« 2013年1月 | メイン | 2013年3月 »

2013年2月

2013年2月18日 (月)

肩の力を抜いて リーフとつきあう

すっかりカミさんの通勤の足となった

リーフなのですが、

週末は自分がステアリングを握ります。

改めて気がつくこと多々あります。

やはりこのスムーズさには

内燃機関のクルマはかないませんよね。

ステアリングの操作に対する反応、

アクセルの動きに対するクルマの加減速の様子、

静かな車内・・・。

モーター、バッテリー、その配置と足回り。

トータルでよくまとまっていると思います。

大きいと言われているサイズですが

街中を走っていて

大きすぎると思ったことはありません。

カミさんも駐車するときも

バックモニターで把握できるし、

サイズ的にはちょうど良いくらいって。

夜間に蓄えた電気を使って

昼間にスイスイと街中を走る。

例えば、先週末の1日の走行距離は

買い物や子どもの送迎などで60㎞ほどでしょうか。

充電切れを心配することもありません。

電費や航続距離にこだわって

どれくらい走れるのか?

などと考えていることが多かったのですが、

肩の力を抜いて相対すると

このクルマはやはりシティユースにぴったり。

確認している週末です。

2013年2月17日 (日)

クルマ強者列伝?!

ちょっと今日はクルマにまつわる面白い話を。

皆さん、ワイパーのトラブルってありましたか?

先日、自分のCX-5が「赤いファミリア」の再来と

書きました。

写真はマツダのサイトから

20130215_113546

職場でも皆の関心は高く、

「赤いファミリア世代」もいますので

話が盛り上がったのですが。

あまりクルマには関心のない同僚Aさんが

「えっ!自分が乗ってたよ。その赤いファミリア!」

「ほう!そりゃ、すごい!有名だったんですよ!」と自分。

話を聞くと・・・

Aさんの赤いファミリアには、

サンルーフ、リアスピーカーなどなど

当時の流行り物がしっかりついてるじゃないですか!

ところが、Aさんは

「自分はマツダのクルマは買わないって決めたモン!」

って。

なになに?どうして?

だって、夜の土砂降りの雨の中で

ワイパーを高速作動させて走っていたら

左のワイパーがカタンって音を立てて止まり

続けて右のワイパーも止まったよ!

Aさん、あわてて近くのガソリンスタンドに飛び込み、

処置を試みるもうまくできず、

ついに、

左右のワイパーにひもをつけて

ウインドウを少し開けて、

そのひもを室内に引き込み、

手でひもを交互に引っ張りながら

ワイパーを手動で動かして

土砂降りの雨の中を帰宅した!

とのこと。

すごい!

みんなで大笑いしましたけど、

これは、ベストカーの記事にもなるなあって

思って聞いていました。

ちなみにAさん、

その後も数台マツダのクルマに乗ってらっしゃいます。

ご安心を。

ワイパーって、そのシンプルさ故に

ほとんど変わっていませんよね。

次なる技術を開発している方もいらっしゃる?

2013年2月16日 (土)

いよいよ九州のSA(宮原、山田)に急速充電器

NEXCO西日本のサイトの調達・お取引のページに

1月21日 EV急速充電器実証調査業務に伴う公募について

高速道路関連社会貢献協議会のサイト

が公表されました。

EV急速充電器利用実証調査として、

いよいよNEXCO西日本の九州自動車道、

大分自動車道のSAに急速充電器の設置が動き始めました。

設置場所は

宮原SAの上下

山田SAの上下となります。

この条件からすると、早ければ3月〜4月にかけて

運用が始まることになります。

残念ながら、1基ずつとなるようですね。

たぶん

充電待ちが発生するでしょう。

オーナー同士のマナーが試されることになります。

心して利用したいものです。

2013年2月15日 (金)

技術の向こうに「人」が見える

マツダのサイトに

「マツダ技報」というページがあります。

こちらです。

写真はそのサイトから

20130212_165520

・スカイアクティブ技術

・新型アテンザ

・CX-5

・デミオEV

などに使われている技術に関する

研究レポートが公開されています。

自分がとても興味深いのは

いつもながら、

開発スタッフの皆さんの名前などが読み取れ、

その技術と人がつながるからです。

技術の向こうに「人」が見える。

その人たちの、プライドが見えてくる。

自社への誇りが見えてくる。

こういったページは他社にもあります。

日産リーフはこちらです。

20130212_165905

ぜひ、お時間のあるときに

開いてみてください。

2013年2月14日 (木)

クルマに教えられる安全〜誤発進防止装置 CX-5

自分が軽自動車の入れ替えをするに当たって

考慮した条件の一つが衝突を防ぐ安全装備、

所謂、「衝突防止装置(自動ブレーキ)」でした。

CX-5には、

4㎞〜30㎞までのSCBS(スマートシティブレーキシステム)が

ついています。

これは、誤発進防止装置とセットになっています。

アテンザにはそれより上の速度域で作動する

SBS(シティがない)がついています。

これは、CX-5の来年辺りの大幅なマイナーチェンジで

搭載されると言われています。

先日、早速、この誤発進防止装置が作動しました。

状況は・・・

交差点で前方信号は赤。

自分の前に5台ほどの先行車がいました。

左側の駐車場から1台のクルマが右折のために出てきました。

自分は赤信号で減速していましたので、

左から出てくるクルマに右折のためのスペースを

余裕を持って空けました。

CX-5はi-STOPでアイドリングストップ。

右折車はそのまま自分の車の前に出て

安全確認。

ちょうど、対向車線にはクルマが数台走ってきて

右折車は待ちの状態。

ほどなく、前方の赤信号が終わり、

青信号に変化。

じわじわと先行車が動き出して

自分もi-STOPを解除するために

ブレーキを緩めるとエンジンがかかりました。

右折車は安全確認にちょっと手間取って

無事に右折。

自分のクルマの視界からはずれた瞬間。

自分は先行車に追いつくべく

アクセルを踏んだとき!

あれれれ?進まない?どうして?って感じでした。

そう、誤発進防止装置が作動したのです。

3連メーターの右端に「ブレーキ」という

表示が出ていました。

自分は右折車がいなくなって大丈夫!と

判断しましたが、

CX-5の誤発進防止装置は「まだ!」と

判断したわけです。

ネットを見ていると

この誤発進防止装置が自分の意図する動きと

違っていたという違和感を訴える書き込みがあります。

自分は、こう思いました。

そうだなぁ。

慌てないで、一息おいて(呼吸して)

右折車以外の安全確認が必要なんだなって・・・。

クルマに教えてもらった気分でした。

新しいクルマの安全装置って

よく考えられていますね。

ありがとう。マツダの皆さん。

えっ、リーフですか?

ついてないんですよね。

エレクトリックの塊みたいな電気自動車に

こんな装備がないって寂しいなあって

思った次第です。

2013年2月13日 (水)

呼吸しよう! エコカー乗りとi-DM先生

日産リーフを初めとするエコカーに乗り慣れていると

自然と丁寧な運転になる場合が多いと思いました。

皆さんはいかがですか?

皆さん、ご存知のように

マツダ車には、「i-DM」なる運転技術等を評価する

モニターがついています。

賛否あるようですが、ま、ついていますし、

別の表示にも変えられますし、

とりあえず、自分の運転を見てもらおうかなって

気分で表示させています。

中古車でいろんな試乗を受けたはずなので

受け取ってからの表示は、5点満点の「2.9」でした。

でも、受け取ってから30㎞ぐらい走るうちに

どんどん表示は良くなっていきました。

別段、丁寧に走ろうとか

意図的な点数アップなんて知りませんし、

いつものリーフの感覚で走ったわけです。

街乗りをしていって、

だいたい、4点台中盤ですね。

リーフに乗っていて身についてきたのは

・先を見る(道路状況の情報収集)。

・スッと加速

・できるだけ惰性を利用(グライダー走行)

・前の状況を判断して、回生ブレーキ利用

(自然な減速)

・やわらなか停止

・信号の変わり目等を見ながら、

 ブレーキのリリースをスムーズにして、

 アクセルonにつなぐ

・穏やかなステアリング操作

ぐらいでしょうか。

そのノウハウをそのままCX-5でも

利用しているだけなんですけどね。

クルマの運転には

その人のそのときの心の状態が反映されます。

クルマを運転していると

いろんな人と一緒に走るわけで

腹が立つこともあります。

しかし、

人間、怒りの感情が出たりすると

呼吸が止まると言います。

呼吸を続けることが

正しい判断につながると言います。

電子デバイスも進化していますが、

まずは、ドライバーの心次第。

i-DM先生に叱られないように

いつも呼吸を大切に日々を過ごそうと思います。

次回は、誤発進防止装置について体験を交えて紹介します。

2013年2月12日 (火)

クリーンディーゼル

軽自動車を下取りに出して

CX-5に乗って帰ってきました。

まだ、ロングドライブはしていませんが

ちょこちょこと走ってみました。

何かと話題の

クリーンディーゼルですが、

「ディーゼルエンジン」です。

ま、確かに、過去に所有していた

日産のテラノR3mと比較しては

かわいそうかもしれませんが。

ガラガラ音はとてもとても小さいです。

もちろん黒煙は吐きません。

パワーの出方もとてもスムーズ!

(テラノはアクセルを踏んでも踏んでもパワー感少なく・・・)

Img_1889_2

これは、すごい!

そして、この値段(わたしゃ、中古ですけど)!

売れるわけですな!

でも、ガソリン車と比べたら

1000回転あたりまでじわ〜っと加速するとき

わずかに、わずか〜に、

ガラララ〜ぁって伝わってきます。

ああ、やっぱディーゼル!ってわかります。

でも、回転が1000以上になってしまうと

あらら・・・お利口さんだねぇ・・・

さっきまでの、ガラララ〜ぁはどこいった?

みたいになってしまうのが

このエンジンの凄いところでしょう。

それから、DPFの燃焼ですが、

クルマを受け取って、走り出したら

すぐに動作したのが分かりました。

室内にちょっと鼻に来る甘いにおいがして

同乗の息子も

「あれ?なんかにおいがするね!」って。

マフラーからは白い煙がじわじわと上がってます。

「おおっ、やってる!やってる!DPF燃焼!」って

面白がってました。

(こんなところは、やっぱクルマ好きの馬鹿ですな 笑)

燃費は良好です。

30㎞ぐらいのあまり信号のない

スムーズな道を走りましたが、

リッター20㎞を超えてました。すご!

30リッターをガソリンスタンドで補充しましたけど

財布に優しかった。

次回は、i-DM先生です。

2013年2月11日 (月)

赤いファミリアの再来 CX-5 クリーンディーゼル

ブログのタイトルを変えました。

「日々の彩りとエコカー 日産リーフとマツダCX-5」

です。


そう。


いろいろと悩んでいた軽自動車の入れ替えは

CX-5 XD L-パッケージ(クリーンディーゼルモデル)の

中古車にしました。色は赤。

Cx501_2

試乗車落ちですが

オプションてんこ盛り。

知り合いだったこともあり、

価格もあらあらというぐらいに

安くしてもらえて!

ちょっとうれしいなと。

新車じゃないので、補助金縛りもありません!

これも大きいです。

6年縛りなどのついたクルマを買うことって

乗り換えたい人にとっては

その補助金額とよく考えた方が良いです。

中古車になってその分安くなる傾向にあります。

試乗車落ちのクルマは狙い目です。

ボディは、ベロシティレッドという鮮やかな赤。

この年齢で赤なんて!って

カミさんに言われちゃいましたけど。

カミさんも自分も

あの5代目ファミリアの印象を

今でも強く持っています。

「赤いファミリア」

北大路欣也さんがCMキャラでしたっけ?

ですから、自分にとっては

このCX-5を前にして

「赤いファミリア」のイメージなんです。

5代目ファミリアの赤ってよく売れましたよね。

あちらは5ドアのハッチバックでしたけど。

学生の頃の思い出が蘇ってくるよう・・・

元気なマツダのイメージがあって・・・。

そして、

今、まさに、マツダは

クリーンディーゼル、

スカイアクティブ、

円高が是正され、とっても元気になっています。

これまでいろいろとご意見をくださった方々

ありがとうございました。

このCX-5のクリーンディーゼルモデルについては

たくさんの情報があります。ブログもあります。


自分は先行する皆さんを参考に、

ちょっと違った視点になるように書いていこうと思います。

早速、エコカー乗りとしては

うれしい発見もありましたので。


これからもよろしくお願いします。

2013年2月10日 (日)

心ざわめく春

南九州では春一番が吹きました。

それに負けじと冬将軍が最後のあがき。

先日、昼に散歩をして・・・

空気はちょっと冷たい

その空気が変わろうとしています。

何となく、風がざわざわ。

落ち着かない・・・

何かが動き始めるような気配

見上げると

ヒバリのさえずり。

足元を見ると

ホトケノザやオオイヌノフグリの花。

さえずり

小さな赤や青・・・

吹く風は

ますます

ざわめくように

戸惑うように

心ざわめく春がやってきました。



ホトケノザ
Sdim1937
オオイヌノフグリ
Sdim1942
カメラはシグマDP-2x 現像はSilkyPix

2013年2月 9日 (土)

iPhoneマップの日本版 いよいよアップデート近し!

ソースはいつもの

気になる、記になる・・・さんのサイトから

Apple、日本のマップ機能を強化した「iOS 6.1.1 beta」をデベロッパへ公開

とあります。

今のところ、iOS6.1.1のベータ版が

開発者向けに公開されました。

ナビの改良や

消防署や病院、郵便局などのアイコンの更新

そして、

東京駅、皇居、東京タワーなどの3Dの建物が

追加されるそうです。

よかった。

やっとこさ、このビルの形で表示される3Dモデルが

本来の「東京タワー」になるんです。

Tokyotower

iPhoneのユーザの皆さん、

少しずつマップが改善されていきます。

アップルはマップの汚名挽回を進めるべく

多くのマップ開発者を集めています。

これからどんな風に進化するか。

楽しみですね。

ジョブズも少しは安心する?かな?

サイト内検索



  • WWW を検索
    このサイト内 を検索