« 安全の技術を買う | メイン | リーフの運転 モードをうまく使い分けて・・・ »

2013年2月24日 (日)

CX-5 BOSEサウンド

自分が中古で買ったCX-5のXDには

アルパインのナビとBOSEのサウンドシステムが

セットになっていました。

音の分離がとてもよいと思います。

そして、クルマの中という環境で

まとまった音作りになっています。

所謂ドンシャリといいますか、

ラウドネスが効いた音ではなくて、

自分は好感を持っています。

運転席のちょうど目線のあたりに

音の中心が配置されます。

それから、

左右にそれぞれの楽器が主張しながら音を奏でています。

ヴォリュームを上げていくと

目の前でスケールが広がっていく感じですね。

低音もズンズンということはなく、

(音源にもよりますが)疲れない。

ヴォーカルがキレイです。

クルマの中という

音場的には大変きびしい環境ですので、

音響はある程度妥協する必要があります。

今、CX-5をお考えの方で

カーオーディオの音が気になる方は

やはり、自分の好みの音源で

確かめてみるといいと思います。

アルパイン、パイオニア、ダイヤトーンなど

各社のヘッドユニットもあるようですし。

マツダの中古車販売部に

自分のように

フルオプションの試乗車だったクルマが

あるかもしれません。

リーフについては以前に書きましたけど

静かであることは大変大きなメリット。

ただ、カーオーディオに関してはもうちょいです。


自分の場合、

音場が自分を中心に形成されているように感じます。

(まるで自分の頭の中で演奏されているよう)

以前も書いた一般的なオーディオの話に変わりますが・・・

自分の場合、

亡くなった親父がオーディオ好きだったことで、

相当影響を受けました。

小さい頃から

オーディオフェアなどに連れて行かれて、

ヤマハや山水のアンプを通した時の

JBLの4343の音の違いや

カートリッジを

オルトフォンやデノンに変えたときの音などを

確かめさせられてましたねぇ。

今はデジタル全盛で

音楽が手軽に楽しめるようになったことは

良いことと思います。

しかし、自分らオヂサンには

うーんなんですよね。

ターンテーブル、同軸のケーブル、

プリアンプ、パワーアンプ、

スピーカーケーブル、スピーカー、

電源コンセントなどなど

趣味としてのオーディオも楽しかったですよね。

コンサートに行ったり、

自分で楽器を演奏したりして

生の音を楽しんでいくと広がりますよね。

すこーし、アナログレコードに

光が当たり始めていることはうれしいことです。

そういえば、実家の4343などの

オーディオたちは眠ってます。

鳴らしてあげないといけないけどなあ。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/535253/31078101

CX-5 BOSEサウンドを参照しているブログ:

コメント

CX-5、やはり魅力ある車種ですね!
自分も、先日アウトランダーPHEVの試乗をしてきました。デザインや質感がもう少しな部分もありましたが、傑作に近い出来ではないかととても心を動かされています。86のようなスポーツカーもとても魅力ですが、家族や未来を考えると、自然とハイテクなエコカーになるのかな。リーフ、プリウスと合わせ、カタログを読んでよく研究してみます♪

たーさーさん、おはようございます。
お元気でいらっしゃいましたか?

行かれましたか!
アウトランダーPHEVの試乗に!
今、話題のクルマです!
マスコミの皆さんの評価も上々で
オーナーさんたち、
納車を待たれている方も
きっとわくわくの毎日でしょう。

予算が補正、本と進んでいきますので
電気自動車をはじめ、エコカーの今年度の
動きが活発になります。

CX-5、なかなかどうして、中古でも
いいものに当たれば、良いものですよ。
また、貯金に励みます!笑

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

サイト内検索



  • WWW を検索
    このサイト内 を検索