« 今年はいちごが高い! | メイン | CX-5 オイル交換とタイヤの空気圧チェック »

2013年12月25日 (水)

お金ばかりではなく、「口コミ」も効果がありまっせ!

急速充電器の整備計画が拡大中で
待ち望んでいた私たちには朗報ですよね。

多くのコメントもいただきました。

例えば、
先日、紹介した九州自動車道への追加整備の実施。
おわかりのようにSAになっています。
なぜ、PAじゃないのでしょう。
また、
道の駅への整備が進みますよね。
なぜなのでしょう。

それは、率直に言うと「お金」なんです。
設置者にとっては
これを設置することによる
「効果」を期待するわけですよね。
自分が設置者の立場になれば、
おのずと分かることです。

急速充電器を設置した場合、
1台当たり、
15〜30分程度の充電駐車時間が発生します。
そこで、トイレに行ったり、
飲み物を飲んだりするわけですが
それでは、まだまだ足りません。
それくらいは普通の自動車でも予想されることです。

せっかく設置した急速充電器ですから、
できれば、多人数で電気自動車に乗って
SA等を訪れてほしいわけです。
そして、充電している時間に
食事をするなり、お土産を買うことで
ニンマリ・・・設置してよかった!
になるわけです。

これは、急速充電器そのものを
開発・販売しているとある方も同意見でした。

この設置することによる「効果」が
最も大きなカギを握っています。

一方で、整備を待ち望んでおられる方々が
いらっしゃいます。

例えば、東北自動車道関係もそう。
このブログに遊びに来てくださる方の中にも
東北自動車道のSAへの設置を今か今かと
待っておられる方がいらっしゃいます。

いつもの通り、卵と鶏の話になってしまうのですが、
答えは明白。
カリフォルニアがそうであるように、
今はインフラ整備や社会的な恩恵があってから
電気自動車の普及が進んでいるのです。

自分もそうですが、充電の間、
家族でトイレに行き、飲み物を買ったり、
食べ物を食べたりするでしょう。

しかし、もっと大切なことがあります。

「お金」以上の効果がある・・・
それが「口コミ」です。

あそこは「便利だったよ」「快適だったよ」
「○○が安かったよ!」といったことが
口コミの源にもなります。

それが波及効果を生み、
人々が集う場所になっていくのではないでしょうか。

このブログをお読みで関係の方が
いらっしゃいましたら、
東北自動車道への設置にも
是非とも前向きに検討していただきたく、
お願いする次第です。

東北の観光、物産は魅力的。
関東から足を伸ばすEVオーナーも
きっといらっしゃるはずです。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/535253/32016021

お金ばかりではなく、「口コミ」も効果がありまっせ!を参照しているブログ:

コメント

東北方面は冬場の厳しい寒さ故に、急速充電器複数台設置が基本になるのではないでしょうか?(以下かなり勝手な言い分ですがゴメンナサイ)

先日もこちらに書き込みさせて頂きましたが、冬場の充電時間は30分では例え急速充電器でも思ったほど充電されません。恐らく残量30%からだと70%に届くか届かないかだと思います。高速道路上ですからこれでは、次の充電場所までとても心細い。従って時間規制での充電ではなく、率での充電を優先して頂きたいと思います。

ところが80%までの充電規制にした場合、一時間弱掛かってしまいますから、複数台の充電器が無いと行列が出来てしまい、寒い中二時間待ちのようなことが起きてしまうと思います。

もし他と同じように30分の時間規制をするようなら、全てのSAやPAに設置しないと電気自動車乗りには厳しいと思われます。

あとはICに近い日産ディーラーが有れば、そことの共存も宜しいかと思います。
(つい半年前九州に旅行した時は、このパターンで何とかしのぎました。これはこれで旅の楽しさでもあります)

でも冬場の電力需要は夏より多いのがこの地域の特色ですから、急速充電器を複数台設置は違う意味で厳しいかもしれませんね?
高速道路事業者の方も色々研究されていると思いますが、是非とも前向きに検討して頂きたいと思います。

 ありがとうございます。

 今回、NEXCO東日本さんに出した質問について、回答がありました。

○質問は、以下の内容です。

 今月発表された、「次世代自動車充電インフラ整備ビジョン」について、質問です。
 私は、日産リーフに乗っており、東北自動車道を、電気自動車で、気軽に利用したいと考えております。
 今回のビジョンでは、首都圏を重点的に整備し、東北道は、埼玉県、群馬県、栃木県ということで、
福島、宮城、岩手、青森は、あげられておりません。
 電気自動車は、被災地でこそ活用されるべきと考えます。
 被災三県そして青森に続く東北道こそ、充電インフラが早急に整備される必要があると思いますが、
東日本さんは、具体的に、福島、宮城、岩手、青森の整備計画を教えて下さい。
 以前、一般道に充電でおりても、料金が継続できるようにお願いしました。
 現状では、仙台宮城から福島にたどり着くのもアップアップです。
 環境負荷のない、次世代自動車で、高速道路が快適に利用できるように、よろしくお願いいたします。

●回答は、以下の通りです。

 メールを拝見いたしました。
 いつも高速道路をご利用くださいまして、ありがとうございます。

お申し出の件ですが、
「福島県」、「宮城県」、「岩手県」及び「青森県」への
急速充電器の設置につきましては、現在のところ決定していません。
ご了承ください。

首都圏以外への設置につきましては、
現在の電気自動車の普及状況、急速充電器の普及状況及び
交通動向などを踏まえ、首都圏と周辺主要都市間の移動、
主要都市内の移動を想定した範囲に配置する計画です。
また、具体的な整備箇所や設置位置は、現在検討中です。

貴重なご意見をお寄せくださいましてありがとうございました。

今後とも引き続きご愛顧のほどお願い申し上げます。

(長くて、申し訳ありません。)

東北道にCQを強く望む者です(笑)
日産と三菱に提案、充電電池を暖める機能を付けて下さい。
冷えた電池はとても充電時間が長くなって困ってます。

くま2315さん、まりものパパさん
お二人、コメントありがとうございます。

お二方とも冬場に充電にかかる時間が
長くてかなわん!というコメントをいただいています。
ま、夏場のことを考えると冷やした方バッテリーにはいいんですよね。
帯になんちゃらでして・・・。なかなかむずかしいですよね。

でも、もっと大切なことは、
東北道に急速充電設備を望む声があるということ。
きっと自治体のプランの部署は
NEXCOさんと協議する場を設けていらっしゃると思います。
そして、採算の面でいくら補助をしてもらえると言ってもねぇ・・・みたいになっていると思うんです。
自分もブログで発信を続けていきます。
ぜひ、みんなの声を届けていきたいですね。

ken-ichi3さん、NEXCOさんとのやりとりを
詳細に教えてくださり、ありがとうございました。

検討中という回答を引き出せたことは
大きな前進ですよね。
担当者の方もわかってらっしゃいます。
それは、間違いない。
あとは、ここも同じく、ニワトリが先か、タマゴか?になるわけです。

企業の思い切った先行投資を生むためには
ユーザーの声が大切です。
ですから、先日のEVフェスにも顔を出しました。
自治体や企業は「実績」という「数字」に分館です。
ご存知のように予算取りのためには、具体的な利用回数や人数といったデータがものをいうからです。
みんなで電気自動車に関するイベントを盛り上げていきたいですね!

Yoitomakeさん、おばんです!
 
 EXCO東日本さんの、12月25日の回答について、12月26日に、再度、以下の質問をしました。

 12月25日に頂いた、下記の回答について、再度、お聞かせください。
 「お申し出の件ですが、「福島県」、「宮城県」、「岩手県」及び
 「青森県」への急速充電器の設置につきましては、現在のところ
 決定していません。ご了承ください。」これは、
 1.将来に渡って、設置する予定はない。
 2.4~5年は、設置する予定はない。
 3.1~2年内には設置する。のいずれでしょうか。
 また「白河以北について、設置する予定はない」という、最大の理由は
なんでしょうか。
 以上、具体的に、お考えをお聞かせください。
 できれば、年内に頂けると、うれしいです。

 なんと、27日の今日、回答がありました。
 前回は回答まで1週間でしたが、今回は、こちらの要望に応えて、年内に回答をくれました。
 その回答は、

--------------------------------------------------------------------
メールを拝見いたしました。

お申し出の件ですが、
「福島県」、「宮城県」、「岩手県」及び「青森県」への
具体的な整備箇所及び設置時期につきましては、
現在のところ検討中であり、決定していません。

また、「白河以北」の設置予定につきましても、
電気自動車及び急速充電器の普及状況や交通動向などを踏まえ、
現在検討しているところです。

具体的な設置箇所などが決定しましたら、
当社ホームページなどでお知らせいたしますので、ご了承ください。

今後とも引き続きご愛顧のほどお願い申し上げます。
--------------------------------------------------------------------
です。
 
回答内容からは、
・設置するつもりといか、とにかく予定はある。
・時期は、はっきり触れてないが、上の2または3も否定はしていない
・「年内」という要望に、答えてくれたことには誠意を感じます。

と言うことは、
・リーフで高速を走り回り、充電に降りて、また入ってくる姿を認識してもらう
・要望を、NEXCO東日本さんに、みんなで、何回も要望する
ことが大事なんでしょうかね。

「緑きらめくみちのく路の春を、次世代インフラで迎えましょう!」

くま2315さん、こんばんは。
返信が大変遅くなって失礼しました。

担当の方には、
貴殿の熱意が伝わっているのだと思います。
それは、きっと内部資料にも添付される資料の一部となると思います。
お客さまの声って結構大切です。

検討中・・・そうだと思います。
何らかの具体的動きには
後ろ盾となる予算が必要です。

ただ、もしかしたら、
具体的な設置の費用等が
来年度の予算には入っていないかもしれません。

また、この動きはサイトをチェックしていても
なかなか見つからない場合もあります。

NEXCO西日本さんの場合も自分はたまたま
入札の状況などについて見ていて、
今回の設置につながる電気自動車の急速充電器に関する
調査等のプランの公開期間は短かったので。

自分もブログで情報や要望の発信をしていきますね。
少しでもお役に立てればと思います。

いよいよ年の瀬です。
今年も大変お世話になりました。
よいお年をお迎えください。

 Yoitomake様、返信、ありがとうございます。
 今日が、今年の仕事納めでした。
 今年も、いろいろと、貴重な情報、ありがとうございました。
 来年も、よろしくお願いいたします。

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

サイト内検索



  • WWW を検索
    このサイト内 を検索