« 2013年11月 | メイン | 2014年1月 »

2013年12月

2013年12月21日 (土)

クルマよ、もっと賢くなれ!

昨日の朝、通勤時間帯のことでした。
片側1車線、黄色のセンターラインの道。
丘の上に横断歩道があるところでした。

車列は10台程度だったと思います。
自分は最後尾に近い位置でした。

横断歩道で児童が渡ったのでしょうか。
車列が止まり、自分も前方車のリアタイヤが見え
さらに後ろという車間を空けた位置で
停止しました。


やがて、車列が動きだそうとすると・・・
反対車線の先頭車が
すうーっと右にステアリングを切って、
流れるようにセンターラインを越えてきたのです。

ヤバイ!
前方車は避けられない。
ガシャーン!!

自分の前方車の右ドアにヒット。
その後、滑るように自分の方へ。

南無三。自分も巻き添えかなと覚悟を決めたのですが、
運良くすり抜けてくれました。

急いで、左前方の空き地に自分の車を止めて
被害者のクルマへ!
ドライバーの無事を確認して、一安心。
ぶつけられたため、ドアも開かず、助手席側から車の移動を案内。
そのドライバーさんが不安げでしたので、
事故処理が来るまでここにとどまることをお約束。

加害のクルマのドライバーさんにも駆け寄って
無事を確認して、警察に連絡お願い。
クルマの移動を誘導して、交通整理。
自転車で登校する中学生もいましたしね。

その後、3人で事故処理を待つことにしました。
しかし、寒かった。とても寒かったなあ・・・。

原因は・・・
自分「何か特別なことがあったんでしょ?」
ぶつかったドライバー「いえ。居眠りです・・・。」
自分「大きな事故にならず、大きなケガをする人が出なかったからよかったものの・・・。子どもたちも通学しているから気をつけてね。」

程なくして、パトカー到着。
怪我もないため、処理を進めていただくことになりました。
自分は車列が停止していた時に
センターラインを越えて事故になったことなどの
状況を伝達。
警察の方にご苦労さまと声をかけていただき、
いそいそと出勤しました。

以上が顛末です。

思いますに、
レーンキープアシストなどの
装備がついていればこの事故は
起きなかった、あるいは確率を低めたのではと思います。
もっとクルマが賢くなれば、こんな事故は減るでしょう。
登下校時にきちんと並んで通行している
子どもたちが巻き添えになる事故も防げる・・・。

年末年始、何となく気ぜわしくなります。
帰り道でもレスキューが出動する事故現場を
見かけました。
どうか皆さん、安全運転で行きましょう!
居眠りなんかもってのほかですよね。

2013年12月20日 (金)

年末年始も大丈夫 & 電池の劣化と寒い季節

12月18日(水)、日産自動車から
年末年始の急速充電サービスについて
案内されています。

こちらの
「年末年始休暇期間中の充電スタンド(急速充電)の稼働状況」
についてのページからご確認ください。

新しくリーフのオーナーになられた方にとって
年末年始の急速充電はどうなっている?って
不安に思われる方もいらっしゃるでしょう。
でも、大丈夫。
ほとんどの日産で対応しています。
ただ、店舗のセキュリティや立地条件、
店舗の施設状況などから24時間対応では
ないところもありますので、お気をつけください。

それから、寒くなってきています。
これが充電にも影響します。
単位時間当たりの充電量が減り、
充電の効率が悪くなります。

「あれぇ?秋に比べたら
電気の入りが悪いなあ・・・」って正解!

電気の出し入れの効率が悪くなります。
ご承知おきを!

最近、自分は考えているのですが、
電池の劣化は容量ダウンばかりでなく、
電気の出し入れにも影響を及ぼしているのではないか?
そんなことを疑問に思い始めています。

日産自動車の方、もしこのブログをお読みでしたら、
何らかのご回答をいただけると幸いです。
って、無理かな?

2013年12月19日 (木)

BDF5%混合軽油 熊本にも

廃食油から精製するBDF・・・バイオディーゼル燃料を
軽油に5%混合したBDF混合軽油の
スタンドがいよいよ熊本にも誕生しました。

昨日、12月18日付けの熊本日日新聞が
伝えています。

販売するのは熊本市の東光石油さん。
社長の石原さんも紙面に登場されています。
きっかけは、地元企業がBDFを精製、
生産するために、その支援をしたいということだとか。
石原社長は、次世代エネルギーの一つとして
このBDF5%混合軽油を考えているそうです。

これ、なぜ5%なのだろうと思ったので
調べてみると・・・
5%を超えると今のエンジンは
支障をきたす場合があるとのこと。

詳細はこちらの国交省のPDF資料をご確認ください。

こういった流れもエコに通じるものです。

以前も書いたように
時代の流れる速度は思った以上に速い。
次のクルマがどんな燃料や動力源で走るのか
それはますます混沌としています。
さらに、答えが見つかっても、
それはすぐに変化するようになっていくのでしょうか。

自分も機会があれば、
こちらの東光石油本荘給油所
行ってみたいと思います。

2013年12月18日 (水)

これからの・・・EVフェスティバル九州inくまもと

さて
今回をこのシリーズの最終回にしたいのですが、
このイベントは熊本県と日本EVクラブの共催と
なっています。
そして、この日本EVクラブ熊本支部を支えておられるのが
何度も紹介している「熊西(ゆうせい)オート」の
上田社長ご夫妻なのです。

もう10年になるというこのイベントは
エコメッセ熊本とというイベントと
高校生や一般(大学や企業)による
EVカーレースで成り立っています。
特に、EVカーレースは熊西オートさんなしには
成り立たない状態です。
しかし、この運営も大変な状態であり
上田様ご夫妻もどうしたものかと思案中の状態です。

自分は一つ提案があるんです。
それは、熊本の「みずあかり」のような発想も必要かと。

熊本 みずあかりのサイトはこちら

こうです。
その1
協賛金を多くの企業から募ります。
1社当たり非常に安価にします。
(みずあかりは1社2万円程度とか)
そうすることで、出来るだけ多くの企業の
負担を軽くして、協賛していただけます。

その2
人はボランティアで・・・。
(自分もできる限り協力します!)
そうすることで開催費用を抑え、
多くの支援を得ることができます。
高校生も一般も事務局持ち回りもできるでしょう。

その3
そうすることで全体の費用を抑えることが出来ます。

ぜひ、ご検討いただきたく!

最後に印象に残った場面を写真で紹介したいと思います。

Img_0711
これは、エコ電カーなどの
高校生や大学生、一般が参加しているEVレースについての
ディスカッションの光景です。
高校生、高校の先生も登壇してくださいました。
このイベントには、
今年から小中学生も参加するようになっています。
盛り上げていきたい、支えていきたいですね。

Img_0612↑ 
地元RKKのアナウンサー奥田圭さんが
取材に来られていました。
奥田さんはずっとこのEVフェスティバルを
追いかけておられます。
終日、ありがとうございました。


Img_0689

Img_0690
この2枚は、九電テクノシステムズさんの
新型急速充電器。
日産でも見かけるスマートなタイプですが、
特徴は2つありました。
一つは、この充電ガン。
ちょっと重たいのですが、取り付けはスムーズ!
ボタン一つですよ!
二つ目は、大変しっかりとした作りで
どっかの急速充電器のように
こりゃ壊れるでしょっていうファンなどが
むき出しにはなっていません。

最後に・・・

Img_0716

会場にはEVやHV、PHVなどのオーナーさんであれば
このブースでお茶やコーヒーなどを飲みながら
談笑できるスペースがありました。(専用駐車場も)
でも、お出でになる方は少なく、ちょっと寂しかった。
専用駐車場、あるいは会場に急速充電器が複数台あれば
もっと参加も多く、オーナーズミーティングも
盛り上がったかもしれませんが、これは今後の課題でしょう。

あれこれ書かせていただきましたが、
このエコメッセ熊本とEVフェスティバル九州inくまもとが
来年度も開催され、より盛り上がっていくように
熊本の一EVオーナーとして動きたいと思います。

皆さん、熊西オートさんをよろしくお願いします。

2013年12月17日 (火)

特別ゲスト!EVフェスティバル九州inくまもと Vol.2

国沢師匠のリーフ・ラリーとご対面して
会場を真っ直ぐ奥に進みました。

左手奥では子どもたち向けの
EVミニカー作成コーナーがあって
ここも大盛況!
こんな具合・・・

Img_0676


楽しそうな光景に思わず笑顔になりながら
熊西オートさんのブースが見えてきました。

社長の上田さんがEVの分解組み立てを
子どもたちとされています。

Img_0678

そして、その横には
EVやHV、PHVのオーナーが集う
ミーティングの会場が作ってありました。

そこで、ふと気が付いたんです。

あら?だれかおじさまが
静かに座ってらっしゃる・・・
誰?まさか?あらら・・・

この方がいらっしゃったんです!

Img_0706_2

そう、舘内 端先生が!

先日のEVスーパーセブンの来熊から
1ヶ月なのに・・・

自分も思わず
「代表!お見えだったんですね!」
にこりとされる舘内代表!

これは、チャンスと
しばらくの間、お話しさせていただきました。
・電気自動車の普及のこと
・EVスーパーセブンがとても高価なパーツで作られていたこと
・これから先のクルマのこと
・充電器の普及の兆しのこと・・・
いやあ、NAVIトーク世代にとって
夢のような時間だったわけです。

舘内代表の言葉で印象に残ったことを
お伝えしますと・・・

その1
自分にEVを合わせようとするから不満が出る。
EVに自分を合わせるようになるとOKだよ。

その2
EVスーパーセブンのパーツはどれも高価な物だけど
一番は急速充電の部品かな?
すべてワンオフでうん百万円もかかってるんですよ!
私:どひゃー汗

その3
NAVIトークって懐かしいねぇ。あの頃はバブルっていたよねぇ・・・笑

どなたにお目にかかっても良いように
お土産として「玉チーズ」を複数買っておいて
よかった!笑

舘内代表は午後からのEVサミットにも
コメンテーターとして参加されていました。

その他の楽しい様子については
また明日も続く・・・

2013年12月16日 (月)

座っちゃった!EVフェスティバル九州inくまもと Vol.1

行ってきました!
EVフェスティバル九州inくまもと!

午前中からお昼過ぎにかけて
熊西(ゆうせい)オートさんの
上田さんたちのブースを中心に
うろうろしていました。

数回、その様子をレポートしたいと思います。

まず、会場の様子

Img_0660

展示場内に入って
すぐ右手に国沢師匠のリーフラリーがどーんと
お出迎えです。
今年のメイン展示になっていましたよ!
国沢師匠!

今日はそのラリーカーを中心に・・・

まずは正面から・・・

Img_0654

後ろから・・・

Img_0664
リアバンパーに喜多見さんの
サンコーワークスのステッカーが目立っていました。
赤いマッドフラップが目立つぐらいですか・・・
師匠のコドラの木原さんを示す・・・

Img_0668

また、こんなステッカーもあったり・・・

Img_0666

後は、いつもの師匠のリーフ特有の
ブルーのステッカーが軽快感を演出しています。
外見上はノーマルとたいして変わりません。

しかし、内部に目をやると・・・

Img_0696これはリアのロールケージ

そして、フロント・・・

Img_0698

ビシッと作り込まれていることがわかります。
ダッシュボードもばっちりですよね。
助手席の足元には消化器があります。

熊西オートの上田社長がキーをお持ちでしたので
ドアを開けていただいたんです。
そして、特別にドライバーズシートに座らせてもらいました。
やった!
バケットシートも心地よく、走らせてみたくなりました。
ダッシュボードのバックスキンも気分上々!
皆さん、こんな光景が目の前に広がりますよ!

Img_0699

最後にタイヤをチェックしました。
ヨコハマのをADVANを装着していました。

Img_0659

驚いたのが・・・そう、
タイヤショルダーがほとんどないぐらいに
攻め込まれたままのタイヤを見ることができました。
すり減り、ガザガザになったADVAN・・・。

師匠のアグレッシブなドライブに
しっかりと応えたことがわかるタイヤでした。

しかし、うれしかったなあ。
このクルマのドライバーズシートに座ることが出来て。

熊西オートの上田社長!
そして、国沢光宏師匠、木原さん、
喜多見さん、スタッフの皆さん、ありがとうございました。

とっても格好の良いリーフでした。

明日は、豪華ゲストがいらっしゃった・・・の巻です。

2013年12月15日 (日)

ちょっとこれすごいんじゃない?!

本日までグランメッセ熊本で開かれている

「EVフェスティバル九州inくまもと」
(エコメッセ熊本と同時開催)

なんですけど、自分は今日の午前中に行く予定です。

熊西(ゆうせい)オートの
Terumi UedaさんのFBから情報をいただいていますが
この写真を見ておったまげた!

まず、これは展示車両などが置いてあるブースが見えます。
ふむふむいつもの光景です。
下にはイベントで分解されたEVが・・・。
(これも面白そう!)

写真はTerumi UedaさんのFBより

20131214_215302


ところが、次のこの写真!
同じくTerumi UedaさんのFBより

20131214_215238


わかりますか?
このグランメッセ熊本は熊本市の
益城熊本インターチェンジ沿いにある
総合展示場なのですが、
この展示ブースをぶちぬいて
広大なスペースを確保してありますよね。

そこをEVが走り回っている!!

こりゃ、凄いと思います。

グランメッセの展示場内が試乗や体験のコーナーに
なっているという企画!!

たまげた!
これって、舘内代表の意向もあるのですかねぇ?
取材しなきゃ!

遊びに来てね!っていうお誘いも受けてますし
こりゃ、行かねば!

楽しみだな〜。わくわく!
自分も試乗させてもらえるかなあ?
陣中見舞いを持参しますので、
よろしくお願いします!笑

2013年12月14日 (土)

いよいよ本日から!EVフェスティバル九州inくまもと!

いよいよ本日から熊本市のグランメッセ熊本にて
EVフェスティバル九州inくまもとが開催されます。
エコメッセとの共同開催になっています。

12月14日(土)、15日(日)の2日間

どんな展示があるのだろうって
気になる方もいらっしゃるでしょうから・・・

そんな時は、貴重な情報を発信してくださる
熊西(ゆうせい)オートさんの
Terumi Uedaさんから・・・

まず、そう我らが国沢師匠のリーフ・ラリー!
ナンバーが9238ですもんね。
写真はTerumiUedaさんのFBから

20131214_64247


なんと
東京モーターショーからやってきたクルマも
あるみたい!
これは電動バスでしょうかねぇ?

写真は同じくTerumi Uedaさんから

20131214_64410


本日、土曜日は12:10から
地元のアナウンサー 江越哲也さんの番組も
ここから放送されるとのこと!

会場図はちょっと小さいけどこんな感じ・・・

写真は同じくTerumi Uedaさんから

20131214_64704


他にもきっといろんな展示があっていますので
お近くの方はもちろん
他県の方も九州自動車道を利用して
益城空港インターチェンジで降りてすぐです!

ぜひ、お越しくださいね!

自分は今日はたぶん行けません。
なぜかって・・・
両日とも顔を出したいのですが
長男が左手首を骨折!痛!(>_<)
サポートが必要なので・・・明日になるでしょう。

2013年12月13日 (金)

出ましたねぇ!エアロ

東京モーターショーでも発表になっていた
リーフのスタイリッシュバージョンである
「エアロスタイル」がいよいよ来年1月8日に発売されます。
このクルマの登場を待っていた人もいらっしゃることでしょう。

写真は日産リーフの
こちらのサイトから

20131212_224948

自分のリーフはエアロパーツをつけていたので
フロント以外はそう違いはないかなあって思っています。

フロントには
今流行りのLEDを一列に並べたデイタイムライトが
配置されています。

ま、自分のブルーのリングイルミフォグも
フォグをつけちゃうとブルーのリングイルミが消えちゃいますけど
フォグをつけることはあまりないので
そんなブルーのリングイルミがついたリーフも
自分はお気に入りなんですよ。格好いいです。
夕方や薄暮の時間は、何とも言えませんよ。
鋭角なLEDヘッドライトが輝き、ブルーのリングが妖しくて
スタイルがビシッと引き締まって
自分は好きなんです。

気になるのは
ブルーが配色された17インチの特別なアルミホイールかな。
これは結構格好良いです。

これ、将来、自分のリーフにつけてみましょうかねぇ。

2013年12月12日 (木)

今度の土日は「くまもとエコメッセ」へ!

今週の土日
12月14日(土)、15日(日)は
グランメッセ熊本にて
「くまもとエコメッセ」が開催され
そこで、EVフェスティバルin九州の第2弾も同時開催です!

たくさんのEVがやってくるはずですが
特にあの国沢光宏さんがご自分のリーフを
EVラリー車に仕立てた
「リーフ・ラリー国沢仕様」が展示されます。

こちらの国沢光宏さんの日々是修行の
トップの写真のクルマです。

このクルマは先日の新城ラリーにて
クラス優勝を果たすなど上位陣をおびやかす
大活躍をしたクルマです。
国沢師匠のEVによるラリー参戦は、
日本のラリー界に一石を投じることになりました。

また、さまざまなイベントも開かれます。

例えば・・・

その1 電欠実験の結果
地元熊本のEV界の雄である
熊西(ゆうせい)オートさんによる大実験をされました。
日産リーフ、スマートEV、i・ミーブ、ミニキャブミーブ、
コムスといった市販されているクルマを電欠するまで
走らせた時、それぞれのクルマがどんな状態になるのか?
こりゃ、なかなか面白い実験ですよね。
その忍耐と企画に敬意を表します。(マジで!)

その2 電気自動車の分解組み立て
チョロQモータースの【U】
このクルマを使った今度の土日、グランメッセの会場で
分解、組み立て教室。

写真はTerumi Ueda さんのFBから

1012754_333688786771016_1127167651_

その3 小学生向け[電気工作]教室
キットを使った先着25名のイベントです。

同じく写真は、Terumi UedaさんのFBから

1489048_334184543388107_1099780177_

その4 EVサミットの開催

などなど「くまもとエコメッセ」の内容も含めて
盛りだくさんです。

EVに興味のある方はもちろん
国沢さんのファンの方、
また、熊西オートさんとのふれあいなどなど
ぜひぜひ、お立ち寄りください!

EVフェスティバルin九州のページはこちら

自分もどちらかの日に出かけます!

会場はこちらのグランメッセ熊本で!

サイト内検索



  • WWW を検索
    このサイト内 を検索