« CX-5 BOSEサウンド | メイン | 小さなノースポール »

2013年2月25日 (月)

リーフの運転 モードをうまく使い分けて・・・

新しくリーフのオーナーになられた方も

増えているようですね。

最近、自分もよく通る道で

マイチェンリーフに数台、出会いました。


そんな方と考えてみたいのが・・・


グライダーのように滑空走行することが

エコカーの燃費や電費には重要です。

自分も最近、リーフをDモードにして

走行しながら、確かめ、実感しています。


走行可能距離が気になる方は

ECOモードやBモードばかりって場合も多いかもって

思います。

今日もマイチェン後のリーフを見つけて

この新しいユーザーさんは

どんな風に走っておられるのかな?

って。

このモードの選択で、

目の前で走行可能距離の表示が

ガラッと変わりますもんね。

走行可能距離を長く保ちたいという心理が

働きますもんね。笑

以前、交流さんからこんなコメントをいただいています。

〜HVやEVの惰性走行で燃費電費を伸ばすためには、

指摘されてるとおりいかに十分回生するかが肝です。

リーフのエコモードは

アクセル放すと惰行せずに軽く回生気味になり

速度が落ちてしまう。

わたくしの場合

Dレンジで一気に加速してアクセル緩めて惰性走行。

遠くの信号が黄色になったら

エコレンジで減速したほうが電費がいいようです。〜

国沢師匠もこの滑空走行である

コースティングについて、以下の記事にも指摘されています。

フィットEV

マイナーチェンジしたリーフにお乗りの方も

いろいろなモードでその走りを確かめて

おられるかと思います。

もちろん、ドライバーのフィーリングに合った走行が

一番ですよね。

回生と滑空のバランス。

そこにもホンダと日産の考え方の違いが出ているのでしょう。

国沢師匠が今、フィットのEVをテストされていて

とても興味深い記事を書いておられます。


自分はリーフでそのバランスも考えながら

リーフのドライブを楽しみたいと思います。

国沢師匠の電気自動車テスト。

次は、きっとデミオEVかな?

どうですか?マツダさん!

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/535253/31083341

リーフの運転 モードをうまく使い分けて・・・を参照しているブログ:

コメント

こんばんは
国沢さんのリポートによるとアクセルペダル放した時の回生ブレーキの掛かり方がエコモード・ドライブモードでリーフとフィットEVは逆のようですね。

どちらが良いのかという問題でなく、日産もホンダも間違ってると思います。

なぜならエコモードかドライブモードかは、パワーを重視するのか電費をセーブするのかの選択であって、回生ブレーキの掛かり方とはまったく別の選択です。

メーカーによって回生ブレーキの掛け方が様々ですが、ユーザもアクセル放したらコースティングモードを希望する人も、アクセルペダル放しただけで停止まで持って行きたい人も様々です。

アクセル開放時の回生ブレーキの強さをユーザが任意に設定できるダイアルをハンドル脇に用意すべきだと思います。

もっともメーカによってはブレーキ協調回生の技術がないのでアクセル放したら回生ブレーキというパターンが必要な場合もあるようですが。

交流さん、こんばんは!
いつもコメント、ありがとうございます。
ハッとする意見、納得の意見、
交流さん、思慮深い方で、学んでいます。

エコかドライブか
回生を効かせるか、コースティングか
きちんと整理する必要がありますよね。
ごっちゃになってます。自分も!笑

アウトランダーPHEVは
パドルでぱたぱたと回生のモードを選べますが
自分は最初は面白くて操作するかもしれませんが、
しばらくしたら、クルマに任せちゃうだろうなあって思います。
めんどくさがり屋ですみません。

ご指摘のように、より簡便に
ユーザーの意思を汲み入れることができるような
懐の深さが欲しいですよね。

自分はめんどくさがりなので、常時ECOモードで走ってます(^^;
たまにDモードでストレス解消してますが(笑
個人的には、基本Dモードで加速・惰性運転、ブレーキと同時にECOモードがいいのかなぁ、と思ってます。
ちゃんと電費をチェックしたわけではなく、感覚なのであてにならないかもですが。。まぁ、ストレスなく走れるのが1番いいですね(^^
話は変わりますが、急速充電器の所もガソリン給油するところみたいに屋根が欲しいです。。傘をさしながらの給電って、何か悲しい気分になりますからね(^^;

ガシガシ使っているshinさん、こんばんは!

そうなんですよね。
まずは、気持ち良く走ることです。
正解!
それが、ピンときたんで自分もリーフにしたんです。

今日は雨がだいぶ降りましたね。
急速充電器、屋根のあるなしって
こんな日は気になりますよね。
九州は急速充電器の数が少ないので、
どちらかというと屋根付きが多いですかねぇ。

これからの大普及に向けて
屋根付きが工事の標準であって欲しいですね。
夏の暑さも防げるでしょうし。
それもレポートしていきたいです。

いよいよ春、電費も好調を維持する季節の到来ですね!

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

サイト内検索



  • WWW を検索
    このサイト内 を検索