« 2013年12月 | メイン | 2014年2月 »

2014年1月

2014年1月31日 (金)

関東から北へ!いよいよ急速充電網の整備

NEXCO東日本管轄の道路をご利用の皆さんにとって
朗報がもたらされましたね。

よかった。よかった。

以下のアナウンスがされましたよね。
日産自動車株式会社及びジャパンチャージネットワーク株式会社
と共同で充電インフラ整備事業を実施することを決定。

以下、NEXCO東日本のプレスリリースより
〜今後、充電インフラの整備に必要な手続きを進め、
電気自動車の普及に努めてまいります。

充電インフラの整備箇所
NEXCO東日本管内の66箇所のSA・PA
各SA・PAに急速充電器を1基ずつ設置
※具体的な整備予定箇所については、
別紙【PDF:255KB】PDFへリンクをご覧ください。

今後のスケジュール
今後は、必要な手続き、工事を進め、平成26年秋頃に運用を開始する予定です。
※詳細な運用開始時期等については、改めてお知らせします。

とあります。

この件につきましては、
長らく計画発表を待っておられた方が
たくさんいらっしゃいます。

日産のお膝元の神奈川県あるいはその近隣の
電気自動車オーナーにとって
具体的な工事が待ち遠しいことと思います。

そうですよね。みなさん。
工事が始まるとあら?っていうぐらいに
短期で設置が終わってしまいます。
気になる方は発注などをWebでチェックされると
出てくるかもですが!

いやあ、よかった。よかった。

2014年1月30日 (木)

リモートエアコン カミさん活用中!

ま、マイチェン前のリーフオーナーにとって
誠に厳しい冬を迎えておりますねぇ。
寒さが身にしみる・・・ぴゅー。

ま、これを書くと、
「はいはい!」って言われちゃいますが、
自分の場合、
寒冷地仕様Ver.2で
前席シートヒーター
後席にもシートヒーター
後席用の暖房ダクトもあって、冬場は快適。
さーせん。
なんか、マイチェン後に移る前のリーフなんです。

リーフって状態をチェックしたり、
エアコンをリモートで動かすと
あらかじめ登録したメールアドレスに
情報を発信してくれますよね。

最近、朝夕にポンポン、リーフに関する
メールが届きます。

そうです。いじっているのはカミさん!
自分のiPhone5でやっている!

特に寒い日にはリモートエアコンが大活躍!
しているようです。

それでも、忙しい出勤前や退勤前、
メールが来ないことでリモート操作をしていないことが
わかりますので、自分で操作しておきます。

すると、カミさんからハンズフリーで電話がかかってきます。

「エアコン、入れてくれたんだね。ありがとー。」

こういったことでポイントをゲットする
かよわい夫でございます。しくしく。

2014年1月29日 (水)

椎茸栽培の匠

この冬、カミさんの実家で
2年前に菌糸打ちをした椎茸を収穫の手伝い。
子どもたちもお手伝いです。

こんな風に
内側に膜が張ったような椎茸が良し!

Img_0777

子どもたちが椎茸を探しています。

Img_0781

椎の林の中でズラリと並んだ椎茸用の木(ぼく)
キレイですよね。

一番驚いたのがこれ!

Img_0784


わかりますか?
これって、画面右奥に向かって
割と急な角度で下っているんです。
そこに、この大きなクヌギが
まあ、見事に並んで組み上げられています。

一番下は別にコンクリートや鉄杭などで
固めてあるわけではなく、
しっかりと組んであるだけなんです。
そこに、交互に組み上げて
この見事な眺め!

義理の父と母がせっせと
作業をしてできたもので、
これを匠の技っていうんだなぁ!って
子どもたちと一緒に寒さも忘れて
惚れ惚れして眺めていました。






2014年1月28日 (火)

リーフの車検 その3 データ集め

さて、リーフの車検シリーズ
予告通り?第3弾となります。

今回は非常に興味深いデータ収集のお話。
といいましても、コメント欄をお読みの方なら
ああ、あのコメントだ!っておわかりですよね。

回生作動の状況をチェックしている方が
大分におられるんです!

「大分のもうすぐ車検」さんです。

この方のリーフも11セグに減っていて
さらに、回生作動が良くないとのことで
以下、コメントより・・・
〜11月初めから,
下り坂や信号で停止するときに,
パワーメーターがドット2個(-10KW)しか点灯せず,
ブレーキを踏んでも回生が増えない。
12月末には,回生ブレーキが
全く機能しない事象も。
ディーラーに2回10日ほど預けたんですが,
よくわからないということなので,
走行時の状態を記録する装置を
取り寄せてもらって,今週末まで記録を取っています.〜

とのこと。
追加の情報をお願いしたところ・・・
〜走行時の状態を記録する装置をつけて
2週間走りました.
その結果は,
データ採取間隔が不適切だったとかで,
回生不良の状況がわからない,
もう1週間つけてくれ〜,でした.
この間,
標高差で 100m ある職場からの下り坂で,
2回は正常に回生し(-20KW程度),
10回はブレーキを踏んでもポチ2つ(-8KW)止まりでした.

データをくれないかと頼んだんですが,
くれませんでした.
何の情報を,
どの程度の時間間隔で採取したのかも
教えてくれませんでした.〜

と、あります。

大分のもうすぐ車検さん、
これは私も期待してますよ。
結果はどうなのでしょう?

昨日のブログの記事のように
リプロをすれば直るのか
実はもっと深刻なのか・・・

今後の貴重なレポートに期待しています。

2014年1月27日 (月)

リーフの車検 その2 リプロ

さて、リーフオーナーの先輩方の
車検報告に関する記事第2弾です。
(実は第3弾もあるんですが・・・)

リーフのバッテリーの劣化が進む中
次の2点が話題になっています(勝手に)

1 回生発電
メーター内にあるパワーメーター。
回生発電時には左側に表示が増えて、
回生作動の状況を表します。
これが、あんまり左に行かなくなって
どうやら回生作動が上手くいかなくなった様子。
バッテリーが11セグになってから顕著。
自分のリーフもせっかくタイヤを交換したのに
電費が良くならずに、かえって悪く表示しています。
こりゃ、おかしいよね?って話。

2 カックンブレーキ
自分の場合は停止するかしないかで顕著。
こんなにギクシャクすることはなかったのに
なんでまた?
同じ症状の方がいらっしゃいます。

で、そもそもリプロがあるのか
・・・ってことですが、
先輩から貴重な写真をいただきました!

これ、必見!

H260125


先輩からの情報に寄りますと・・・

プログラムバージョンが違いますもん。
前:46007-3NB0A
後:46007-3NB1A
とのこと。
こりゃ、もしかして末端のディーラーまで
話が届いていないという可能性があります。

インプレは・・・
〜50km程走りましたが、
カックンブレーキは直りました。
回生の動きが変わっています。
減速中は3メモリ以上いかず、
30km/hあたりで4メモリになり、
20km/hあたりで3メモリになります。
これで停止直前の踏みまし効果がでて、
結果的にはカックンブレーキを回避してます。〜

とのこと、変化はありますよ。

でも・・・

〜でもやはり高速ランプの減速でも
4メモリにはなりません。
5なんてムリかも。
11セグメントのリーフは、
こんなもんですかね。〜

これも、たぶん日産自動車のリーフチームは
ご存知のことだろうと思います。

自分はどうしようかなぁ。
キャンペーンを待ってみるかなぁ・・・。
ディーラーの担当の方に電話してみるかなぁ・・・。
でも、情報があったら、連絡してくださる方なので
まず、こちらまでこのリプロ情報は
入ってきてないんじゃないかなぁ・・・。

うーん。迷うぅぅぅぅぅぅ。笑

2014年1月26日 (日)

リーフの車検 その1

いやあ、リーフオーナーの先輩に感謝!

リーフの車検を受けた先輩から
その様子を教えていただきました。

まず、気になる費用は・・・
この先輩の場合、6万6千円。
自賠責と重量税、印紙で3万9千円
追加整備(ブレーキフルード、エアコンフィルターなど)9千円
他の手数料ということです。

毎月1500円を積み立てて?いますから、
車検時の整備料金も安いですよね。

ここであら?あれはどうしたの?
って気づかれた方いらっしゃると思います。

なんでしょ?
あれって?

そう、これがだめになっちゃうと
リーフはシステムが起動しなーい!

そう、システムの要は、12Vバッテリー!

この先輩の場合、なんとご自分で交換。
で、どこでって・・・。

ここ!
http://www.amazon.co.jp/dp/B004FOXK72

なーるほど!
さすがあ!
こりゃ、安っ!
自分も後に続かなきゃ。
交換する時にはコツもあるそうで・・・
わざわざそのリーフのマニュアルを
紹介していただいています。

http://www.nissan.co.jp/SP/OM/LEAF/1012/manual_t00um3nc5a-all.pdf


ま、不安だし・・・って
12Vバッテリーを交換する方もいらっしゃるでしょうし、
その他、いろいろディーラーに追加整備していけば
それなりになるでしょうが、やはり安いですよね。

この先輩はグッドプラス保証にも入られたとのこと。
これは、とても大切な保証だと思います。

今日の記事、その1ってことは
その2に続く!

2014年1月25日 (土)

リーフオーナーズミーティング 北海道でも!

今年度は日産自動車が主催する
オーナーズミーティングがないよ・・・と
こちらで書きましたが、
日産リーフブログでは
各地の自主的なオーナーズミーティングについて
紹介していますね。

日産リーフブログの記事はこちら

それぞれの皆さんが集い、
リーフオーナーならではの話に花が咲き
盛り上がっている様子です。

自分のところにも
遠く店長Kさんがやるなら来るよ!って
うれしいコメントをいただきました。

いやいや、できるならやってますが
なかなか難しいです。今の自分には。

熊本でやるんだったら、
熊本エコメッセでの
日本EVクラブの熊本支部の
熊西オートさんの企画にお世話になるでしょう。
今年も秋にされると思いますが。

自分は紹介したいのは
北海道のリーフオーナーズミーティングです。

時々コメントをくださいますし、
このブログからリンクさせていただいている
「shinさんのLEAF Life リーフな日々」。

こちらに
北海道リーフミーティング(忘年会)の様子が
紹介されています。

自分はこんなミーティングがいいなあって
思っています。
気の合う仲間が集い、思い思いに語って
飲んで、楽しそう!

こちらには帯広ミーティングの告知も!

shinさんの北海道ミーティングのようすを
ぜひ、皆さんもご覧いただきたく!

てか、九州でもあるのかな?

2014年1月24日 (金)

機微を感じたい。自動車メーカーとメディア

最近、国沢師匠の記事を
webや自動車誌を読んでいて思うことを書きます。
生意気な!と思われた方ご容赦ください。

自動ブレーキに関してそうですが、
しっかり物申す国沢師匠。
いいものは、いい。
そうでないものは、突っ込む!
そう、師匠の尺度で。
そうこなくちゃねって思います。

例えば、こちらの記事

真剣勝負


自動車メーカーと消費者と評論家のみなさん。
それぞれの立場のことを考えます。

マネジメントにおいてマーケティング等が大切です。
企業は消費者の嗜好などを調べ、
アンケートをとり、直接意見をヒアリングして・・・
といった調査会社のデータを買います。
企画会議を開き、それを製品に生かしていきます。

一方、私たちはそれを手に取り、
情報を得て、流行や好み、
予算から選び、購入し、生活に生かします。

そして、評論家のみなさんは、
新製品ならば、
私たちより少し早く
企業から提供された製品を
目にし、手にし、使ってみて評価します。
それはプロの視点からの評価で
私たち素人にとって大切な情報です。

モノが売れない時代。
いいね!や口コミがネットに流れ、
消費を左右する時代。
でも、それは素人の意見であり、
全てを鵜呑みにはできません。
評論家のみなさんの意見はどうでしょう。

これだけ、「評価」が溢れていると、
評論家のみなさんの評価って、
ますます大切ではないでしょうか。

Google先生が力を持ち、
Wikipedia先生も日々更新されていく。

だからこそ、そんな情報が駆けめくり、
今日の最新が明日には陳腐化する・・・
だから、
評論家の皆さんの
プロの知識と経験や体験は
価値を持つのです。

そして、その評論は、
企業のための、
モノが売れるための
「いいね!」ばかりじゃ、
自分たち消費者も見えてきます。
あなたがどんな立ち位置で書いているのかも。
その評価が企業に迎合したものであると、
もうアウト。
使いたくない言葉だけど、
せっかくの校正や推敲を重ねた文章なのに
あざといものを感じてしまうんです。

企業と評論家のみなさんと間には
微妙な関係があることはわかります。

それを私たちは楽しみたいのです。
ある時は、ボンボン直球を投げ合ってください。
ある時は、お互いに役者になって、
お互いにニンマリでいいんです。

私たち読者はそういった
「機微」を感じ取り、ワクワクするものです。
そんな記事を期待しています。

2014年1月23日 (木)

クルマにおけるAndroidとiOSの戦い

アウディがAndroidのタブレット端末を発表し、
それをクルマに取り付けるって話が出てましたよね。
ホンダも参画するといいますし・・・。
 
日本では皆さんもご存知のように
アップルのiPhoneやiPadといった
iOSが圧倒的なシェアを持っていますから・・・
 
あら?Androidなの?
アップルはどうした?
って思った方も多いかと思いますが、
どっこい、ちゃんとアップルも考えています。

こちらに記事があります。
ソースは「気になる、記になる」さん

iPhoneと車の連携機能「iOS in the Car」の最新のスクリーンショットが明らかに


これは、まだ、アプリの段階ですが、
これから大変なスピードで進化するでしょう。
こうやってみていると
なぜ、アップルがグーグルマップに対抗して
マップアプリを開発し、責任者を更迭してまで
その力を上げているのかがわかりますよね。
カーナビに取って代わることを
貪欲に考え、実行しているのです。

ジョブズもiCarってちゃんとシナリオを描いていましたから。

そう、iCarってクルマそのものじゃなくって
iOSとクルマが融合した形ですよね。
 
いよいよタブレット端末とクルマの融合がやってきます。
テスラのあの操作パネルはタブレットにすぐ置き換わることを示していると思います。

そうなると戦々恐々なのが
日本のカーナビメーカーでしょう。
また、ディーラーの高価なカーナビでの利益も減りますよね。

いろんな意味でクルマのインターフェースの革命が始まっています
やはり、今日の最新技術は明日には陳腐化してしまう・・・
大変な時代に私たちは生きています。
でも、未来がワクワクするほど楽しみ!
もうすぐそこ!が連続なんですもんね!

2014年1月22日 (水)

燃料電池バス!九州自動車道を走行試験

2014年1月18日(日)付けの熊本日日新聞に
こんな記事がありました。

「燃料電池バス「静か、快適」」
〜熊本ー福岡間 トヨタ九州が走行試験〜

著作権もありますので、ぼかしています。

Img_0840

熊本日日新聞はEVや燃料電池電気自動車といった
次世代の交通も積極的に記事にされています。

この燃料電池バス、
18日、20日、22日と
福岡市と熊本市間の約130㎞で走行試験とのこと。
最高速度は80㎞/hで1階の水素の充填で
200〜300㎞は走るということです。

高速バスはその快適さと低料金で
人気が高いのですが、
エンジン音は結構しますよね。

リーフに乗っていてもそうですが、
静かで、快適なので乗っている人は満足とのこと。

この静かって、快適さへの効果は大きいです。
それを実感するのは音楽を聴いたり、
ハンズフリーで電話する時も!

今は通勤でCX-5を使用しています。
このクリーンディーゼルは
これまでのディーゼルからすると静かだと思います。
しかし、ハンズフリーで電話をすると
受話音量をかなり大きくしても
相手の声が聞き取りにくい時があります。

これがリーフだと一変しますもんね。
タイヤのノイズ以外は
ほとんどしないので、
ストレスなくハンズフリーで会話が出来ます。
楽しめるっていうことですかね。

新しくリーフのオーナーになった方
また、試乗をされる方、
ぜひ、ハンズフリーフォンもお試しください。

あらら、燃料電池バスの話でしたね。笑
トヨタ自動車九州でも水素ステーションの
準備というか、実験を繰り返して、
その効果を検証し、一気に拡大!って考えているのでしょうか。

リーフもそうですが、
インフラの整備がカギを握ります。
どんな展開をするのか、楽しみに見つめていきたいと思います。

サイト内検索



  • WWW を検索
    このサイト内 を検索