« 小型EV社会実験の拡大 | メイン | 志 イノベーションを続けること »

2013年11月27日 (水)

CX-5 ビビリ音の原因

久々のCX-5ネタです。
自分のCX-5は、おかげさまで至って快調です!

そうそう、タイトルのように
先日、ビビリ音の対策をしましたので
ちょっとレポートします。

自分のクルマの場合、ちょっと舗装の荒れた路面で
どっからかビビリ音が出ていました。
なかなか音源を確認するのが
走行中は難しいですよね。

自分の場合、ふとステアリングの下に手をやったら
止まることに気が付いたんです。
たまたま偶然でした。

CX-5のステアリングは
チルト&テレスコピックになっています。
そのレバーを包むように二重のカバーになっています。
その内側がどうやら原因でした。

とりあえず、梱包の緩衝材となっていた
ちょっと薄くて長めのスポンジを
二重になっている部分の間に挟み込んだら・・・
ビンゴ!!
ビビリ音はぴたりと止まったわけです。

そこで、オイル交換で持っていったついでに
ディーラーの整備の方に見ていただきました。

すると・・・
内側のカバーを交換する必要があります!
とのこと。

2日ほどで交換部品は届き、
無償で交換していただきました。

その後、ビビリ音は全くしません。
ボディの各部からも聞こえたことがありません。
走行は2万5千キロを走りました。

至って快調!燃費もいいし。
やはりきちんとオイル交換さえ行えば
バッチリのディーゼルエンジンです。

そろそろ、雪の便りが届きそうです。
熊本の平地ではめったに雪が積もらないので
スタッドレスに変えたことはありません。

寒くなりそうなので、考えようかなあ
スタッドレス。17インチで十分ですよね。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/535253/31970797

CX-5 ビビリ音の原因を参照しているブログ:

コメント

こんいちは。
今年の冬は寒くなるそうですね。
同じ熊本でも私の住む南阿蘇ではスタッドレスは必着です。
今回はじめてリーフでの冬となりますが、タイヤサイズも16インチを超えるとずいぶんと高く、格安で仕入れたコンチネンタルCVCで越冬することになりました。
情報の少ないタイヤなのでどんな走りをしてくれるか楽しみ不安半々というところでしょうか。今週末あたりに履き替える予定です。

じのじのさん、こんばんは!

南阿蘇やお近くの山間部では
皆さん、スタッドレスにされていますよね。
リーフは雪道でも抜群のバランスのようですから
それもまた楽しまれてください!
どんな走りなのかも機会があれば
お教えください。
よろしくお願いします。

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

サイト内検索



  • WWW を検索
    このサイト内 を検索