« FT86EV 繁原製作所 EVフェスティバル九州inくまもと その3 | メイン | 発電おじさん EVフェスティバル九州inくまもと その5 »

2012年10月11日 (木)

EV嫌い?自動車評論家や自動車雑誌 EVフェスティバル九州inくまもと その4

さて、10月7日(日)の舘内端先生、

そうなんだなあって思ったことを話されました。

それは、タイトル通りでして

自動車雑誌の関係者や自動車評論家の大多数が

電気自動車は嫌い、

あるいは、

ほぼ興味がないとのお話しでした。

(他にも某広島のメーカーって良いながらマ○ダなんて!

だめですよ!舘内先生!)

また、日本自動車製造の雄である

トヨタ自動車も電気自動車は好みではないそう。

そんな話を伺っていたら・・・

タイムリーなことに国沢師匠のエコカーアジアに

関連の記事が出てきました。

記事「電気自動車進化」はこちら

うーん。タイムリー!

刺激的なエンジン、サスペンション・・・

内燃機関を搭載した自動車に

心ひかれるのはわかります。

だって、メーカーごとにエンジンのサウンドや

味付けが変わり、それがメーカーの特徴となっていますから。

モーターのように回るエンジンではなく

モーターそのものですし。

そう大きな違いが出ない。

スタイルや乗り味、足回りで

差別化を図っていくしかないので

面白みに欠けるということでもあるのでしょう。

また、部品点数が少なく、裾野が余り広くない

モーターであり、

開発途上のバッテリーでもあります。

しかし、舘内先生のおっしゃるように

自動車業界を取り巻く環境は待ったなしで

変化しています。

また、昨日紹介したように

高い工作精度のギアを積み込んだ電気自動車が

レースをして、実績を上げています。

部品メーカーも未来を見て、手を打っていらっしゃいます。

多くの自動車評論家さん方、

乗り遅れたガラパゴスな自動車評論家には

なってほしくないです。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/535253/30022643

EV嫌い?自動車評論家や自動車雑誌 EVフェスティバル九州inくまもと その4を参照しているブログ:

コメント

興味がないから調べもしないで的外れなこと書く人が多いですね^_^;

まあ,それでつっこめるので,私としては助かっていますが(^O^)

評論家に興味がないのなら,私らでこれからも宣伝していきましょう!

Eddyさん、どうもです!

さすがにですね、舘内先生にも
そう言われちゃって。大先輩のはずなのに!

アナログの良さはわかります。
デジタルネイティブになりきれとは言いませんが、
せめて、デジタルイミグラントでいて欲しい。
今の内燃機関の自動車だって
ADコンバーターぐらい付いてますって。


かつて国沢光宏氏がどれだけ電気自動車を否定していたかあなたは知らないのですね。

お名前を記していただけなかったので
○○さん、コメントどうもありがとうございます!

きっと、貴方様も電気自動車をはじめ
クルマが好きな方だと察しました。

国沢さんは、今、リーフを買ってお乗りです。
兄弟子と慕われる舘内端さんは
電気自動車の普及拡大を強力に推進されています。
自分も若い頃からお二人の文章を
読みながらいろいろとクルマと接してきた
クルマ馬鹿なんですが、
国沢さんがリーフを買われたことは
自分のリーフ購入にも大きかったです。
やっと電気自動車が受け入れられていく世の中が来たんだなって。

筋を通すことも大切だと思います。

しかし、評論家として
今のクルマ業界を応援しつつも、
次の時代に見合うかどうかを論じて
クルマ業界全体をより豊かなものにしたいという
意気込みがお二人からは伝わってきます。

もし、可能ならば
一度、お二人と実際にお会いになって
お話しをされてみてください。

貴方様もクルマ好きなら
きっとわかるものが伝わります!
ぜひ!

これからもよろしくお願いします。

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

サイト内検索



  • WWW を検索
    このサイト内 を検索