« 大盛況!EVフェスティバル九州inくまもと その1 舘内 端 先生 | メイン | FT86EV 繁原製作所 EVフェスティバル九州inくまもと その3 »

2012年10月 9日 (火)

5連覇! EVフェスティバル九州inくまもと その2

今年のエコ電カーレース、盛り上がりましたよ!

注目の単三乾電池部門で

優勝したのは昨年度に続き、

熊本県立水俣工業高校

真心(マシン)R。

これで、5連覇となりました!おめでとう!


結果はこちらです!


写真1 レース中

Img_9088

写真2 昨年度までのレースカーと比較

Img_9061

この写真で比較するとわかりますが、

今年のクルマはボディの高さを抑えて

より重心を低めています。

また、話題の新金属

熊大マグネシウムを使用して、

より軽量化と剛性を高めていました。

ミツバのインホイールモータ!

限られたバッテリーですから、

緻密な制御が必要です。

制御には、コンピュータを積んでしまえば良いなんて

そうはいきません。

良かれと思って積み込んだコンピュータも

そう!

「電気を消耗するのです!」

出走したのは

熊本県の工業高校(定時制も含む)、

宮崎県の工業高校、

大学や本田技研工業さんなどなど

優勝した水俣工業高校は

1時間で48周を周回。

つまり、約25kmを走って

平均約速度25km/hだったわけです。

ストレートでは結構速いんですよ!

前にお伝えしたように

会場が変わったことによって

観客数が大幅に増えました!

これがうれしかった!

このエコ電カーレースの取り組みが

もっと広がっていくことを期待しています。

電気自動車の基礎を学んだエンジニアが育っています!

舘内端先生もご覧になり、

最後に講演もしていただきました。

自動車雑誌の方にも来ていただきたい!

ぜひ、よろしくお願いします。


追記

takeoさんからのコメントです。

ぜひ、ご一読いただきたく、

ここに追記します。

そして、改めておめでとうございます!

〜こんばんは、水俣より書き込んでいます。

今回のレースは苦労しました。

でも、楽しい一日でした。

皆さんの技術の進歩に驚きです!

一つ誤解があるようなので解説させてください。

コンピューター(マイコン)を積んでの速度制御を
初めて行ったのですが、
コンピューターも最低限の容量の物を使うなど
工夫をしております。
ですのでマイコンがが使う電力は
数値では分からない程度です。
皆さんが使われている電力などを示す計器よりも
省エネです。
重量は少し増えますが、
電池の容量を時間に合わせて
適切に使用できるので便利です!

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/535253/30007791

5連覇! EVフェスティバル九州inくまもと その2を参照しているブログ:

コメント

こんばんは、水俣より書き込んでいます。今回のレースは苦労しました。でも、楽しい一日でした。皆さんの技術の進歩に驚きです!
一つ誤解があるようなので解説させてください。コンピューター(マイコン)を積んでの速度制御を初めて行ったのですが、コンピューターも最低限の容量の物を使うなど工夫をしております。ですのでマイコンがが使う電力は数値では分からない程度です。皆さんが使われている電力などを示す計器よりも省エネです。重量は少し増えますが、電池の容量を時間に合わせて適切に使用できるので便利です!

takeoさん、コメントありがとうございます。
そして、おめでとうございます!
すばらしいレースでしたね。

そして、詳しい解説をありがとうございます。
緻密な設計と制御技術の賜。
このレースを自分は全国に発信していきます。

舘内先生や
親交のある電気自動車オーナーである
国沢光宏さんらを担ぎ出して
来年は取材を呼べるように努力します!

指導される先生方
そして、高校生の皆さんの活躍を期待しています!

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

サイト内検索



  • WWW を検索
    このサイト内 を検索