« 2012年11月 | メイン | 2013年1月 »

2012年12月

2012年12月31日 (月)

厳しいユーザーの目 淘汰されるエコカー

いつも新しい情報を発信しているレスポンスさん

先日、こんな記事がありましたね。

フォードの新型ハイブリッド、米国燃費誇張疑惑…裁判に発展


写真はレスポンスの記事から

20121228_134857


韓国車に続き、自国のフォードのクルマに対しても

厳しい意見が出ています。


リーフの裁判もどうなるのかなあ。

誰だって、自分に有利なデータを出して

有効性を鼓舞したいと考えるところですが

こういった厳しい視点が

更なる進歩につながると考えます。

先日の衝突安全性についても同様です。

必要以上に胸を張る必要はありません。

等身大で良いのです。

それを納得して、我々は購入するのですから。

虚偽や誇大、誇張したデータは追求され、

信用をなくし、厳しいマーケットの評価を受けることになります。

このように淘汰されることで

次の時代の技術が生まれてきたはずです。

この変動の激しい時期だからこそ

日本のクルマの品質の確かさが

きっと認められていくと信じています。

今年、2012(平成24)年最後のブログとなりました。

皆さん、寒い日が続きます。

どうか、お体を大切に。

また、来年もよろしくお願いします。

よいお年をお迎えください。

2012年12月30日 (日)

ダウンサイジングばかりではない!クラウンからのメッセージ

そのフロントのデザインで

物議を醸しているクラウン。

自分はロイヤル系はありだなあって思っています。

写真は

こちらのトヨタ自動車のサイトから

20121228_134115

ま、アスリート系は仮面の雰囲気が強すぎて

困っちゃうなあ・・・みたいな。

さて、そのクラウン。

国沢師匠の記事に

新しいクラウンのエンジンの効率の高さが

紹介されています。


こちら

クラウンHVのエンジン

ダウンサイジングばかりではない!という

久しぶりに「おお!そうこなくっちゃ!」って

トヨタらしい技術を見せてくれています。

うれしいですよね。

もっとこういった技術について

クルマ関連のマスコミの皆さんは

情報を発信して欲しいな!

それから、もう一つのポイントは

衝突回避の技術。

クラウンにおいても大変慎重ですね。

日産も慎重な様子です。

トヨタや日産がこれだけ装備に配慮すると言うことは・・・。

やはり、安全の確約って難しいのだなと思います。

2012年12月29日 (土)

注意 マイチェン後のリーフ 一部の急速充電器との相性

N-link owners のページに

マイチェン後のリーフで

一部の急速充電器を利用した場合に不具合が発生すると

アナウンスされています。

ご注意ください。

以下、N-Linkのページより

〜12月25日現在、一部急速充電器にて

マイナーチェンジ後※の日産リーフを充電すると、

不具合の起きる現象が確認されております。

※2012年11月20日以降販売の車両

下記、リストの急速充電器のご利用をお控えください。

該当充電器リスト(PDF)

もしトラブルに見舞われた際には、

急速充電器に掲載されている連絡先にお問い合わせいただくか、

下記、日産EVカスタマーセンターへお問合せください。

0120-230-834(オーナー専用ダイヤル、24時間365日営業)

なお、対応完了時に再度ご案内させて頂きます。〜

とあります。

新しいリーフのオーナーの皆さん、

年末年始のリーフによる移動等で困ったことにならぬように

ご注意くださいませ。

2012年12月28日 (金)

アップルの次の「革新」は?

このiPhone5を使った動画。

かっこいいですよ!

必見です。


プロジェクター機能

投影キーボードなどなど


写真は Youtubeから

20121227_213504

ジョブズ亡き後、やっぱりアップルには迷いが出ています。

新しいiPad、そのretinaディスプレイのキレイさから

自分はすぐに買ったのですが、

年末、それが「更に」新しいiPadとして登場・・・。

retinaではない、iPadmini。

来年の春頃に登場すると噂される

iPhone5S

iPad mini Retina

これまでの1年というサイクルを無視して

サムソンの策に自らはまってしまっている。

1年という小サイクルは

実は2年という時間的な猶予を生み、

次の「革新」へと私たちを誘っていたのに・・・。

このビデオは

次のアップルへの期待が込められています。

突き抜けたアップルを自分は待っています。

そう、もうiPhoneやiPadはこれで十分。

少しずつ改善して売っていけば良い。

サムソンと同じ土俵に上がっているふりをしていれば良い。

その間に、したたかに、戦略的に

次のステップへと世界中の人々を誘って欲しい!

2012年12月27日 (木)

日産の急速充電24時間開放と会員制

先日、充電器の普及等について書きましたが

電力自由化さんからコメントをいただきました。

電力自由化さんからのコメント

〜日産ゼロ・エミッションサポートプログラムの会員としては

24時間対応については複雑な思いがあります。

 営業時間以外は会員でなくても無料で充電できるということ

になるからです。24時間体制とともに、ジャパンチャージネ

ットワークの課金システムの導入を同時にお願いしたいです。
 そのことにより、利用の多い場所には2台の設置とか整備も

進むのでは!〜

これが難しいところです。

そう、自分たちは1500円の会費を毎月払っています。

よくただで利用しやがって!みたいなことを

誤解している人がいらっしゃいますが・・・。

これは

「日産ゼロ・エミッションサポートプログラム(ZESP)」

といいます。

こちらがZESPのサイトです。

内容は

○ITサポート:ネットでリーフの充電やエアコンを制御するなど

○メンテナンスサポート:6ヶ月点検などが無料など

○EVカーライフサポート:日産の充電器の無料利用など

○エマージェンシーサポート:電欠等のレッカー手配など

となっています。

急速充電の24時間サポートはとってもありがたく

私も利用させていただいていますが、

ご指摘のように、無人の時間帯はこの会員の区別はなく

だれでも利用できるということです。

これは日産自動車の電気自動車普及に向けた

ま、「大盤振る舞い」であるわけですが、

そろそろ課金に向けて、会員以外の利用者からは

料金の徴収をしてほしいという声が出てきても

おかしくはないです。

ま、自分はもっとEVが広がって欲しいので、

仕方がないかなって程度の認識ですんません。汗

利用者の区別をするためには

○急速充電器にカード決済機能をつけること

 これで、ある程度区別できるでしょう。

 ただ、友人がカードを提示するなど不正利用もあるでしょうから、

 私たちがもっている日産カードに

 所有しているリーフとのひも付けが必要になりますね。

 また、カードの携行を忘れたときには、それを補うサポートも

 必要になります。オーナーに対しての優遇措置ですね。

また、区別化した後に、課金する場合は、

故障等のトラブルに対する24時間体制のバックアップ体制が

必要になります。

これは人件費も伴いますので、そう簡単ではないです。

だから、複数台の設置が必要なのです。

このあたりの議論は日産でも

当然進められているはずです。

EVやPHEVは、来年あたりから

じわじわと広がろうとしていますので、

来年あたりから何らかの動きがあると思いますが?

XaCARレポーターの青山さんが

ちょうどよくエコカーアジアに関連した

記事を掲載してくださっています。

記事「会員制充電サービス」は、こちらです。



2012年12月26日 (水)

掴んだ心を離してしまうのか?

自分のブログでも書いてる

「充電器利用のマナー」

国沢師匠のエコカーアジアでも指摘されてますが

今回も記事にされています。

記事「充電マナー」こちらです。


こりゃ、次のような装備が必要ですな。

その1 終了を伝える「派手なパトランプ」

その2 音声案内

    開始時

    「充電が始まりました。何分後に終わります。

     終了しましたら、速やかにクルマを移動させてください!」

 

    終了時

    「充電が終了しました!クルマを移動させてください!」

充電に関係ないクルマの駐車対策として

三角コーンが必要であるなどを書いてきましたけど。

クルマが増えれば、充電渋滞が発生するのは自明。

そして、人々の不満が募るのも自明。

掴んだ心を離してはなりません!

根本的には

再三書きますが、

「複数台設置」という次のステージに移っています。

それが気持ちよく使っていくために極めて重要!

日産自動車さん、もっと売れるには必須です。

2012年12月25日 (火)

今年のクリスマスもサンタ追跡!

皆さんはどんなクリスマスをお過ごしですか?

我が家では毎年、「サンタ追跡」で楽しみます。

NORADのサンタ追跡はこちら

写真はそのページです。

20121224_94831

我が家には2台のiPadがあって、

1台は私が仕事と兼用。

もう1台は家族利用。

子どもたちはiPadをガンガン使っています。

今年もサンタ追跡のページを眺めては

あ、そろそろ始まるよ!って楽しみにしていました。

夢を運ぶサンタ。

今年もやってきてくれましたね。

2012年12月24日 (月)

Aピラーに注意

先日、職場で交通安全に関する

研修会を実施しました。

県警から講師を招聘して、講話をいただきました。

内容は・・・

○交通事故の死者

 ・・・高齢者が6割以上、飲酒運転、シートベルト非着用が目立つ

○高齢者運転標識(かつての紅葉マーク。今は新デザイン)以外に

聴覚障害の標識もあって、優しい運転を心がけること

○かもしれない運転の励行

などでしたが

その話の中で

「太くなっているAピラーによって死角が大きくなっている」

という注意喚起もありました。

以前このブログにも書きましたし、

コメントもいただいたのですが、

リーフもAピラーが太いですよね。

これまでに、BMWやVWに乗っている頃

でかくてしっかりとしたAピラーだな・・・

と安心感をもっていました。

ところが、ここんところ

エアバッグを内蔵していて、骨格も太いし

厚みが増して「太い」っていうより

分厚いという感じですね。

運転席からすると

右前方の死角が大きくなっています。

自分も右のゆるやかなコーナーを回った先の

小さな信号のない交差点で

右から進入してきたクルマに冷やっとしたことが

ありました。

冬至を迎え、夕暮れも早いです。

思いやりライトをつけて

気をつけて運転して事故なく新年を迎えたいですね。

2012年12月23日 (日)

GoodとPoor 衝撃のクラッシュテスト

国沢師匠のトップ記事に

衝撃のクルマの安全テストが紹介されていました。

師匠の記事はこちら

衝撃!

写真はそのYoutubeから

20121222_180205

20121222_180431

リンク先はこちら。

Good

Poor



まあ、プアってまた厳しい表現。

安全がプアなら、命がプアってことで大変だ!

レクサスもメルセデスも・・・

涙が出そうじゃ!

自分の場合、

大変お世話になった先輩が自動車事故で

お亡くなりになりました。

電信柱につっこんだクルマの助手席で。

つまり、このクラッシュテストと同じ状況。

ドライバーってとっさの時の回避行動で

ステアリングを切る際に

クルマを対象物から遠ざける・・・

自分を遠ざけようとする・・・

結果的に助手席側からってことになる場合が多いのでしょうか。

フルラップ

オフセット

そして、今回のスモールオフセット・・・

衝突安全性の向上が進んでいきます。

問題は、師匠も指摘されているように

それが海外から来る場合が多いってこと。

日本発のクラッシュテストの基準とか

出るべきと言うか、出すべきですよね。

2012年12月22日 (土)

年末年始の日産の急速充電サービス

もうリーフのブログでも

日産のページでも案内されている

今年の年末から来年の年始にかけての

急速充電サービスの一覧が発表されました。

こちらのページです。


年末年始休暇期間中の日産

充電スタンド(急速充電)の稼働状況についてのご案内

ざっと全国の資料に目を通しましたが

うれしいですね。

その1 急速充電器が増えている!

まあ、増えたこと!喜ばしいですね。

どんどん増やして欲しいです。

注文は1つ

・複数台の設置です。待たせないことはとても重要です。

その2 24時間利用可能が増えている!

もうやがて全国の日産の急速充電器は

24時間対応になると思います。

注文は2つ

(1)すべて24時間対応

(2)故障状況を正確に案内するテレマティクスの整備

です。

やはり、フェイルセーフからしても

充電器は複数台です。

勝手なことを書いてますが、

日産自動車の取り組みは前進していますよね。

大変かと思いますが、日産の皆さん、

よろしくお願いします。

サイト内検索



  • WWW を検索
    このサイト内 を検索