« 2014年8月 | メイン | 2014年10月 »

2014年9月

2014年9月20日 (土)

GAIKINDOって?

ちょっと今日は視点を変えて・・・
インドネシアでモーターショーが
開かれていますよね。

ソースはCarWatchのこちらの記事

環境先進企業であることを前面に打ち出したトヨタ
燃料電池車「FCVコンセプト」をインドネシア初展示


東南アジアが大好きな自分は
早速、こちらのサイトを見てみました。

インドネシアモーターショーのサイトはこちら

テーマは
SMART and SAFE MOBILITY

となっています。

自分が仕事をしていたベトナムはもちろん、
東南アジアの人々の日本好きは本当です。
もちろん日本車も大好き!

理由は
まず、故障しないクルマであること。
それぞれの部品の質がとても高いこと。
そして、メンテナンス性が高く、
部品供給もしっかりしていること。
さらに、デザインも良く、
安価で丈夫な多目的車が用意されていること。
などが挙げられます。

中でも、トヨタかな、一番人気は。

だから、CarWatchの記事のように
トヨタのFCVなんか羨望の眼差しだったことでしょう。

しかし、先に紹介したように
今回のこのモーターショーのテーマは
スマート・・・つまり、
情報社会とクルマのあり方を見つめています。
そして、
セイフティ・・・そう
安全性について考えていくというものです。

東南アジアマーケットは
今、日本が入りやすいとても魅力的な所です。

きっと東南アジアから
日本により多くの方が来て、
私たちと一緒に働くことになるでしょう。
もちろん、今も起きているように
日本からの工場進出で
東南アジアに働きに行く方も増えていくでしょう。

そうそう、
GAIKINDOって、
Gabungan Industri Kendaraan Bermotor Indonesia
インドネシア自動車製造業者協会
の略なんです。

仲良くやって行きたいですね。

2014年9月19日 (金)

オール日産でなくてもよい!そんな時代です。

先日もお伝えした
リーフのバッテリー供給元の件。

日産とNECの合弁会社の雲行きはますます怪しくなってきています。

なんつうか・・・
ちょっと悲しいですよね。

ソースは日経のこちらの記事です。

LG化学、日産にEV電池供給検討 規格争いにらむ

注目は
次世代の電池の供給について
記事が言及していること。

こちら(引用元はその記事です)
「韓国LG化学は16日までに、日産自動車に電気自動車(EV)用次世代電池を供給する検討に入った。」

いよいよ日産とNECの合弁会社が
今後の価格競争、
開発競争に耐えられない・・・
という判断が行われるのでしょうか?

でも、いいんです。
日産技術のカタマリである
リーフの秀逸な制御は残ります。

そう、オール日産である必要はないんです。

テスラが鴻海にEV製造を打診する時代です。

iPhoneだって、
中身は韓国、LG、東芝、シャープなどなど
いろんなメーカーが集まって
Appleのブランドの元に
生産・販売されているのです。

パナソニックがテスラと
バッテリー大規模工場を作り
大量生産をコストダウンに結びつけて
一大市場を計画しています。

LGもまた、そのサバイバルに打ち勝つために
考えているのでしょう。
そして、日産とNECの合弁会社は
その波に飲み込まれてしまうのでしょう。

そうなると・・・
一つだけ、懸念があります。

そう、リーフの中古バッテリーは
どうなるのでしょう?
リサイクル会社はうまくいくのでしょうか?

いろんな意味で先が見えません。
難しい時代です。(^^;)

2014年9月18日 (木)

嗚呼、iPhone6 & plus 狂想曲?

先日、お伝えした
ブリヂストンの新型エコタイヤ
ologicをリーフにつけてみて
どうだったのか?

レスポンスさんに記事が載りました。
コメントでご紹介もあり、
ありがとうございました。
感謝です!

こちらです。

BMW i3 専用タイヤを日産 リーフ に装着してみた…ブリヂストン ologic


リーフに履いたら面白そうですね。
電費もぐーんと伸びそうです。

さて、今日の話題はiPhone6とplusです。

皆さんは予約されましたか?

今回のケータイ各社の動きも
熾烈ですよね。
後出しじゃんけんが強い!
そこで、DoCoMoは2社が発表した
翌週までプランを練り上げて発表になりました。

ところが!
敵はしたたかです。
au軍団はDoCoMoがかすむようなプランを
矢継ぎ早に繰り出しました。
それに呼応して、
ソフトバンクもより一層手厚いプランを出して、
MNP対策をしています。

MNP対策・・・

自分はiPhone5のユーザで、
2年縛りが終わります。
そう、まさにMNP対策のターゲットな訳です。

まさに、どこにしようかな?状態。

総務省はピリピリしていますが、
ケータイ各社が必死になるのも
無理ないですよね。

だって、パイは限られている上に
日本はiPhoneユーザーが多いため、
このモデルチェンジの時期に
うまく獲得できることが
その後の収入に大きな影響を及ぼします。

自分ですかぁ?

自分は各社が販売を始める
金曜日までDoCoMoの動きに注目しています。

最後の後出しじゃんけんをするんじゃないかと。
甘いかな?

2014年9月17日 (水)

生産コストとEVバッテリー

9月15日(月)
ロイター通信が
日産のEVバッテリー事業見直しについて
報じていましたね。

こちらです。

日産、EV用バッテリー生産の縮小検討=関係筋

国沢師匠もこの件について
記事にされています。

こちら

日産、電池調達計画見直し?


日産経営陣が思い描いたように
EVの市場が広がらなかったのが
最大の要因だと思います。

まだまだこれからの分野です。
NECとの合弁でできた企業の
バッテリーも進化させながら
回収していかないといけないと思いますし、
それはわかっていたと思うのですが。

やはり、
現時点でコストとのバランスが優れていること

将来の可塑性といいますか、
柔軟性といいますか、
新しいテクノロジーを加味しながら
発展していくバッテリーを開発できること
そして
その開発の原資を生み出せること

そうなってくると俄然注目と
なってくるのが、
先日のテスラとパナソニックによる
バッテリーの大規模工場です。

そこに使われる電池は
そう、18650バッテリー・・・。

Amazonで検索してみてくださいな
すぐに出てきますよ18650バッテリーが。

こんな様子ですよね。

20140916_144220


これがクルマの床下に大量に積み込まれるわけです。
(と言われています。)
当然、安全面の心配をする声もあります。

リーフに搭載されているバッテリーは
とってもタフなんですが、
まだ、18650バッテリーそのものに関する
大きな事故がないので何とも言えません。
(ないほうが良いに決まってます!)

パナソニック自体も
このテスラとの提携が
この先どうなるかわからない状態ではないかと
先日各社が伝えましたよね。

でも、プラズマテレビ事業の失敗という
危機を乗り越えたパナソニック。

テスラとの合弁は
きっとこれまで以上のコストダウンを可能とし、
利益を生み出し、
次のバッテリーも開発できると
答えを出したのでしょう。

電気自動車に関心を持つ皆さんで
ことの成り行きを見つめましょう。

2014年9月16日 (火)

イスラム国と原油価格

連休はいかがお過ごしでしたか?
自分は仕事に追われて
なかなか一息つくわけにもいかず、
あくせくやってます。(>_<)

さて、こちらのグラフをご覧ください。

Oil

世界経済のネタ帳からです。URLはこちら
http://ecodb.net/pcp/imf_usd_poilwti.html

このグラフは
1バレル当たりの原油価格の推移です。

これを見るとわかりますが、
1バレル当たりの原油価格が
なんと30ドルを割り込むような時期がありますね。

「逆オイルショック」と言われた時期です。

そんな時代がまた来るかも知れないと
経済関係者が予測していて
それが記事になっていました。

要約すると
世界的なエネルギー依存が
石油から石炭等へ移っていること

シェールオイルが予想以上に
だぶつき始めていること

中東におけるアメリカによる
パワーバランスが崩れていること
などが挙げられていました。

この記事を読みながら
いろいろと考えています。

例えば、
アメリカのシェールオイルによる
中東への石油依存が減っていく中
エネルギー政策が変わりつつあることは
「イスラム国」の台頭に
もう表れています。

パックスアメリカーナが変容することにより
世界のパワーバランスが変化しています。

私たちは日々、生活をする上で
ガソリン価格が下がることが
とっても望ましいことですが、
この世界規模の不安定さが
何らかの大きな出来事を生じさせるのではないかと
懸念もしています。

中東の動きには要注目です。

JBpressの記事はこちらです。

「逆オイルショック」が再来?
シェールオイルがもたらすエネルギー情勢の激変




2014年9月15日 (月)

リーフとブリヂストン ologicっていかに?

BMWのi3用に
ブリヂストンが開発した
バイク用みたいに細いタイヤOlogic。

その試乗会と
なんと、そのタイヤをリーフにつけてみて・・・
って企画があったそうな!

ソースはいつものレスポンスさん

こちらです。

バイク用タイヤのような「ブリヂストン ologic」を装着した BMW i3 に体験試乗


でもこの記事には肝心と言いますか、
リーフオーナーとしてはとっても気になる
装着の様子がわかりません。

どうして?

どんな感じなのだろうと思っていたら
自動車ジャーナリストの
五味さんが写真をアップされていました。

五味さんのFacebookのページは
こちらです。

写真がありますので、ご覧ください。

ま、外径が大きくて
アンバランスなのはサイズがこれしかないので
仕方がありませんが、
実際に乗り味などはどうだったのでしょう。

五味さんのレポートはありませんが、
どこかの雑誌に掲載されるのでしょうか?

リーフは
このタイヤをはいて、
どんな走りだったのでしょう。
そして、
電費にはどんな影響があったのでしょう。

気になりますよね。
五味さんがレポートを書いてくださるのかな?

2014年9月14日 (日)

新型デミオのカタログばくれんね?

朝夕とっても涼しくて
ドライブが楽しい季節の到来です。

昨日のコメントにもあったように
阿蘇のドライブって気持ちが良いだろうなあ!
行きたいけど・・・仕事でーす。(>_<)

さて、新型デミオの価格が
昨日の朝刊の折り込みチラシで
判明しましたよね。

注目のクリーンディーゼルモデル
2WD MT リッター30㎞
2WD AT リッター26.4㎞

XD 178.2万円
XDツーリング 194.4万円
XDツーリング Lパケ 199.8万円

そして、ガソリンモデルが
13C 135万円
13S 145.8万円
13S Lパケ 171.72万円
となっています。

写真はそのチラシから

Img_1955


一昨日の夕方
マツダのディーラーに立ち寄ったんです。

CX-5から降りたら
プリウスが入ってきました。
荷物をちょっと取り出してから
お店の中に入ろうとすると
そのプリウスから降りてきた
おじさんが
「新しかデミオのカタログば、もらいにきたったい!」
(新型デミオのカタログをもらいに来ました。)
「あっとな?くれんね?」
(ありますか?くださいな!)

自分が白いシャツだったので
店員と勘違いされたのでしょう。

自分は笑顔で応えましたよぉ!

「はい、ありますよ。どうぞどうぞ!」
で、店に入るなり
知り合いの店員さんに

「新型デミオのお客さんですよぉ!(^^)/」

おじさんも気が付いてニッコリ笑ってらっしゃいました。

自分の担当の方に
自分は後で良いから、接客、接客!って。

おじさんはカタログをもらって
プリウスで帰って行かれました。

出だし好調ですね。新型デミオ。

自分も子育てが終わるまで
もうひとがんばり。
その頃には乗ってみたいな。

って、
その頃には、
バッテリーの値段が大幅に下がって
ロータリー・レンジエクステンダーの
デミオEVが出ているでしょうね。

試乗会に行ってみたいな・・・。
皆さんも行ってみましょうよ。(^^)/

2014年9月13日 (土)

10セグになっちゃったけど&80万への御礼

いまやすっかり、カミさんの足になった
我が家のリーフ。
快調に走っています。

ところで、先日、ちょっと用があって
リーフに乗って、あらと気が付きました。

写真

201409

なんか少ないなあ・・・
ひとつ、ふたつ・・・あら?
10セグになっている!
またセグメントがひとつ欠けちゃった(>_<)

でも、面白いことに
そんなに走行可能距離が減っているわけではないんです!

11セグになったときに写真がこちら

Img_0198


昨年11月のこの記事はこちら
とうとう来たか・・・バッテリー劣化


カミさんはスイスイ走るのが好き。

そんなにエコ運転してもしょうがない!
と走ってますので、
電費は7〜7.5ぐらいでしょうか。
10セグに気が付いた時の表示は7.4でした。

走行可能距離の表示は
132㎞ですけど、
140㎞近くを示すこともありますし、
ご存知のように直近のドライブに
大きく影響を受けますからねぇ。

最近は急速充電をすることも
ほとんどなく、以前と同じ充電パターン。
平日は80%
土日は100%にしているだけなんです。

走行距離は4.9万キロ程度。

このあたりが何なのかな?って
よくわかりませんが、
11セグから10セグになったけど
走行可能距離が大幅に減って
走らなくなるわけでもないですし。

結構、気楽に構えているんです(^^)/
誤差の範囲なのかなって。

毎日、スイスイとカミさんは
リーフを運転してますしね。

こんなこと書いたら、
とっても気にしている方に叱られるかな?(^_^;)

最後に昨日80万ビューを超えました。

20140912_132545


このブログを書き始めてから3年と3ヶ月。
毎度のことながら、
おつきあいくださいまして、
ありがとうございます。

拙い文ですが、ぼちぼちと書いていこうと思います。
今後ともよろしくお願いします。<(_ _)>

2014年9月12日 (金)

SEO (Search Engine Optimization)と電気自動車アプリ

昨日のレスポンスさんの記事に
EVSmartなる充電スポット検索アプリが
新たに登場したとありましたね。

ソースはこちらです。

充電スポット検索サイト「EVsmart」公開…アプリ版も同時リリース


自分も早速、入れてみた次第です。
ま、こんな具合。

熊本も充電器が増えましたな。
黄色の稲妻が急速充電器
緑色が200Vや100Vになっています。

Img_1943
阿蘇の小国のゆうステーションは・・・
ありました。

Img_1947

ここの充電器は・・・

Img_1948

車種別の検索には
豪華なあのクルマたちも!

Img_1950



で、ちょっと気になったのが
このサービスを開始した
アユダンテという会社。

自分のMacBookのATOKは
鮎ダンテって変換しちゃいました。

なんでもこの会社は
WebコンサルティングやSEO対策等をやっている。
でも、先が見えないって社員のコメント。
自由な社風で
社員に伸び伸びと仕事をしてもらおうという
コンセプトのようです。
ま、ノルマや目標を達成するといった
成果を挙げないといけませんけど。

このEVSmart、アプリの詳細を見てみると
解説にはレスポンスさんの記事にあるように
”弊社スタッフが「人力」でひとつひとつ確認して
情報を更新しています。”
とあるように、地道な努力もあるみたいです。

で、このアユダンテという会社に興味を持って、
Webで調べてみました。

アユダンテの会社のページはこちら

ん?SEOって何?って思ったんです。
すんません。

SEO (Search Engine Optimization)って
要するに検索エンジンの結果が上位に来ると
いいよねってことね。
そりゃ、この検索の時代。
上位に来るほどアクセスは増えますからね。

そんな会社が
EVSmartアプリを提供してくれる。

これからどんな展開を見せるのでしょうか?
EVユーザーの共感を呼ぶかな?
うまくいくといいな。

2014年9月11日 (木)

国枝さん、優勝おめでとう!そして、ケイ、準優勝おめでとう!

一昨日、決勝で勝つのではと
期待された錦織選手は残念でした。
でも、錦織選手、強くなりましたね。
逞しい表情になりました。
ケガにも強くなって、ほんと頼もしい!

準優勝おめでとう!

彼が目標としていた選手が
あのロジャー・フェデラー選手なんですよね。

当時世界一だったフェデラー選手に尋ねた人がいます。

「なぜ日本のテニス界には世界的な選手が出てこないのか」

きっと錦織選手が出てくる前ですね。
その時にフェデラー選手はこう答えたんです。

「何を言っているんだ君は? 日本には国枝慎吾がいるじゃないか!」

ソースはこちら

フェデラーの回答が刺さる!なぜ日本から世界的なテニス選手がでないか?

国枝慎吾選手は
この全米でシングルス、そしてダブルスで優勝して、
年間グランドスラムを達成されたんです!

すごい!

C-netの記事はこちら
国枝慎吾選手が全米オープンテニス2014で優勝、錦織圭選手も日本人で初めて決勝に進む歴史的快挙!!


国枝慎吾選手のブログはこちらです。

ま、こんな時
どうしてマスコミは騒がない
どうしてスポットがもっと当たらないのか!
って、意見が出ることはわかっています。

錦織選手が決勝に勝ち進むにつれて
関連株が上昇し、
準優勝すると、とたんに市場が反応するんですもん。
彼ほどの経済には影響も少ないでしょう。

でも、自分は凄い!と思っています。
周りの人にも伝えています。
そうやって、
少しでも国枝慎吾選手への
エールにつながるといいと思います。

皆さんもぜひ応援してください。

サイト内検索



  • WWW を検索
    このサイト内 を検索