« プリウスの役割 | メイン | フラットデザイン 今日の非常識、明日の常識 »

2013年8月25日 (日)

リーフ・ラリー 支える輪 丹後半島ラリー

丹後半島ラリーを国沢師匠がリーフを駆って

出場されています。

丹後半島ラリーはこちら 

Q電丸

そして、バッテリー冷却体制の充実

さらに、なんと

Q電丸さんとのつながりで

ニチコンさんがLEAF to Homeを用意されたようです。

そのLEAF to Homeが

国沢チームの電力を供給しているとのこと。

これだと、IHクッキングヒーターなんぞが

入っているのかなあ。

ラリー車の作業もそうですが、

飲食も全部LEAF to Homeなのでしょうか?

写真は師匠のサイトから

Img_5119_2_2

最初の写真で、

この黒リーフは???って思ったら

そうかあ、LEAF to Homeだったんですね。

大会スタッフを始め、

電気自動車の出場に関して

関心を高め、

理解している人が増えている様子ですね。

師匠の参戦は

ラリー車への電気自動車の広がりはもとより

電気自動車のより一層の理解と普及・・・

そういった意味でも重要な意味を持っています。


永田さん、今回もレポートありがとうございます。

よろしくお願いします。



がんばれ!国沢師匠とスタッフの皆さん!

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/535253/31801017

リーフ・ラリー 支える輪 丹後半島ラリーを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

サイト内検索



  • WWW を検索
    このサイト内 を検索