« 熊本の充電器もどんどん増殖中! | メイン | やっと来たトヨタのダウンサイジングターボ »

2014年6月20日 (金)

リーフを語ること

どの世界でも同じかもしれませんが、
所有して、使ってみないと本質的な部分は
見えてきませんよね。

リーフをはじめとした
電気自動車にも同じ事が言えると思います。

例えば、このいつものレスポンスさんの記事

日産 リーフ、英国の営業マンが200台販売…新記録

イギリスの日産ディーラーマンの一人の方が
4200台のうちの200台を売ったという記事です。
その最大の理由が
彼自身がオーナーであるということです。

だから、購入を考えている方に
説得力のある説明ができる。
不安に思うこと・・・
メリットを感じるところ・・・
オーナーとして的確に話をすることで
ある人は買うことを決断し、
ある人は諦めるのでしょう。
その積み重ねが200台なのですね。

国沢師匠は
リーフのオーナーであり、
その世界を広めていくことも
念頭に、
リーフをラリーに引っ張り出しています。
メーカーもできないことを。

それもトヨタのラリーにも
なんとゼロカーで走り、
それをモリゾウさんが認めているという
凄いこと!

自分もリーフを買って
満足しているところと
もうちょっと待てば良かったかと
反省している気持ちがあります。

ここにコメントをくださる
リーフオーナーの方々も
リーフを
電気自動車を所有する楽しみや
不安や将来への希望を語ってくださいます。
それが自分はとてもうれしいし、
楽しみなんです。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/535253/32303255

リーフを語ることを参照しているブログ:

コメント

はじめまして。ハンドルネーム、シーザー・ミランと申します。
リーフを購入してからの不安の件ですが、
EVIT等を駆使すれば、航続距離は大して問題にならないということを実感しています。
個人的に不安なのは、充電待ちと急速充電器故障の2点です。
ガソリンスタンドの様に、一か所に複数台(出来れば4つ位)あれば大分不安が消えるのですが。

こんちには
まさにその通り!
持ってないと「200しかはしれないの?」ですがオーナーになってしまえば「200も走れる!」ですね。
充電と聞くと30分車内で黙って待っているイメージ有るみたい。
この時間を使って飯食ったり、ショッピングはたまたDでコーヒーブレイク(ただで)要するに発想の転換、ここまで来るとEVやめられません。
先日は友人と山に山菜を・・
エンジン音しないのに(当たり前ですエンジン有りませんから~)ぐいぐい上っていく事に感動!下りはどんどん走行距離が増えるのに感動!!
俺もリーフにすっかな・・・と
いらっしゃいEVワールドへ

はじめまして。いつも拝見しています。勉強になります。

先日、車検の代車で二日間、リーフで過ごしました。

感想は『2倍、走ってくれたら、残量をドキドキせずに使えるのになぁ』という感じです。

加速や乗り心地など、ほとんど二重丸なんですが、ちょっと登ると残量がどんどん減っていくので、ドキドキしっぱなしでした。


http://ameblo.jp/ninomiya-taro/entry-11877777694.html

http://ameblo.jp/ninomiya-taro/entry-11878135519.html

シーザー・ミランさん!
はじめまして!
コメント、ありがとうございます!

おっしゃるとおり、EVの普及や社会的にその地位を確固たるものにするためには
インフラの整備が大切です。
そして、ご心配の通り、1カ所1急速充電器から
1カ所複数の充電器にシフトする必要が出ています。
この点、本文で今までも指摘してきましたが、
ちょっと別の見方が記事になっている傾向があるように思います。
それは、EVの移動可能距離を念頭においた使い方が望ましい・・・みたいな評論家の人が書いた記事です。
なんか裏に意図するものがあるんじゃないかと思ってしまうんですよね。

これからもよろしくお願いします。

マリモのパパさん、コメントどうもです。

もう貴殿も「達観の域」ですね!
店長Kさんも同じようなことをコメントに書いてらっしゃいます。

そうなんです。
私たちから、楽しみや安心について
語っていきたいですね!
コメントでのやりとりも
見ていらっしゃる方も多いみたいです。

これからもぜひぜひ!

マリモのパパさん、コメントどうもです。

もう貴殿も「達観の域」ですね!
店長Kさんも同じようなことをコメントに書いてらっしゃいます。

そうなんです。
私たちから、楽しみや安心について
語っていきたいですね!
コメントでのやりとりも
見ていらっしゃる方も多いみたいです。

これからもぜひぜひ!

二宮太郎さん、はじめまして。
コメント、ありがとうございます。

そうですか!
お乗りになりましたか!リーフに。
おっしゃること、そのとおりです。

やっぱりね。皆さん、航続可能距離に
どうしても目が行ってしまうんです。
(これは今でも自分もなんですが)
これは、もう内燃機関のクルマに乗ってきた
人間の性なんだと思います。
知らず知らずのうちにそれを一番気にしてしまう。

もしかしたら、新しい世代の子どもたちが
EVばかりに乗っていると
それがあたりまえって思うかもですよ!

ブログ、拝見しました。

コメント欄からのURL直貼りがうまく飛ばないので
お名前をクリックして、リーフのページに
飛ぶようにしましたが、これでよろしいですか?

お住まいの地、良いところにいらっしゃいます。
パックのジュース、楽しみです。
ブログ仲間もいらっしゃいます。
これからもよろしくお願いします。

Yoitomakeさん、返信有り難うございます。リンクもOKでした。

急速充電したこと(ちゃんと出来たこと)が嬉しくて、見てもらいたくて(^^)コメントした次第です。

運転する前にシミュレーションしたのって、今回初めてでした。特に高低差。ディーラーまで戻しに行くのに、平坦ルートなら余裕そうでしたが、回生を試したくて、ちょっと冒険してみました。

位置エネルギーが何とかのような感じで、エンジンブレーキイメージで下りきったところでは回復している予定でした。ところが、ブレーキを踏まないとメーターが左に伸びず、そうすると下りとはいえスピードが落ちすぎて、コツがつかめずに終わってしまいましたね。

もうこちらでの生活の方が長くなってしまいましたが、実家は太宰府です。最近は帰省すると、父と唐津の方に何個かある島に釣りに行ったりしています。長崎や五島に近いせいか、教会もあったりして色々見て回りたいのですが、いつも時間が無くて... 。

では、失礼いたします。

二宮太郎さん、コメントありがとうございました!

Bモードでしたら、強めに回生が働いたと思いますが?いかがですか?

バッテリーの残量などにも影響を受けます。
バッテリーがフル充電だと
回生作動がほぼないので、
下り道をスルスルっと、
グライダー感覚で走って行きますよ。

また、いつか機会があったら
ぜひ、お試しください。

ご実家は太宰府でしたか!
良いところですね。
唐津も呼子も大好きなところで
イカを食べに時々行きます。
今年の梅雨、やっと蒸し暑い日になってきました。
梅雨入りしてから、雨が少なく、
例年になく涼しかったものですから。

この夏もお帰りになったら、九州の自然を楽しんでリフレッシュしてください。
これからもよろしくお願いします

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

サイト内検索



  • WWW を検索
    このサイト内 を検索