« 確実に電費が伸びてきた春(カミさんドライブ) | メイン | 色の付いたレンガを積み上げていますか? »

2014年4月22日 (火)

安心できる走行距離とPHV 北京モーターショー

今はアメリカを超えて
世界最大の貿易国となった中国。

チャイナマネーが世界を席巻しています。
その経済力を誇示しようとするため、
それは様々なカタチで顕著になっています。
三井商船差し押さえもその一端でしょう。

ま、政治の話はまかせるとして・・・

当然、世界のマーケットは
中国に注目し、力を注ぐことになります。
自動車産業も同じです。

レスポンスさんに
中国での動きが続々と紹介されていますが、
エコカーやEVに関しては
PHVが圧倒的に多いですよね。

VWのゴルフ
【北京モーターショー14】VW グループ、中国にPHVを積極投入へ…ゴルフ など4車種

三菱は・・・
【北京モーターショー14】三菱、GC-PHEVとXR-PHEVを出展…新エネルギー車導入を検討

アウディ
【北京モーターショー14】アウディ TT にオフロードコンセプト…408psのPHV

などなど・・・

広大な中国において、
大気汚染を防ぐ・・・それだけでは
すべてEVとはいかないのでしょう。

HVではEVによる走行距離は短い・・・
EVではインフラ整備に多くの費用がかかる・・・
そのため、
中国のマーケットはPHVを選択する!
という流れになっているのだと思います。

ここでトヨタはどうするのでしょう。
レビン(4ドア?!)という名前の
セダンが出ていますが、
それだけはありますまい。

PHVならこのメーカー!
という代名詞を得るために
各社が競って進出するでしょう。
この動きにも注目ですね!

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/535253/32212027

安心できる走行距離とPHV 北京モーターショーを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

サイト内検索



  • WWW を検索
    このサイト内 を検索