« これなら売れる!アウトランダーPHEV Concept-S | メイン | Electric マウンテンバイク すご! »

2014年9月24日 (水)

標準になるか?大径&細タイヤ

BMWのi3に装着されている
ブリヂストンの新型エコタイヤである
ologic(オロジック)の開発の意気込みが
日刊工業新聞に掲載されました。

記事はこちらです。
比較するタイヤの写真もあるので、
ご覧ください。

ブリヂストン、次世代低燃費タイヤ技術「オロジック」拡大-「大径・狭幅・高内圧」


もともと燃費に有利な大径タイヤ。
でも、重いタイヤになってしまう。
それを幅を細くすることで軽量化。

ま、つまり、
自転車のタイヤと同じです。

自転車乗りの皆さんは
よーくお分かりだと思います。

友だちもジャイアントの
クロスバイクのユーザーですが、
もともとついていたタイヤを
ぐっと細いタイヤに交換しました。

「軽い!スイスイ走る!」って笑顔。

原理は同じですね。

普及の鍵はこのオロジックを履いた
クルマをかっこ良くデザインできるか
ということだと思います。

リーフと同じですね。


新しいジャンルを
如何にかっこ良く提案できるかに
かかっていると思います。

リーフは苦戦しているけど(苦笑)

ま、クルマのタイヤって
太くて薄いタイヤ&ホイールが
かっこいい!ですよね。

それが変わるかも?
それを変える広報の改革と
メーカーの開発に
期待したいと思います。

あっ、でも、自分のCX-5は
XDのLパケ。
大径の割に細いんですが、
かっこいいですよ!

そのCX-5ですが、買い替えようと思います。

理由は、高齢の母を乗せる機会が
だんだん増えてきているからです。
6人乗り以上になります。
新車は買えないし、
エコカーじゃないと困るし・・・って
あのクルマしかないじゃないですか!

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/535253/32819757

標準になるか?大径&細タイヤを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

サイト内検索



  • WWW を検索
    このサイト内 を検索