« 2013年1月 | メイン | 2013年3月 »

2013年2月

2013年2月28日 (木)

予算参院通過 成立

2月26日、参院で1票差で通過した補正予算。

衆院の優越があるものの

すんなりとことが進んで良かった・・・って

思っているいろいろな業界の方が多いと思います。

本予算成立に向けての国会となりますが、

しばらく様子見だった電気自動車に関する分野も

動き出しますよね。

リーフに関してもそうですが

電気自動車、エコカー

ここんとこ、動きが鈍って(止まって)ますから。

さあ、どうなるか楽しみだな

と、思ったら・・・

欧州発の円高是正への冷や水。

為替って動きがあって当たり前なのですが、

投機筋のマネーのやりとりは

各国の悩みの種となったいますね。

世界の市場がそれぞれの国の政治を評価する・・・

そんなことが当たり前になっています。

グローバル化って言われますけど。

2013年2月27日 (水)

親子で楽しむ 宇宙戦艦ヤマト2199

製作が順調に進んでいる宇宙戦艦ヤマト2199。

その第4作目のブルーレイディスクが

届きました。


Img_1902

今回から

あのドメルが登場します。

そして、

異なる次元の空間に身を潜めるUボート風の宇宙潜水艦も。

さらに、ヤマト乗組員を襲うサイバー攻撃!

まあ、盛りだくさんな内容です。

イスカンダルに向かうという設定は同じものの

今風のアニメーションと

アイディアが散りばめられ、

登場人物たちも違う切り口から登場し、

原作よりさらにそれぞれの人間性にも

おもしろさが出ています。

親父の自分も楽しんでますが、

子どもたちもとても楽しみにしていて

親子で楽しんでいます。

そこのお父さん、お母さん!

興味があればぜひ!

そうそう、DVDよりも

ブルーレイディスクがお勧め!

小さな描き込みまでよーくわかりますよ!

2013年2月26日 (火)

小さなノースポール

春の訪れを感じています。

青森など東北では

この冬一番の寒気で大雪となり、

交通事故などのニュースが飛び込んできていますね。

事故に遭われた方、お見舞い申し上げます。


九州は週末は吹く風は多少冷たいものの

明るい日差しが届いて、

風さえ防げば、温かい小春日和が先週末から続きました。

今日は午前中から天気が崩れます。

でも、雨。春の空気になっていきます。

北海道のshinさん、お元気かなぁ。

自分の家の小さな庭で、

こぼれ種から芽を出したノースポールを

植え替えました。


Img_0132

こんなに小さなノースポールですが

ちゃんと花芽が付いていました。

もっと大きく広がってくれるように

小さな花芽は摘んでしまってごめんね。

ついでにこれまた小さな家庭菜園を

カミさんの指示で子どもたちと耕して

畝を作って、種まきの準備は完了!

なんだかんだ言っても

子どもたちは外で体を動かすことは大好き。

春はもうそこに来ています。

東北にも春が一日も早くやってきますように!

2013年2月25日 (月)

リーフの運転 モードをうまく使い分けて・・・

新しくリーフのオーナーになられた方も

増えているようですね。

最近、自分もよく通る道で

マイチェンリーフに数台、出会いました。


そんな方と考えてみたいのが・・・


グライダーのように滑空走行することが

エコカーの燃費や電費には重要です。

自分も最近、リーフをDモードにして

走行しながら、確かめ、実感しています。


走行可能距離が気になる方は

ECOモードやBモードばかりって場合も多いかもって

思います。

今日もマイチェン後のリーフを見つけて

この新しいユーザーさんは

どんな風に走っておられるのかな?

って。

このモードの選択で、

目の前で走行可能距離の表示が

ガラッと変わりますもんね。

走行可能距離を長く保ちたいという心理が

働きますもんね。笑

以前、交流さんからこんなコメントをいただいています。

〜HVやEVの惰性走行で燃費電費を伸ばすためには、

指摘されてるとおりいかに十分回生するかが肝です。

リーフのエコモードは

アクセル放すと惰行せずに軽く回生気味になり

速度が落ちてしまう。

わたくしの場合

Dレンジで一気に加速してアクセル緩めて惰性走行。

遠くの信号が黄色になったら

エコレンジで減速したほうが電費がいいようです。〜

国沢師匠もこの滑空走行である

コースティングについて、以下の記事にも指摘されています。

フィットEV

マイナーチェンジしたリーフにお乗りの方も

いろいろなモードでその走りを確かめて

おられるかと思います。

もちろん、ドライバーのフィーリングに合った走行が

一番ですよね。

回生と滑空のバランス。

そこにもホンダと日産の考え方の違いが出ているのでしょう。

国沢師匠が今、フィットのEVをテストされていて

とても興味深い記事を書いておられます。


自分はリーフでそのバランスも考えながら

リーフのドライブを楽しみたいと思います。

国沢師匠の電気自動車テスト。

次は、きっとデミオEVかな?

どうですか?マツダさん!

2013年2月24日 (日)

CX-5 BOSEサウンド

自分が中古で買ったCX-5のXDには

アルパインのナビとBOSEのサウンドシステムが

セットになっていました。

音の分離がとてもよいと思います。

そして、クルマの中という環境で

まとまった音作りになっています。

所謂ドンシャリといいますか、

ラウドネスが効いた音ではなくて、

自分は好感を持っています。

運転席のちょうど目線のあたりに

音の中心が配置されます。

それから、

左右にそれぞれの楽器が主張しながら音を奏でています。

ヴォリュームを上げていくと

目の前でスケールが広がっていく感じですね。

低音もズンズンということはなく、

(音源にもよりますが)疲れない。

ヴォーカルがキレイです。

クルマの中という

音場的には大変きびしい環境ですので、

音響はある程度妥協する必要があります。

今、CX-5をお考えの方で

カーオーディオの音が気になる方は

やはり、自分の好みの音源で

確かめてみるといいと思います。

アルパイン、パイオニア、ダイヤトーンなど

各社のヘッドユニットもあるようですし。

マツダの中古車販売部に

自分のように

フルオプションの試乗車だったクルマが

あるかもしれません。

リーフについては以前に書きましたけど

静かであることは大変大きなメリット。

ただ、カーオーディオに関してはもうちょいです。


自分の場合、

音場が自分を中心に形成されているように感じます。

(まるで自分の頭の中で演奏されているよう)

以前も書いた一般的なオーディオの話に変わりますが・・・

自分の場合、

亡くなった親父がオーディオ好きだったことで、

相当影響を受けました。

小さい頃から

オーディオフェアなどに連れて行かれて、

ヤマハや山水のアンプを通した時の

JBLの4343の音の違いや

カートリッジを

オルトフォンやデノンに変えたときの音などを

確かめさせられてましたねぇ。

今はデジタル全盛で

音楽が手軽に楽しめるようになったことは

良いことと思います。

しかし、自分らオヂサンには

うーんなんですよね。

ターンテーブル、同軸のケーブル、

プリアンプ、パワーアンプ、

スピーカーケーブル、スピーカー、

電源コンセントなどなど

趣味としてのオーディオも楽しかったですよね。

コンサートに行ったり、

自分で楽器を演奏したりして

生の音を楽しんでいくと広がりますよね。

すこーし、アナログレコードに

光が当たり始めていることはうれしいことです。

そういえば、実家の4343などの

オーディオたちは眠ってます。

鳴らしてあげないといけないけどなあ。

2013年2月23日 (土)

安全の技術を買う

技術の積み重ねは、「アイディア」によって、開花する。

そして、トップの英断があれば実を結ぶ。

ボルボのV40を見ていて

そんなことを考えていました。

THE ALL-NEW VOLVO V40を発売

前方、斜め前、斜め後ろ、後方、死角・・・と

てんこ盛りですよね。

私たちがクルマを運転する上で

普段気をつけていることや

うっかりミスしてしまいそうなことを

クルマが電子デバイスを使ってサポートする。

縦列駐車をサポートする機能なんて

後方や斜め後方を確認する技術を

こちらにも応用してみましたよって

さらりと紹介してありますが、

どれもこれもうーんとうなってしまいます。

でも、どなたもお考えになるように

これで事故がなくなるわけではありません。

だって、道路には

歩行者、自転車、オートバイ、乗用車、

トラック、バスなどが走り、

それを年齢や性格なども含めたら大変幅広い特性をもった

人が自ら動き、あるいは操縦している。

一定のルールの下に・・・。

私たち人間が考えて、行動していても

どうしても事故は起きてしまう・・・。

こういった技術を搭載したクルマに乗ると言うことは

安全だと安心するのではなく、

安全に運転しようという自覚を高めるためでもあると言えると思います。

2013年2月22日 (金)

クルマを買うということ

自分がちょっと考えていたことについて

タイムリーに国沢師匠が記事をアップしてくださいました。

こちら

もしも、ネットでクルマが買えたなら

ネットショッピングって

自分はよく利用しています。

それは、時間がないときか

近くの店に置いていないときです。

アマゾンなんて、

注文したら翌日に届きますもんね。

先日もペプシスペシャルを箱で買いました。笑

クルマはどうかと言いますと・・・

ディーラーに行かねばなりません。

これが、結構敷居が高いんです。

それに、入っていっても

お目当てのクルマがなかったり・・・

ショッピングモールのウインドウショッピングみたいには

なかなかね・・・

値段も高いですし。

いろいろな自動車メーカーは

それぞれ自社のクルマを集めたビルなどの施設を

お持ちですよね。

メガウェブとか

メルセデスベンツコネクションとか

でも、

大型ショッピングモールのような

自動車の複合施設があっても良いかも?

フロアごとに異なるメーカーが品をそろえていて

一度に体験できる。

そこで見て、試乗して、確かめて、Webで発注する。

いろんな申請もWebでできちゃう・・・*

クルマを買うためにディーラーに出かける・・・

考えちゃいます。

もちろん、整備などのサービス拠点は

自宅や職場などの近くに必要ですよね。

これだけ、ネットショッピングが定着してくると

クルマの売り方にももっと大きな変化が来る?

2013年2月21日 (木)

乱立する技術

世界のエネルギー地図も刻一刻と変わり、

そこに各国の思惑が絡み合い、

為替などに反映されていますよね。

そんな中で

次世代の自動車技術が次々と発表されています。

ガソリンエンジンの

小排気量化+過給器のセットや軽量化。

クリーンディーゼルといった

これまでの内燃機関の技術のブラッシュアップ。

ハイブリッドや

自分も乗っているリーフなどの

モーターのみ、あるいはエンジンと組み合わせたもの。

さらには、燃料電池・・・。

次々と紹介されていく新技術の前には

「今の最新」の技術は、あっという間に

過去のものになってしまいそうな気がする。

次の改良や改善がどんどん出てきて、

まるで、スマホみたいですよね。

これを、国沢師匠がすっきりと

短文でまとめてくださっています。

こちら

パワーユニット

この記事に書かれているように

世界のエネルギー地図が塗り変わる中で

いろいろな可能性があります。

情報をしっかり集め、

自分で確かめてこと、ますます重要かと。

2013年2月20日 (水)

5万台 リーフ がんばる!

いつものレスポンスさんに

こんな記事が載りましたね!

日産リーフ、世界累計販売台数が5万台を突破

写真はレスポンスさんから

20130218_145103

そうかあ、

なんだかんだ、

いろんなネガティブな記事やコメント、

動きもあるけど、

リーフは台数こそ多くはないものの

確実に売れているんですね。

欧州でも

Chademo規格の急速充電施設を

増やしていくという方向です。

先に実績を積み上げていくことは

重要なポイントであり、

説得力が増します。

大気汚染に関しては

中国が話題となっています。

もちろん、自動車ばかりでなく

工場やゴミ焼却、発電等の排気ガスも

問題なのですが、

電気自動車という乗り物に対する

理解や注目も高まることでしょう。

日産もこの機会にさらに売り込もうと

プロジェクト等が動いていることでしょう。


電気自動車を普及させる・・・。


日産にとって大きな負担となる投資かも知れません。

しかし、先を見越した投資が身を結ぶはずです。

業界のリーダーとして。

そういやあ、自分の家の近くでも

リーフを見かけることが増えましたよ!

2013年2月19日 (火)

黄色い86 雪の中を駆ける

XaCARの3月号を読んでいましたら,

今月号の付録「雪道ドライビング」に

とても印象的な写真がありました。

土屋さんのドライブで

雪道を疾駆する黄色の86。


Img_1895


詳しくはぜひ今月号のXaCARを見ていただきたく!

この写真に

思わずしばらく見とれてしまいました。

きっと編集される皆さんもこれだっ!って

思われたことでしょう。

86、自分はフロントからの見た目が

あんまり好みじゃないのですが、

このカット、キレイです。かっこいい!文句なし!


XaCARのブログには

土屋さんドライブの様子のビデオもアップされています。

こちら


今月のXaCARも

スポーツ、クリーンディーゼルと広範囲。

国沢師匠と伏木さんの対談もありと

盛りだくさんになってます!


20130217_121608

今月号の付録「雪道ドライビング」

20130217_121621

サイト内検索



  • WWW を検索
    このサイト内 を検索