« 2014年11月 | メイン | 2015年1月 »

2014年12月

2014年12月31日 (水)

良いお年をお迎えください。

12月31日を迎えました。
大晦日です。

九州自動車道の
広川SA、北熊本SAに急速充電器が
設置されて、
福岡〜熊本間のEVによる移動が
とても便利になりました。
これで安心してアクセルを踏むことができます。

すると、早速
この2つのSAで充電しながら
福岡〜熊本間をEVで利用された方から
コメント欄に書き込みがありました。
改めて紹介させていただきます。

〜12月27日 福岡に行く途中、北熊本SAと広川SAで充電できました〜

原田さん、ありがとうございました。
こうやってEVの旅をされた方がいらっしゃって、
このように情報を共有することができます。
これは、九州の福岡や熊本のEVユーザーばかりでなく、
九州をEVで旅したいと思っておらえる
全国の方々に貴重な情報となります。

やっぱり、きつきつのスケジュールよりも
ゆとりのあるスケジュールのほうが
EVには合いますよね。

自分はなかなか時間が取れず、
EVでの旅はしばらく無理かもしれませんが、
そうできる日のことを考えながら
楽しく情報発信ができること、
ありがたく思っています。

昨日は天気も良く、プリウスαを洗車。

リーフはと言いますと・・・
カミさんが今日まで仕事なので
28日(日)に洗車しました。

洗車しながら、両車を比較すると
改めて、
リーフの造形が凝っていることがわかります。

洗車の容易さから言えば、
断然、プリウスαです。
ボンネット、
サイドのドア、
リアのハッチドアと
平板でスイスイと洗い、拭き上げができます。

プリウスαはプリウス同様、
直線的なラインでとてもシンプルかつ
カッコイイものがあります。

リーフはそうはいきません。
それぞれが巧みにカーブを描き、
非常に複雑なラインが絡み合っています。
ちょっと手間がかかるデザイン。

しかし、
それがかえって、凄いデザインなんだなって
唸らせるものとなります。

リーフは今や自分たちの生活に馴染んでいます。
エコカーの運転の仕方も身についてきました。
日産の渾身の1台である、EVリーフ。
改めて、エコな運転と楽しい運転を伝えてくれます。
それが、自分のスタンダードとなって、
プリウスαを始め、さまざまなクルマを見つめています。

来年はどんなクルマが私達を楽しませてくれるでしょうか?
国沢師匠に教わりながら、
皆さんと見つめていきたいと思います。

皆様、
どうか、来年もよろしくお願いします。
そして、良いお年をお迎えください。

2014年12月30日 (火)

e-NV200の実用テスト?

リーフと同じパワーユニットを搭載した
EVワゴンの日産e-NV200。

こちらが日産のサイト
写真は日産のサイトより

20141229_215438




日産自動車では当初から
基本的に配達などの営業車としての
使用方法をアナウンスしていますよね。

でも、どんな走りをするのか?
そして、航続距離はどうなのか?
マイカーとしての実用はどうか?
などなど
関心をよせる方もいらっしゃると思います。

キャンプなどアウトドアが好きな人は
こいつを仲間と一緒に持ち出したいですよね。

国沢師匠が
タイラリーの祝勝会と忘年会を兼ねて
千葉のネオチューン魔術師で
自分と同級生の喜多見さんを尋ねる足として
e-NV200を使い、
短いながらもレポートしてくださっています。

こちら

エアアジア機、行方不明(12月28日)

なるほど!

だいたい100キロ程度なんですね。
なんとなく、わかります。
それぐらいだろうなって。

結論は
ロングドライブはオススメしない。
配送用途がピッタリ!
とのこと。

いつものレスポンスさんにも
こんな記事が出ていましたよね。

DHLジャパン、集配車両に日産のEV「e-NV200」を導入…丸ノ内周辺の業務に活用


DHLは長くテストで使っていますし、
日本郵便も使うみたいですね。

でも、各地にできてきた急速充電を使って
EVの旅をするという方もいらっしゃるでしょう!
それはそれでご本人納得の使い方なので
楽しんでしまえば、その人次第。

EVの幅を広げるリーダーとなって、
僕達EVユーザーを
もっと元気にしてくれるだろうな・・・
って、勝手に期待してしまってm(__)m

2014年12月29日 (月)

リッター100円の衝撃

原油価格が下がっています。
1バレルあたり55ドルを切っています。
こんな様子なので、
日本国内のガソリン等の価格の下落中です。
けっこうな勢いですよね。

財経新聞の記事はこちら

NY原油:続落で54.73ドル、米在庫増で売り先行となり55ドル割れ

やはり、相場を反映するわけです。
人ってわがままっすよね。
上がっている時は妙に速度が速く感じますが、
下がるときも同じです。

ガソリンスタンドで見ると
レギュラーが130円
ハイオクが140円
そして、
軽油は104円程度になっていますよ!
お兄さん!

これは、
中東とアメリカの石油戦争

内燃機関のクルマを走らせて
電気自動車の普及を妨げようという陰謀が
あるんでしょうか。

だって、ディーゼルリッター100円すよ!
100円!

このぽっきり価格のインパクトというか
メッセージ性は大きいですよ。

わかりやすいって、とっても大事。
奥様方の間でも
「ディーゼルってリッター100円よ!ひゃくえん!」
って会話になりますよね。
で、
「こないだディーゼルのクルマだって
デミオってクルマを見てきたのよ!」
なんて、会話が生まれるかもしれません。

ハイブリッドよりも多少燃費は悪くても
実際に財布から出て行くお金が
ポッキリ価格だと
なんとなく得した気分も生まれるでしょう。

こりゃ、
マツダは来年はもっと行きますよね。

ちなみに、
一昨日はプリウスαのオイル交換で
マツダに行ったわけですが、
交換サイクルは
今回、7000キロでやってみました。
プリウスαの場合、エンジンルーム内には
15000キロでオイル交換って
明記されていますが、その半分。

それでもエンジンがスムーズに回っている
様子が伝わってきます。
当然、燃費は向上します。
エンジンのあるクルマって、
オイルは命だなって思った次第です。

2014年12月28日 (日)

見てきました!新型CX-5!

昨日、プリウスαのオイル交換に
マツダのディーラーに行ってきました。

え?プリウスαなのになんで?

それは・・・
CX-5のオイルチケットが残っているんです。
それが、使えるとのこと。
また、アクセラのハイブリッドも売ってますし、
基本は同じですよね。
それで、安心して任せられると判断。
ディーラーもその点、わかっているみたいで
プリウスαでも大歓迎でした。

さて、そこにガンメタの新型CX-5が
届いていました。
ドアはロックされていました。
閉店近くの時間でしたので、
無理は言わず、廻りを眺めてみました。
グレードは、Lパケでしたよ。

何枚か写真を・・・

その1 フロントから

Img_2125

いやあ、かっこよろし!
グリルもOK!

向こう側にマイチェン前の白が
おいてあります。
大幅値引きになるんだろうなあ。
こっちも気になりました。

その2 MRCC

Img_2132

フロントエンブレムが
のっぺりしています。
それもカッコイイっす。
また、拭き掃除も楽ですねぇ。

その3 ホイール

Img_2128

19インチです。
これもまた、渋い!かっこいい!
やっぱり、マツダの今のラインアップは
総じて太径のホイールが似合います。

その4 ホーン

Img_2133

ダブルホーンになっています。
きっとよい音で鳴るのでしょう。
マイチェン前のシングルも
そんなに悪い音ではないのですが、
やっぱ、ダブルにしたいですよね。

今のプリウスαもダブルです。

その5 リア

Img_2127
リアライトは
今のクルマのデザインのトレンドで
フロントライトと
対になるようになっています。
そして、エンブレムには「D」が
ついています。

外から見た限り、
内装もいいですよね。

試乗させてもらうこと
楽しみですね。みなさん!

2014年12月27日 (土)

リーフもやってくれないかな・・・アップグレード

昨日、イーロン・マスク氏に
まつわる話をしましたが
本日もまたテスラネタです。

テスラが
まずリリースした
EVスポーツ「ロードスター」の
アップグレードを発表していますね。

ソースはレスポンスさんのこちら

テスラのEVスポーツ「ロードスター」、アップグレードを予告


なのですが、
記事の最後にこう書かれています。
以下、紹介した記事より
・・・「今回、イーロン・マスクCEOは、ロードスターの既存オーナーに対して、アップグレードを発表することを明かした。その内容は、現時点では公表されていないが、同CEOは、「いくつかの危機的問題の改善を最重視」とコメントしている。」・・・

いくつかの危機的問題の改善・・・って
何なのでしょう。
イーロン・マスク氏の発言なので
気になりますね。

バッテリーでしょうか・・・たぶん。

こうなってくると
リーフはどうなるんでしょう。

たくさんのアンケートに答え、
膨大なデータを寄せた私達ですが、
そろそろ500円分のカードではなく、
リーフの本格的な
アップグレードをしてくれないかな?

既存ユーザを大切にして、
新しく開拓もする・・・。

そんな姿勢を日産はもっていると思いたいです。

2014年12月26日 (金)

テスラ:6000円でフルチャージバッテリーと交換とな?!

ジョブズの後を継ぐ男として
脚光を浴びているイーロン・マスク氏!

タニマチじゃないけど
彼自身に投資している人もいるんだろうなあ。

そのテスラ、イーロン・マスク氏が
テスラのバッテリー交換システムを
スタートさせるというニュースが
AutoBlogさんに掲載されましたね。

もともとテスラは
スーパーチャージャーを発表し、
その充電器を使えば、
容量たっぷりのあのバッテリーを
30分で、しかも無料で急速充電します。

今回は交換ステーションに行けば、
フルチャージしたバッテリーと
約6000円で交換してくれるサービスです。

マスク氏によれば、
交換には数分しかかからないようで
「無償を取るか、スピードを取るか」
という話。

テスラで交換ステーションに乗り付け、
6000円程度を支払って、
交換するわけですね。

もし本当に数分なら
ガソリンスタンドでも給油するのも
そう変わらないことになります。

ロスとサンフランシスコで始まるという
このサービス。
リーフにゃできない芸当なんでしょうね。
しくしく。

数年後を考えて、
お金をためて、テスラ3あたりを狙いましょうか!
ねっ、皆さん。

AutoBlogさんの記事はこちらです。

テスラ、待望のバッテリー交換ステーションの試験営業をカリフォルニアで開始!

2014年12月25日 (木)

毎月1500円UPか、1分50円か・・・悩ましい

皆さんはクリスマス、いかがですか?

さっきまでサンタさんのお手伝いをして、
プレゼントを渡したり、
いろいろと子どもたちにサービスしたので、
とても眠いです(^O^)/

さて、
九州自動車道でも
いよいよ主要なSAやPAで
急速充電サービスが始まります!

NEXCO西日本のアナウンスはこちら

電気自動車急速充電設備のサービス開始について
― 次世代自動車充電インフラ整備事業 ―


このブログでもお伝えしてきた
北熊本SAの下り線は
サービスエリアに入って、
左手のガソリンスタンドを過ぎて
すぐのところに設置してあります。

日産のZESPの毎月3000円の
スタンダード会員なら即充電OKですし、
ビジターとして
ジャパンチャージネットワークより
クレジットカード決済のパスワードを
もらえば、充電可能です。

このビジターは
最初の5分が250円。
そして、1分ごとに50円が課金されます。
つまり、10分で500円です。

これって、びみょー^^;

職場のリーフ仲間といろいろと話しました。
同僚は高速道路を使って通勤しています。
ですから、1500円から3000円にするか、
とても悩ましいと。

自分は今のところ、
カミさんが毎日10㎞ちょっとの
通勤ですから、あんまり関係ない。
スタンダートプランにするメリットが
ないんです。

この料金について
リーフ乗りの仲間としばし談義。

話したことは・・・

今、コンビニ等に設置してある充電器の
料金を考えると・・・
30分500円の方がお得です。
だって、
残量ギリギリで充電開始したら、
80%までの充電に20分間弱はかかりますよね。

ビジターで20分なら、1000円にもなります。

これならスタンダードに入会したほうが
いいかも?って思います。

ジャパンチャージネットワークの
ビジター料金についてはこちら

同僚と話してみても、
なかなか結論が出ません。
もし入ったら、ガンガン利用しないと
もったいないよねって話すのですが。

さてさて、どうしたものか・・・。

それから
ジャパンチャージネットワークで
クレジットカード決済のパスワードを得る場合
その手の情報の管理には
くれぐれもご用心くださいね。

2014年12月24日 (水)

前政権の円高政策がやっと消えつつある

安倍政権になって
円安誘導が進んでいます。

ここにきて、
やっと自動車産業を始め
多くの製造業が日本に戻ってきています。

思い返せば、
前政権では某政党が円高を進めていきました。
「日本の産業の構造改革」という
名のもとに
円高を進め、隣国と手を組み、
製造業の海外移転を促していきました。

なんとなく、そうなることが
日本の新しい道だとミスリードしていったのに
みんなが信じちゃった。

気が付くと・・・
期待された新しい業種は遅々として生まれず、
産業空洞化が顕著になり
仕事がなくなり、
デフレが進み、
モノは安くなるものの
給与は下がり続け、
生活は苦しくなる一方でした。

ところが・・・
自分もベトナムで仕事していた頃
次第に出てきた動きですが、
現地の人々は待遇面の改善を求めるようになっていました。

あれから、やがて10年近く
今や中国の沿岸部等の大都市の
ホワイトカラーの給与は日本と大差なくなっています。

東南アジアもだんだんと待遇の改善が進み、
人件費が高騰し、
大きなメリットが少なくなってきています。

そんな時に、
現政権は日銀とともに
円安へと大幅に舵を切りました。

その成果がやっと出てきたのです。

次第にかつて海外に出て行った
製造業が日本に戻りつつあります。

熊本でも本田技研工業が
大津工場をアジアのオートバイ生産の
拠点に戻すべく、動き始めました。

ヤフーにもこんな記事が!

円安で車輸出増加=部品調達も国内回帰―池自工会会長

某政党による前政権の間違った方向付けが
やっと元に戻ろうとしています。

2014年12月23日 (火)

肩に力が入ります

GoProが切り拓いた
アクションカメラの効果って
凄いですよね。
この臨場感!
うまいことプロを取り込んで
今やこの手のカメラの代名詞になりました。

国沢師匠がこのGoProを使ってらっしゃるか
確かめていませんが、
国沢師匠が優勝された
タイラリーのストレートコースの
動画がご自身のテロップ付きで
アップされています。

こちら

超高速ターマック kunisawa.net

写真はその動画より

20141222_224210

まあ、凄いのなんの。
道の両端に樹木が生い茂るストレートを
インプは師匠とコドラの木原さんとともに
前回200㎞近くでぶっ飛ばしていきます。

見ているこっちが
みるみるうちに画面に引き込まれて
ドキドキしてきます。

自分だったらどうするかな〜って
思いながら、画面を確かめています。
で、失礼ながら
コドラの木原さんと心中するような気持ちになってきます。
木原さん、ごめんなさい。

まあ、師匠の度胸のあることよ!

一緒に見ていた息子たちが
「はえええええ!」
「国沢さん、怖くないのかなぁ」
って、画面にかぶりつくように見ています。

自分と同じくドキドキしてきたと!

自分は
きっと来年の春に国沢さんは
また、唐津に来てくださるから
お会いした時に尋ねてみるといいよ。
息子たちは「ぜひ質問してみたい!」と
話していました。

彼らもこのクルマ馬鹿おやじのように
クルマ馬鹿になるのかなぁ?^^;

2014年12月22日 (月)

新しい時代への扉・EV と 熊西オートさん

EVフェスティバル九州inくまもと
今年は台風の接近で中止となってしまいました。
このEVフェスティバル九州inくまもと・・・
今年で12回を数えるEVの祭典ですが、
この主催者は熊本市西区にある
「熊西(ゆうせい)オート」の
上田さんご夫妻です。

熊西オートさんを紹介するページはこちら

「熊西オート」さんは
上田さんの実直なお人柄と確かな腕
そして、明るく美しい奥様が
魅力の熊本港近くの自動車の販売兼整備工場です。

そのお二人の思いと
熊本のEV社会への民間の取り組みの様子が
地元の崇城大学の協力で
RKK熊本放送の作成する番組となりました。

昨日、12月21日午後3時から放送され、
自分も視聴しました。
番組のタイトルは、
「新しい時代への扉・EV A NEW PATH TO THE FUTURE-」。

EVの可能性を見出し、
それまで九州にはなかった
「エコ電カーによるレース」を
やらねば、次世代のものづくりを進める
人材が育たない!いや、育てたい!
という思いでスタートされました。

番組内で上田さんご夫妻が
これまでの苦労やこれからの期待を
じっくりと語っておられます。

番組内で上田さんがおっしゃいます。

数年前の自動車誌等を見ると
EVの夢の様な社会が語られていたが
まだまだそうではない・・・

震災という大きな出来事がありましたし、
EVの社会は一気に変化するわけではありません。
しかし、徐々に変化していっていると思います。
それはインフラの整備とともに
多くの人々が
一般的な交通手段として認める社会が
生まれつつあるからです。

クルマといえば、
燃料はガソリンスタンドで給油するもの!
という概念は
現在のクルマが登場し、
一般に普及していきながら生まれたものです。

それが、充電するもの!と変化させていくには
もう少し時間がかかるかと思います。

2年後・・・リーフがフルモデルチェンジをし、
航続可能距離が今の倍以上になる頃が
一気に広がっていく「扉」が開かれると思っています。

熊西オートの上田さん!
たいしたことはできませんが、
これからも応援しています!
みなさんもよろしくお願いします。

サイト内検索



  • WWW を検索
    このサイト内 を検索