« i-MiEVが日産とともに進化する? | メイン | 安心できる走行距離とPHV 北京モーターショー »

2014年4月21日 (月)

確実に電費が伸びてきた春(カミさんドライブ)

昨年の2月に
これまでカミさんが主に乗ってきた
軽自動車(ムーヴ7年落ち)を
CX-5(中古1年落ち)に買い換え。
いろいろ相談して、
リーフの主なドライバーを
カミさんに交代しました。

リーフは昨年末に
タイヤをブルーアースAに交換。

さて、主なドライバーを
カミさんに交代して電費はどうなったのか?

N-LinkOwnersからのグラフです。
2013年1月〜4月まで

20140420_133320
2014年1月〜3月まで

20140420_133345

2013年の1月の走行距離が多いのは
自分が乗っていたからですね。

タイヤ交換前と大きな差はありません。
春になって電費が向上していることがわかります。

じゃ、タイヤ交換は意味がなかったのか・・・
ってそう簡単に結論づけられません。
と言いますのも
カミさんは昨年よりも
リーフでの通勤をもっと快適にしたいと
「エアコン」を多用しているのです。
もうバリバリ入れて使ってきたようで
今年の冬の電費はガタ落ちでした。
それで、このデータですから。

土曜日に運転を自分に代わって
エアコンを入れずに
アクセルワークに気を使い、
コースティングを多用して、
好電費を意識して走ってみました。
すると・・・
走行可能距離表示が20㎞近くも増えました。

タイヤはよく転がる様子で、
コースティングの時にわかります。

これで、喜多見さんが指摘されたように
新しいハブを組み込めば、
さらに滑らかにタイヤが回転し、
電費はよくなるのでしょう。

でも、ま、電費もとっても気になりますが、
カミさんのように
電気自動車の特性を生かして、
楽しく、快適に使うってのが一番かもしれませんね。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/535253/32210045

確実に電費が伸びてきた春(カミさんドライブ)を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

サイト内検索



  • WWW を検索
    このサイト内 を検索