« ハワイを走るリーフ | メイン | D’S FACTORY 心の花を咲かせよう! »

2013年8月31日 (土)

次期プリウス ガソリンハイブリッドはどうなる?

ソースはいつものレスポンスさん

こちら 

トヨタ プリウス 次期型、「著しい燃費向上」…小木曽常務理事

こちら 

【新聞ウォッチ】過熱する燃費競争、トヨタ、次世代プリウスで “倍返し”

次期プリウスに関する記事です。

10%の改善という話題が出ていましたね。

それでも、リッター40㎞には届かない・・・。

それくらいのインパクトを期待するのですが、

技術に素人の夢物語なのでしょうか・・・。

それとも・・・

もうガソリンハイブリッドとしては

限界に近いのでしょうか?

コストで考えると

ディーゼルハイブリッドやPHVでしょうか・・・。

それとも一気にEVか・・・。

現行型のプリウスのPHVには

モニターで試乗させてもらって

値段さえ折り合えば、もっともっと売れると思いました。

リーフに乗っている自分も心が揺れましたモン。

(くまモン 笑)

改善した通常のガソリンハイブリッドのプリウスを残すものの、

PHVを中心に販売するのでしょうか?

日産がリーフを出して、充電器の設置に投資していた頃、

トヨタ自動車はchademoの会員でしたが

あまり積極的ではない様子でしたよね。

ところが・・・

最近になって、トヨタ自動車は

普通及び急速充電器の普及に積極的になってきたので

何らかの未来図をEVやPHV向けて描いているのでしょう。

このままガソリン価格が上昇したままなら

リッター何㎞っていうよりも

燃料コストそのものに注目する人が増えていくでしょう。

そう、しばらくは、

コストの安いディーゼル中心でいこうという

マツダのように。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/535253/31811319

次期プリウス ガソリンハイブリッドはどうなる?を参照しているブログ:

コメント

御無沙汰です。
次期型プリウス、楽しみですね。
アイサイトのような追突軽減ブレーキシステムの搭載と、カタログ数値40km/L以上の燃費性能の搭載を、販売が少し遅れても実現してもらえたらなっておもいます。
当方のランクルもなかなかに燃料コストが高くなっており、もう1台のスバルR2が日々かどうしています。その流れで、先日スバルのメイン車種を幾つか試乗しました。とてもいい車ばかりなのですが、どれも燃費性能は今ひとつ故にいくらスバルがよいのがわかってはいても、買い換えるまでには至らず、デリカD:5、PHEV、アテンザ、Cx-5、リーフ、プリウスを見てきて、今カタログを家族と並べて思案しています。用途、燃費性能、価格、運転の楽しさにバランスの取れた車種選びは、なかなか難しいものですね。

たーさーさん、こんばんは!
台風は消えましたが、地域によっては
大雨になっていますが、いかがですか?
ちょっと遅めのレスになってしまいました。
すんません。

さて、スバル、自分もCX-5を買う時に
いろいろと考えたんです。
安全技術アイサイト登載車は、中古でも買えたんです。
でも、やっぱり、燃費で断念しました。

CX-5の自動ブレーキは30㎞までですが、
ついているとやっぱり安心です。
もうすぐマイチェンするみたいですし、
アクセラも待ってますしね。
新型のプリウス、気合いが入っているはずなので、
楽しみですね!
新車ならばそれこそ、じっくりとお選びください!

プリウスPHVです。私はほぼ市内だけで走りますのでリッター125km平均です。市外でも帰りが山道だと満充電になります。事実YouTubeにも掲載されてますよ。

ペーターさん、はじめまして。
コメント、ありがとうございます!

貴殿がプリウスPHVで
市内を中心に活用されることで
メリットを発揮させていらっしゃいます。

いつかここで紹介させていただきましたように、日本EVクラブの舘内代表が
「EVに自分のライフスタイルを合わせる」って
おっしゃいました。
私たちはそうやって、クルマと素晴らしい関係を築くことができますよね。

これからもよろしくお願いします。

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

サイト内検索



  • WWW を検索
    このサイト内 を検索