« 2013年5月 | メイン | 2013年7月 »

2013年6月

2013年6月30日 (日)

本命登場!次期アクセラ(マツダ3)は赤いファミリアの再来だ!

もうすでにネット上では

ちょっとした騒ぎ?になっている「新型アクセラ」

写真

20130629_172338

YouTubeはこちら 

CX-5、

そして、アテンザ・・・と

マツダの新しいデザインのアイデンティティが

見事に開花。

それを少し小さく、低くした

まるで教科書通りのアクセラの登場!

BMWやメルセデス、VWといった

ドイツメーカーを横目で見ながらの

マツダの答えがこれですね。

皆さんも予想されているように

これでちょっと車高を上げて

黒い樹脂のアンダーカバーをつけると

CX-3の出来上がりぃ!!

いいぞ、いいぞ!マツダ!

こりゃ、売れます!

今のアクセラ・・・

自分は、あの笑ったような顔がちょっと・・・

なんですよね。

今のアクセラオーナーの皆さんは

ぜひ買い換えをご検討ください。って書いたら

余計なお世話だ!って叱られちゃいますね。

ごめんなさい。

でも、きっとお考えになるはず。

もしかしたら、デミオのオーナーさんも?

いや、トヨタやホンダ、日産のクルマにお乗りの方も?


自分たちと同じ世代の方々は

赤いファミリアの再来を予感してるかも?

昔から「マツダ○○」って良くない話もありましたけど

んなこたぁありません。

CX-5のステアリングを握ることって

リーフと同じくらいに好きだなあ。

自分も株買おうかなあ!

どうでしょうか?国沢師匠!笑

2013年6月29日 (土)

Early Adopters の リーフオーナーへ

昨日、追伸として紹介した

「交流さん」からの情報!

こら、たまげた!

ソースはこちらの

ロサンゼルスタイムズ

Nissan offers battery upgrade for Leaf drivers

もう一度、交流さんのコメントを紹介します。

〜Under the new program, starting early next year, drivers of the 2011, 2012 or 2013 models will be able to get a new battery installed in their vehicles. "We’re trying to make our batteries backward-compatible as much as we can," said Brian Brockman, a representative of Nissan North America Inc.

来年初めには、2011・2012・2013年モデルのオーナは新型バッテリーを装着できるようになる。できるだけ旧モデルとの互換性に務める。

The battery program may also help sell new Leafs, but it aims mainly to reward the car's early adopters.

このプログラムは販売貢献よりも初期オーナーへの配慮・・。

There's no time constraint on participation in the program.

このプログラム参加への時間的制約はない。

最後の「時間制約」の意味がいまいちですが、

毎月100ドル払ってすぐに新型バッテリーに

変えてくれる筈はないと思うので

そこら辺の条件次第ですが、

米国では低額でEVをリースできるので

むしろこのプログラム日本で適用されたら効果大きいですよね。〜

こりゃあ、何度も書きますが、凄いことです。

北米だけでなく日本で実施してくれると

とても期待してます。

いつかこのブログでも書きましたが、

バッテリー技術も想像以上に向上しており、

コストは下がり、容量は増えて、性能アップ。

だから、将来を考える方は「今は買わない!」

だって、すぐに陳腐化するから・・・

その意見って、よくわかります。

パソコンのように「買いたいときが買い時!」

じゃないですよね。

金額がそれなりですもん。

自分はその志の高さと乗り味に惚れて

このクルマを買いましたが、

マイチェンリーフを見るにつけ、

大幅性能アップにはちょっとグラグラしたものです。

しかし、このような形で、

初期型のユーザーに対して性能がアップした

バッテリーに保証込みで交換できる・・・

ってことになったら、

ホント、いつ買うの?今でしょ?になっちゃいます。

初期型ユーザーがきっと世界で最も多い

日本でこのニュースが発表されることを待っています。

日産さん、志賀会長、よろしくお願いします。<(_ _)>


追伸

交流さんから丁寧に英訳の修正がコメントで寄せられました。合わせてお読みください。

2013年6月28日 (金)

NEXCO西日本 急速充電サービス開始!第1弾!

以前もご紹介した

NEXCO西日本の急速充電サービスの拡大の

工事が進んできました。

22基が設置されるとアナウンスされていましたが

そのうちの12基がいよいよ7月サービスを開始します。

アナウンスはこちらのNEXCO西日本のサイト

電気自動車急速充電設備のサービス開始について

マップはそのサイトから

20130627_202745

ここをクリックするとPDFファイルが開きます。(114KB)

サービス開始時期(予定)

平成25年7月10日(水曜)13時00分~

山陽自動車道 三木SA(上り線)

平成25年7月22日(月曜)13時00分~

山陽自動車道 福石PA(下り線)

山陽自動車道 吉備SA(上り線)

山陽自動車道 吉備SA(下り線)

岡山自動車道 高梁SA(上り線)

米子自動車道 蒜山高原SA(上り線)

米子自動車道 蒜山高原SA(下り線) 

高知自動車道 馬立PA 

高知自動車道 立川PA 

平成25年7月31日(水曜)13時00分~

名神高速道路 草津PA(上り線)

名神高速道路 草津PA(下り線)

名神高速道路 桂川PA(下り線)

合計 12基

となっています。

お近くの方!よかったですね。

西日本からも高速道路での

急速充電利用の声がネットで届けられることでしょう。

楽しみですね。

また、マップを見るとわかりますが、

九州自動車道の2カ所は緑色になっていて

工事中とのことです。

自分たちは、楽しみに待ちましょう。

そうそう、無料で利用できますが、

電気自動車も数が増えています。

くれぐれも皆さん、マナーを守って

気持ちよく使えるようにしたいですね。

追伸

詳細は別途書きますが、

先日の記事


バッテリーのアップグレードって何だろう?北米日産さん!


「交流さん」のコメントに大注目!です。

2013年6月27日 (木)

Pikes Peak Internatinal Hill Climb , June30 2013

そう今年もPikes Peakがやってきました。

今年は6月30日(日)。

PPIHCの公式サイトはこちら! 

写真はそのサイトのトップムービーから

20130626_211326

いやあ、大迫力!!

今年も

モンスター田嶋さん!

三菱の増岡さんをはじめ、

トヨタ、YOKOHAMAタイヤなどなど

日本からも参戦多数!

この辺りのレポートは

エコカーアジアの

XaCARブログが情報一番かな?

XaCARブログはこちらから!

ぜひ、お読みください!

このXaCARブログによると

86も大人気らしく、うれしいなあ。

田嶋さん!

もうすぐ誕生日!たしか、6月28日!

お祝いのPPIHCになりますように!

皆さん、今年もPPIHCに注目!

追伸

そうそう、本家のエコカーアジアにも記事いっぱいです。

師匠、失礼しました。

エコカーアジアはもちろんこちらから! 

2013年6月26日 (水)

バッテリーのアップグレードって何だろう?北米日産さん!

ソースはいつものレスポンスさん

日産 リーフ、米国でバッテリー交換プログラム実施へ

北米日産の発表で

リーフのバッテリー交換プログラムを

月々100ドルで実施するというものなのですが、

契約すると

新品のバッテリーと交換するか

バッテリーをアップグレードするかを選択

ってあります。

気になったのは、「アップグレード」。

うーん。

容量が大きなセルに交換してあるのか?

それとも

中古ではあるが、リフレッシュしたものなのか

でも、料金は一緒なので・・・。

うーん。わからん。

森脇さん、もうちょっと詳しく教えてください。

それから、NISMOからエアロパーツが出てますね。

日産のリーフブログで公開されています。


写真はそのブログから

20130625_193419

こちら

「NISSAN LEAF NISMO Performance Package」2013年夏頃の販売開始を予定

モーターまでリセッティングされているといいますから

走りがもっと良くなっているのでしょう。

これは、楽しみ!

2013年6月25日 (火)

旅のプランと電気自動車

日産リーフのブログに綴られていた

リーフを使った伊豆周遊プラン。

「日産リーフ × 界 星野リゾート コラボ企画 夏旅プラン」

ブログはこちら

旅プランのページはこちら

熊本県でもホンダフィットEVを無料で借りて

阿蘇時を巡る観光プランが提案されています。

南阿蘇観光協会の該当のページはこちら 

写真は南阿蘇観光協会のページから

20130623_172621_2

あらかじめ設定されたコースを

スタンプラリーで巡るのですが、

南阿蘇の名所をゆっくり、そして、「快適に」

EVで進むという1日の旅。

地域の観光にとってもよい提案だと思います。

熊本の場合、

まだ、伊豆ほど急速充電器の数がないので

南阿蘇限定のプランとなっています。

EVの良さは多々あります。

「快適に」というのも重要なキーワード。

もっともっと、多くの方に知って欲しいですよね。

何度も書いていますが、

後は、インフラの整備なんですよね。

利用者、設置者双方にうまくいく整備が進みますように。

2013年6月24日 (月)

ル・マン トヨタ 善戦! 井原慶子さん レポートありがとうございました。

今年のル・マン24時間が終わりましたね。

自分はMacBookをリビングにおいて、

Automobile Club de l'Ouest

の中継をAirPlayでテレビに映し出しながら、

時間を見つけて観戦していました。

写真は中継からキャプチャしたものです。

20130623_162444

20130623_135422

20130623_135320

アウディは強かったものの

トヨタも粘り強い走りでチャンスを伺っていましたね。

アウディにも

トヨタにも勝利の女神がそっぽ向いたり

ほほえんだり・・・。

日本人のドライバーも

中嶋一貴さんのマシンは終盤に危機を迎えましたが

4位でフィニッシュ!

小林可夢偉さんもクラス4位ですね。

井原慶子さん、中野信治さん、惜しくもリタイアですが、

井原さんはレース前から

丁寧にブログでレポートしてくださっていました。

井原慶子さんのブログ 

また、来年に向かって、突き進む意気込みが

レース後の共同記者会見で伝わってきました。

天候がめまぐるしく変わる中

全チームのスタッフは大忙しだったことでしょう。

皆さん、お疲れさまでした。

そして、夢をありがとうございました。


2013年6月23日 (日)

ル・マン そして、2014年 Nissan ZEOD RC へ

昨日から今年のル・マンが始まりましたね。

日本からも

井原慶子さん、中野信治さん、小林可夢偉さん、中嶋一貴さんらが

ドライバーとして参戦しています。

そのル・マンで6月21日

世界最速の電力駆動レーシングカー

「Nissan ZEOD RC(Zero Emission On Demand Racing Car)」

が公開されました。

YoutubeのNISMO TVチャンネルでも

開発スタッフのインタビューやその姿、イメージを

見ることができます。

こちら

写真はそのサイトから

20130622_211100

このクルマは、

リーフのリチウムイオンバッテリー技術を活用しているとのことで、

300km/h以上の最高速を実現しているといいます。

先日のブログでも紹介した

あのデルタウィングと同じチーム。

デルタウィングは引き継がれて

今はクーペボディになっていますが、

こちらもキレイなクーペスタイルとなっています。

特徴的なのは、やはりそのフロント。

リアセクションは安定感のあるもので

そのエアロ特性はコンパクトな

モーターが駆動することにより

きっと良好な数値を示しているでしょう。

このクルマの開発が進み、来年のル・マンで走る・・・

今年は

アウディ対トヨタのハイブリッド対決となっていますが、

来年には電力駆動のマシンが走りだし、

comboの開発とも相まって、

欧州で電気自動車の認知が上がっていくでしょう。

さすれば、

再来年辺りから

電力駆動が出走車の一角を占めていくのでしょうね。

また、EVに関する楽しみが増えました。

2013年6月22日 (土)

可愛い螺旋状の花 ネジバナ

鬱陶しい梅雨の時期。

蒸し暑くて、ちょっと参っちゃいますよね。

最近は5月病ならぬ6月病もあるそうで、

ちょっとへこたれそうな人は

今日の写真で元気になって欲しい。

自分は毎年、この時期も好きでして

そう、このネジバナに会えるからです。

写真1 SIGMA DP2x

Sdim1984

写真2 EOS5Dmk2 100macro

Img_1507

自分の職場の芝生のゾーンに

このネジバナ(ねじり花)が咲いています。

ラン科の花で小さな花は、そう、ランの花です。

それが、このようにグルリと

ネジのように巻きながら咲くサマは

とても美しく、可愛らしいです。

このネジバナ

今が開花の時期でして、

結構、皆さんが散歩される公園などに

咲いているのではないでしょうか?


ちょっと疲れたな・・・って思ったとき

みなさんのそばにこの花が咲いているといいですね。

ほんと小さな花なんですが、

心が癒やされますよ。

そうそう、この花。

意外と逞しいのですが、

自分で鉢などに植えて育てるって

結構難しいそうです。

2013年6月21日 (金)

全部やる!ホンダ!

いつものレスポンスさんに

ホンダの伊東社長との懇談の時のお話しを掲載。

こちら

ホンダ伊東社長、低燃費化は「HVもディーゼルも全部やる」

伊東社長は

「ハイブリッドもディーゼルも全部やる!」

とお話になっています。

これからに大いに期待できるなと思ったのは、

内燃機関か、電気(モーター)か

というものではなく、

どちらも進化していくであろうことと

ハイブリッドは効率を上げていくための手段であり

そのすべてを技術集団が取り組んでいる!

と説明されている点。

やはり、メルセデスもそうですし、VWもそう。

ヨーロッパ勢と張り合っていくには、

F1といったモータースポーツもそうですが、

現実から目をそらすことなく、

そして、技術を開発し、進化させていく部門への

投資を続けていくことが

これからの生き残りに大変重要だからです。

国沢師匠も書いておられるように

自動車産業はうまくこの難局を乗り切って

一皮むけた状態とも言えるでしょう。

ホンダ、面白くなってきましたね。

あとは白物家電中心だった

家電専門のメーカーが心配だなあ・・・。


追記

国沢師匠によると

産業の空洞化などのために

まだまだ厳しい状況は変わらずとのことです。

がんばれ!

もっともっと匠の技を磨いて欲しい!

サイト内検索



  • WWW を検索
    このサイト内 を検索