« リーフを語ること | メイン | 実直に積み重ねる・・・好きだなぁ!永田さん! »

2014年6月21日 (土)

やっと来たトヨタのダウンサイジングターボ

ハイブリッドにかまいすぎて
大きく後れを取っていた
国産ダウンサイジングターボ・・・。

最近ではスカイラインにメルセデスの
エンジンが搭載されて話題となりましたが、
やっとこさ、トヨタから登場します。

こちらの日刊工業新聞

トヨタ、ガソリンエンジン用ターボをIHIから調達

記事の写真が
レクサスのカバーになっている点も
注目です。

いやあ、国沢師匠、
トヨタから出ましたねぇ。
それもIHIのターボで。
世界基準に追いつこうとしています。

でも、安心なんて全然できません。

え?まだ他にもあるの?って・・・。
そうなんです。
まだ、あるんです。
それは、ミッションです。

効率化を進めたエンジンパワーを
無駄なく伝えるために
VWやホンダはツインクラッチに動いていますが
一方で、ATの多段化が進んでいます。

こちらの記事を・・・

Chrysler says its 8-speed transmissions will save 700 million gallons

アメリカのクライスラーでも
8速のATを開発し、
多段化による省エネのメリットを
訴えています。

日本は・・・
まだ、そこまで至っていない。

ハイブリッドだけでは押し切れない。

このトヨタのダウンサイジングターボが出て、
たぶん、アイシンあたりから
多段ATが出てくるでしょう。

そこで、追いつくわけです。
でも、日々進化する技術、
欧州メーカーは次のステップに入っています。

がんばれ!日本の自動車メーカー!
更に上を目指して!

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/535253/32304589

やっと来たトヨタのダウンサイジングターボを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

サイト内検索



  • WWW を検索
    このサイト内 を検索