言いますか、
良し悪しもありますが、
各社の意図的なバイアスを通過する前に
情報は各人のバイアスを経て、拡散していきます。

そんな情報を吟味するチカラが必要な時代。

吟味するのは一人では出来ません。
多様な目が必要です。
そのためにも、「人」「もの」「こと」が
つながることが極めて重要です。

みんなと一緒に「もやい」で「くびって」、
つながることでよりよき時代にしていきたいのです。

サイト内検索



  • WWW を検索
    このサイト内 を検索