« 気になってきた・・・NISMOのパーツ | メイン | 半沢直樹 42.2% 瞬間50%超! »

2013年9月24日 (火)

アップル シェア拡大には? iPhone5S&5C

日本では3社からiPhone5S&5Cの発売が始まり、
Android勢はますます厳しくなってきました。
世界的に見たら、むしろ逆で
Androidの勢力は増すばかりです。

20130923_173847


ところが、ご存知のように
iPhone5Cもあまり値段を下げませんでした。

価格をちょっと高く設定しても「売れる」
と判断している。
シェア争いをして、無理に低価格にしなくとも
高価格路線で押しています。
利益率がとても高いのですね。たぶん。

中国辺りではすぐに偽物が出回ります。
それは、iPhoneに対しての憧れがある。

中古のiPhoneが売れています。
だから、下取りの価格が「高い」のです。

購買層がAndroidとは違うといえます。
そして、この購買層がiPhoneを指名する。
iPhoneのブランドの力はまだまだ
この先数年を乗り切る力があると判断しているのでしょう。

友人とも話しますが、
iOSとAndroidは機能的には
そうたいして差はないというのが 結論です。

では、なぜiPhoneなのか・・・
ヌルヌル動くから?
安定しているから?
アップルというブランド?

自分は根っからのアップルファンなので
「好きだから!」が基本ですが、 好きになる理由があるんです。
それもずっと積み上げられたもの。

iMacDVやPowerbookG3から
このアップルの世界に入りました。
それ以後、ずっとメインのパソコンはアップル。

そのアップル(ジョブズ)が
新しいデバイスとしてiPhoneを出した。
その世界は衝撃的でした。

ガラケーは電話。
それを一蹴する魅力があったので、
iPhone3G以来、ずっと。

また、そのアクセシビリティの高さは
孤高の存在です。

仕事の関係で特別支援にも関わっています。
2020年にはパラリンピックもありますが、
目や耳、体の不自由な方にとって
このiPadやiPhoneは素晴らしいデバイス。
これもこのアップルの考え方に賛同している点なのです。

このアクセシビリティの高さは
多くの人の支持を得ています。
皆さんも一度、
「設定」→「アクセシビリティ」から
その世界を、三本指タップの世界を試してみてください。

iPhoneの魅力はまだまだ続くと考えます。
このトンガリ方はやっぱり魅力です。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/535253/31860855

アップル シェア拡大には? iPhone5S&5C を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

サイト内検索



  • WWW を検索
    このサイト内 を検索