« 藤本一精さんと親子でダンス! | メイン | じわじわとVOLTが動いている(^O^)/ »

2014年11月22日 (土)

タカタの問題を憂う

タカタのエアバッグ・・・
アメリカの公聴会での謝罪が
NHKなどのニュースで流れましたね。

自分には
モリゾウ社長が出席された姿と
ダブって見え、つらかったです。

リコールを認めないのか!
と民主党の議員に迫られて、
スッキリとした答えが出せないもどかしさを
自分も感じましたし、
このブログをお読みの方も
感じられたことでしょう。

そして、被害を受けた方に
心からお見舞い申し上げると共に
その訴えを見るに
善と悪の構図が出来上がっていました。

ケガばかりではなく、
飛び散ったパーツで
命を落とした方もいらっしゃいます。

なぜ破裂するのか・・・
その原因がはっきりしない・・・

だから、
公聴会でもはっきり言えない・・・
それはよくわかります。

でも、この現代の情報社会の
世の中の流れは
タカタの立場で待ってはくれないのです。

以前流れていたレスポンスさんのニュースを
もう一度ここでまとめてみますと・・・

トヨタ
【リコール】トヨタ カローラ など20車種64万8000台、エアバッグ不具合で出火のおそれ


トヨタ自動車は6月11日、『カローラ』などの助手席エアバッグに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのは、『カローラ』『カローラランクス』『アレックス』『カローラフィールダー』『アルファードG』『アルファードV』『イプサム』『オーパ』『ガイア』『ソアラ』『ノア』『ヴォクシー』『ブレビス』『プロボックス』『サクシード』『マークII』『ヴェロッサ』『マークIIブリット』『WiLLサイファ』『WiLL VS』の20車種で、2000年12月4日~2004年4月19日に製造された計64万8081台。

ホンダ
【リコール】ホンダ 初代フィット など64万8000台、助手席エアバッグに不具合


ホンダは6月23日、『フィット』などのエアバッグに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのは、『フィット』『ストリーム』『シビックフェリオ』『シビック ハイブリッド』『CR-V』『モビリオ』『モビリオスパイク』『ザッツ』『アコード』『アコードワゴン』の10車種で、2000年8月2日~2005年12月21日に製造された約64万8282台。


日産自動車
【リコール】日産 キャラバンなど12万8000台、エアバッグに不具合


日産自動車は6月23日、『キューブ』などのエアバッグ装置(インフレータ)に不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのは日産『キューブ』『エクストレイル』『リバティ』『ブルーバード シルフィ』『セフィーロ』『ティアナ』『キャラバン』『サファリ』『ダットサン』、いすゞ『コモ』の10車種で、2001年4月27日~2003年4月22日に製造された12万8130台。

マツダ
【リコール】マツダ 初代アテンザなど、エアバッグ装置に不具合…出火や負傷のおそれ


マツダは6月23日、初代『アテンザ』などのエアバッグ装置(インフレータ)に不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのはマツダ『アテンザ』『RX-8』の2車種で、2002年4月4日~2003年6月27日に製造された1万1832台。

もうリコールを受けた方が多くいらっしゃることでしょう。

この事件をタカタ存亡の危機と
伝えるところもありますが、
たしかに厳しい事態です。
国沢師匠も指摘されているように
なるべく早急に対処しないと
傷口はますます広がり、
取り返しの付かないことになりかねません。

タカタの英断に期待します。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/535253/33061289

タカタの問題を憂うを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

サイト内検索



  • WWW を検索
    このサイト内 を検索