« CX-3 マツダデザインの引き出しはまだまだ「夢」でいっぱいだ! | メイン | タカタの問題を憂う »

2014年11月21日 (金)

藤本一精さんと親子でダンス!

皆さんはリズムを取る時
ダウンですか?アップですか?
いきなりですみません。

先日、末っ子と
くまもと子育てトークに行ってきました。

講演は郷土の誇るタレント兼ダンサーの
藤本一精さん!

RKK熊本の夕方いちばんという
番組で月曜日にレギュラー。
ローカルではご存知!!の方が多いですね。
決め台詞は
「街角ゲッチュー!」
「めちゃめちゃおいしー!」
「てんさい!」
などなど、まあ、多彩なツッコミで
楽しい時間を創ってくださいます。

一精さんは同級生。
自分が大学生の頃、いち早くNYの
ヒップホップダンスを取り入れて
地元でブレイク。
ローカルながら活躍中の方です。
くまモン体操の生みの親でもあります。

そんな一精さんも子育て中!
中学生の息子さんもダンスで
大活躍中で、今後が楽しみです。

さて、その一精さんは
褒めて伸ばす、調子に乗せることを軸とした
子育てをについて話をしてくださいました。

(実は僕ら親子は上の子の授業参観で
ちょっと遅れてしまい・・・一精さんには「遅れます。すみません。」と
連絡差し上げました・・・(^_^;))

講演の後、分科会となり
もちろん一精さんの
「親子でヒップホップ」に参加しました。

こちらの写真

これは講演会の様子です。

Img_2314

これは、親子でヒップホップの様子

Img_2320

まあ、一精さんとスタッフの女性のおかげで
みんな親子で楽しくダンスが学べました。

足の動き、ぐー・ちょき・ぱーから
ケンケンパー・・・と
カウントを取りながら、
だんだんと踊りが増えていきます。

一精さんは
「頭を使っているでしょ?
体ばっかりじゃないから面白い!」って
みんなに話しかけながら・・・

途中休憩で
息子はサインをいただき
いろいろとおしゃべりさせていただきました。

福岡RKBのお仕事も多く
福岡と熊本を行ったり来たりする日々。
お疲れ様です!
疲れた顔を微塵も見せず!
さすが、プロです!

ダンスについて
とっても印象に残ったことを紹介します。

皆さん、体でリズムを取る時
どうやってカウントしてますか?
ワン・ツー・・・と体を下に動かしていますよね。
ダウン・カウントなのですが、
一精さんは・・・
「日本人はそうやってカウントする。」
「学校でもそうやって教えている。」
「幼稚園や保育園でもそうだよね!」って。

でも、それでは足が動かない
もしくは動かしにくい!って。

自分も前に引っ張りだして
はい、ダウンカウント!って
例を示させていただいたんですが
ワン・ツー・スリー・フォー・・・って
下にカウントしていると
はい!足を前にだして歩いて!って言われても
ギクシャクした動きになってしまいます!

そこで、アップ・カウント!
ワン・ツー・スリー・フォー・・・の
間のカウントで体を下げるんです。
そうなると
ワン・ツー・スリー・フォー・・・で
通常下に体が下がらずに上がっていますよね。

これだと、
ほら、自然と体が動きやすくて
歩くことも簡単です!

一精さんは
「これでみんなアメリカ人!」
なんて、笑わせてくださいましたが、
たしかにこのカウントが
ヒップホップの基本ですよね。

他にもお手本を見せてくださったり、
複雑な足の動きや
スピードの速いヒップホップよりも
スローダンスのほうが難しいと
説明してくださいました。

ありがとう!藤本一精さん。

いろんな方に最後まで笑顔を忘れずに
子育てトークを締めくくってくださいました。

さすが、熊本の誇り!
これからも家族で応援しています!

一緒に子育ての仲間としても
よろしくお願いします。

皆さん、熊本の藤本一精さんを
これからもどうぞよろしくお願いします!

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/535253/33059905

藤本一精さんと親子でダンス!を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

サイト内検索



  • WWW を検索
    このサイト内 を検索