« 2013年2月 | メイン | 2013年4月 »

2013年3月

2013年3月31日 (日)

2030年の世界のクルマ予想図

昨日のNHKでこんなニュースが紹介されていました。

「17年後もガソリンエンジン車など9割」

調査会社の「富士経済」が

自動車メーカーや消費者への聞き取りなどを基に

まとめたものです。

とあります。

富士経済の関連ページはこちら

調査そのものの質等

(例えば、対象となった自動車メーカー、消費者など)

については

高額な調査結果を購入しないと分かりませんので

ここでどうこういうことはできません。

ま、「世界」規模で考えるなら

17年そこらでは内燃機関のクルマが主流でしょう。

中国での更なる自動車の普及、

次のマーケットと言われるインドもそうでしょう。

さらには、

中国が虎視眈々と先行大投資をしているアフリカが

待っているのです。

手軽にインフラの整備ができ、

そして、安価に販売ができる、または購入できるクルマは

エンジンのクルマになりますよね。

シェール革命も起きてますし。

電気自動車が売れない・・・なんて話も出てくるのでしょうし、

NHKもテレビのニュースでは

リーフを背景画像にしていましたしねぇ。

どんな意図があるかは分かりませんが、

リーフってクルマは骨太な電気自動車なんだなあって思いました。

17年という年月を長いと見るか

短いと見るかにもよりますし、

技術革新の速度は予測不可能。

自動車に関する調査結果の一部の見方なんだな・・・

みたいに自分は受け止めています。

2013年3月30日 (土)

イギリス(欧州)の皆さんも乗ってね

いよいよマイチェンリーフが

イギリスのサンダーランド工場で生産がスタートします。

ソースはいつものレスポンスさん

日産 リーフ、英国で現地生産を開始

ラインオフの式典にはキャメロン首相も出席されたとのこと

欧州では既に7000台以上も販売されているリーフ。

chademo急速充電器もそうですが、

もともと200Vの電気でもあるし、

家庭で充電することが主になります。

実際、遠出をしない場合は自分の場合もそう。

近距離走行の上質な乗り味のハッチバックとして

ある程度のマーケットは生まれ、

広がっていくものと考えられます。

写真はレスポンスさんより

20130328_232510

ねっ、マイチェンリーフでしょ。

やっぱり、改善著しいクルマになってます!って

セールストークもできるしねぇ。

ちょっと複雑でもある先行オーナーでございます。

2013年3月29日 (金)

北海道でのリーフ オーナーズミーティング

自分と同じ熊本人?のリーフオーナーさんが

綴っていらっしゃるブログ

LEAF life(リーフな日々)

北海道での

「人のつながり」を大切にして

日々のリーフとの生活や

北海道の自然、

マラソン、

グルメなどなどを紹介してくださっています。

このたび、リーフオーナーのお仲間との

ミーティングを開かれています。

そして、

北海道でのリーフミーティング開催を

呼びかけられています。

自分もいつかこのブログで紹介しましたように

北海道という大自然の中を

電気自動車リーフが走って行く光景は

ドンピシャだと思っています。


桜の木の下で・・・

北海道はもう少しですね・・・

shinさん!

Sakuraleaf_3

2013年3月28日 (木)

充電器の普及を横目で見ながら

リーフの値下げが実施されますよね。

師匠もこちらに書いてらっしゃいます。

電気自動車「リーフ」が28万円もの値下げを実施

そうなんです。

そして、きっと、

この値下げを念頭に置いて

急速充電器の大増設のニュースを知って

その実際の動きを静かに見守っている

リーフ及び電気自動車購入予備軍の方が

いらっしゃるはずなんです。

もしかしたら、もうすでに

何度かリーフの試乗をされていたり、

モニターでもう乗っていらっしゃる方も多数?

何度も書きますが

あの乗り心地や加速感、

旋回するときのフィールなどなど

とても滑らかなリーフ。

自分は最近は

週末に積極的にリーフのステアリングを

握っていますが、

毎回毎回、惚れ惚れするクルマなんです。

ご検討中の方、ぜひ!

急速充電器の設置状況を見ながら

検討をお進めください。

2013年3月27日 (水)

少女詩人 海達公子の詩

ラムサール条約の指定を受けた

荒尾干潟は四ツ山神社から一望できます。

その四ツ山神社には

いくつかの海達公子の詩碑が立てられています。

すゞめ

金の雲に  のらうとした

すゞめ

のられんので

とんでいって しもた

Img_0429

あつい山道

あつい山道

かきのはが 

くろう 光ってゐる

Img_2626

あり

おおきな  もの

ひいた  あり

あつかろう

Img_2618

今、四ツ山神社の参道には

多くのさくらが咲いています。

さくら

さくらの花が  さいてゐる

お日さんとならんで  さいてゐる

ぢいつと  ぢいつと

さいてゐる

Img_0430

この海達公子のような感性は、

幼い子供たちにあるものです。

子どもたちがもつそんな感性を示す

ことばや文や詩や絵を

大切にしてあげたいと思っています。

2013年3月26日 (火)

海達公子(かいたつきみこ)〜 県北(荒尾市)の少女詩人

先日のブログにいきなり息子の詩を載せて

なんじゃろ?って、すみません。


荒尾市では「海達公子まつり」が開かれ、

24日、今日は詩碑をめぐるウォークラリーも開かれました。

1916年(大正5年)

長野県に生まれ、父親の仕事の関係で熊本県荒尾市へ。

1923年(大正12年)

荒尾北尋常小学校(荒尾市立万田小学校)に入学。

1924年(大正13年)

小学2年生で、あの文芸雑誌「赤い鳥」に詩が掲載。

北原白秋にその才を褒められています。

1933年(昭和8年)

高瀬高等女学校(玉名高等学校)卒業式の日に腹膜炎 で倒れ、

同月26日に17歳で死去。


この少女詩人は、亡くなるまでの間に

5000もの詩と

300もの和歌を詠んでいます。


もし、もう少し生きていてくれたら、

金子みすゞさんと肩を並べる存在になったのでは?と

言われています。

以前、中原中也記念館を訪れたことを書きましたが

この海達公子も好きな詩人の一人なんです。

例えば・・・

赤い鳥に掲載された詩

「ひし」

とがった  ひしのみ

うらで  もずが

ないた

他にも多々の詩があります。

荒尾市内には詩碑がたくさん建てられています。

少し紹介しますね。

2013年3月25日 (月)

祝 日産リーフ owners meeting in 大阪 開催!

平成25年3月23日(土)

初めての関西におけるリーフのオーナーズミーティングが

関西大学にて実施されましたね!

このブログにもコメントをくださる

すがはらファミリーさんからも参加された旨を

伝えてくださいました。

何でも

お嬢様はゴーンさんと手をつないで

写真に収まっていらっしゃるとのこと!

良かったですねぇ!ほんと、よかった。

一生の思い出になりますね。

「日産 電気自動車」こちら

http://www.facebook.com/nissanev

のfacebookによりますと

117組248名、リーフ89台の皆さんが参加されたとのこと。

楽しい会場の様子については

日産リーフブログにも近々紹介されることでしょう。

皆さんの晴れやかな笑顔が

このミーティングの成功を伝えています。

写真は、日産 電気自動車のFacebookから。

Leaf3_6

自分も行きたかったなぁ。

国沢師匠もきっと同じ。

もっともっとこの輪が広がっていきますように。

充電器の普及と共に・・・。

2013年3月24日 (日)

スバル ハイブリッドとクリーンディーゼル

皆さんご存知のように
スバルから新しくハイブリッドカーが発表されましたね。
XVクロストレック。

エコカーアジアの記事
ニューヨークショー

写真もエコカーアジアから

Xacar1 

何人もの自動車評論家の皆さんが触れていました。

でも、自分はそれよりもヨーロッパで発表された
フォレスターのクリーンディーゼルに注目しています。
話題性はハイブリッドかも知れないけど
実際に導入して欲しいと思うのは
クリーンディーゼルだと思うんです。

そっちの話題が小さいのが?
って、思っていたら、やっぱりね
国沢師匠も自分と同じようにお考えでした。

国沢師匠の記事はこちら
スバルのハイブリッド

レスポンスさんの記事はこちら

自分はCX-5に乗っていますが、
このクリーンディーゼルの野太いフィールが大好きです。

それに勝とも劣らないスバルのディーゼル。
一つ前のフォレスターにお乗りの友人が

このクリーンディーゼルにとっても興味があるって言っています。

2013年3月23日 (土)

本日、オーナーズミーティングin大阪!

いよいよ本日
Nissan LEAF Owners’ Meeting in 大阪が開催されますね。

会場は、関西大学千里山キャンパス。

自分のブログにもコメントをくださる
すがはらファミリーさんも早朝から書き込んでくださっています。

関西を中心に、リーフのオーナーが集まる。
どんな会になるのでしょうか。楽しみですね。
こういった公式なミーティングって、安心して参加できますし、
趣向を凝らした「おもてなし」が待っています。

北の地でも有志の皆さんが
Nissan LEAF Owners’ Meeting in 白糠を
開かれるとのこと。

みなさん、楽しんできてくださいね!
もちろん、安全運転で!

そういやあ、国沢師匠もこの大阪ミーティングに
以前は行きたいってコメントされてましたけど、
行かれるのかなあ?

追記

本日の日記で、残念ながら断念されたとのことです。

関西大学千里山キャンパスのWebサイトはこちら

画像はこちら

20130305_84808

息子(小3)の詩より

風 雲、しぜんの水

雲が しずかに ふわふわ うかんでいる

その雲が風をおす

風は しぜんにまいおりて

また 力いっぱい 風をふかせる

その風は 風のかたまりになり

新しい息をはく

しぜんの水は 上流からふる雨をうけとり

そのしぜんの水は川になり

人間は

その川の水を

町のところへおくられる

その水を飲んだ人間は

力がわいてくる

なぜって、しぜんの水だから・・・

Img_2347

サイト内検索



  • WWW を検索
    このサイト内 を検索