« 炭素繊維の可能性 | メイン | 試乗できるんです!リーフのNISMO仕様に!! »

2013年9月30日 (月)

2020年の自律走行システム

日産自動車の自律走行システムが
各種メディアに取り上げられました。

ベース車両はリーフ。
ナンバーも取って、市街地を走るって
面白くなってきました。
お役所も英断ですよね。

市街地バージョンと高速道路バージョン?
みたいなものもあるらしくて、
日産のトータルで考える安全技術が
提案されます。

しかし、あと5年のうちに
これだけのシステムがうまく収まるように
なるのかなぁって考えちゃいますよね。

写真はリーフのトランクに積み込まれた
制御システム。(レスポンスさんより)

記事はこちらです。

20130929_111002

びっしり!
まだまだ相当でかい!
いや、でかすぎ!ですよね。
それにこのファン!ファン!
キーンって音を内側からもかなりさせているはずです。
発熱もありそうです。
どんなシステム制御なのか、興味津々ですけど。

回路の集積がどんどん進むから、
可能な時期を2020年をめどにしている?


ベース車両がリーフって面白いですが
前にも書いたけど
その技術を小出しにしてでも良いから
今のリーフに積むことを
可能にしてくれないものでしょうか?

このエレクトリックの塊のリーフには
残念ながら自動ブレーキなどもありません。
マイチェンでも用意されず・・・。

2020年はわかったから、
今の日産自動車の技術で市販車に
搭載できるものはないの?って思います。


トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/535253/31871901

2020年の自律走行システムを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

サイト内検索



  • WWW を検索
    このサイト内 を検索