« 新リーフ 試乗体験 その1 | メイン | 新リーフ 試乗体験 その3 注文しちゃった! »

2012年11月25日 (日)

新リーフ 試乗体験 その2


今回は、いよいよ試乗です。

最大の関心事はシフトモードが変更されたことですが、

結論から言いますと

走行、ステアリングのスムーズさが

ブラッシュアップされ、

これまでのDとECOのモード切替が

ステアリングのスイッチでできるようになり、

積極的に回生発電を必要とするときに

シフト操作でBモードに!ってことでしょうか。

では、試乗について・・・

タイヤは

これまでと同じ

16インチのエコピアEP150

試乗車は、鉄チンのホイールにカバー。

いいデザインですよね。

Img_9755

シートも体へのフィット感が変わりました。

よりふんわりとして包んでくれます。

ふかっとした感じがしますね。

気がつくのは、

シフトがこれまでのDとECOから

DとBに変化していることです。

Img_9762_2



さらに、

ステアリングにECOのスイッチがついています。

パネル表示を見るとわかるのですが

D

D+ECO

B

B+ECO

の4種類の走行モードが選べます。

ステアリングは

剛性革巻きで、ちょっとシボが大きくなって

ほぼ径は同じながら、太く感じます。

マイチェン後ですから、

当然、ステアリングヒーター付き。

Img_9761

まず、

Dでスタート。

滑らかな走りは違いがありませんが、

大人2人、小学生2人の4人乗車でも

グイグイと力強く加速します。

マイチェン後の方が速度のノリは上です。

ステアリングのスイッチを押して

D+ECOモードに。

あら?これって、これまでのECOモード。

これまでシフトで変化させていた

ECOモードがステアリングスイッチで

変化できるようになったのです。

次に、シフトを操作して

Bモードにしました。

加速はDモードと変わらないと思います。

しかし、減速時には

「回生作動」が強くなります。

パワーメーターの回生表示にもそれが表れます。

D+ECOモードで、回生表示2レベル

Bモードで、回生表示4レベルになります。

エンジンブレーキが強くかかる感じ。

3速から2速にシフトダウンしたような感じでしょうか。

ギクシャクしませんからまずまずでしょう。

B+ECOも加速時は

D+ECOと同じだと思います。

つまり、これまでのECOモード。

減速時には先ほどと同様

回生作動が強くなります。

DからB+ECOモードになるにつれて

より回生を効かせた省電力走行になるということです。

コーナリングは

今までよりもっとスムーズになっています。

クルマ全体の軽量化も試乗すれば、わかりますよ。

初めてお乗りになる方には

スムーズに走るリーフを体感していただけます。

先行ユーザーの自分は

買い換えるほどではありませんが、

これから買う方にとっては

リーフは魅力を増しました!


興味をお持ちの方、ぜひ、試乗を!

今回の試乗後に

早速注文したモノがあります。

それは、次号に。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/535253/30383861

新リーフ 試乗体験 その2を参照しているブログ:

コメント

おばんです!
試乗されたんですね。

タイヤ、ブリヂストンの新開発のタイヤではなかったんですね。

回生ブレーキ、リーフ01ではまさにブレーキが主体ですが、リーフ02はモーターの回転制御で、回生ができるということなのでしょうか?

う~ん、やっぱ、01とは別物なんですかね・・・・

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

サイト内検索



  • WWW を検索
    このサイト内 を検索