« 2012年7月 | メイン | 2012年9月 »

2012年8月

2012年8月31日 (金)

誤報とはヒドイぞ! SankeiBIZ !

先日のリーフの大幅なマイチェンの話。

国沢師匠が調べてくださいました。

すると!どうよ!

記事を書いた記者は、ウラもとらずに

根拠のない記事を書き、

社はそれをアップしたとのこと。

国沢師匠の記事はこちら!

リーフの注文をキャンセルした方がいらっしゃったら

是非、再検討してください。

また、販売の皆さん、がんばって売ってください!

このサンケイビズのニュースを載せた私も反省してます。

でも、日産の関係者(というのが、ホントなら)は

自社のクルマなのに

雑談としてもそういった発言謹んでほしいです。

自分だったら、絶対にしない。身内に敵がいるなんて!

先日も書きましたが、どうも記者の質が低いですね。

特に、Webに無料で載っている記事。

これは申し訳ないですが、

自動車ジャーナリストの「とある方々」にも言えます。

書く方も、載せる方もしっかりしてよ!って。

情報を発信するという責任はどこに行った?

正確でないなら、

適当に書いて、お金もらっているなら、

アクセス数が減り、読者も減り、

スポンサーも減ってしまいますよ。

おまんま食べられなくなっちゃいますよ。

こうして、

私たちユーザーに対して

いつもビシッとした記事や

幅広い視点から記事を書いてくださる国沢光宏さん。

ありがとうございます。

だから、自分は勝手ながら

「師匠」と呼ばせてもらっています。


それにしてもサンケイBIZ。

お詫びして訂正しますって記事。

いつになることやら・・・。

2012年8月30日 (木)

自分のリーフのバッテリー状態

先日の自分のブログやオートックワンの記事を

国沢師匠、読んでいただいたのでしょう。

国沢師匠から報告!とのことなので

自分のリーフについて改めて報告します!

国沢師匠の記事はこちら

使用状況

※走行距離 24000㎞

※駐車状態 青空駐車

※主な用途 通勤 毎日60㎞程度

        週末は買い物など

      ほぼ毎日使用。

※バッテリー温度 レベル6 急速充電1回程度では6のまま

 昨年はレベル7まで行くことがありましたが、今年はありません。

※電池切れスレスレ これまでに1回

※電離切れ なし

※電費 通勤時は9.5  休日は8.5程度

※充電頻度 ほぼ毎日80%

    一時期毎日100%充電をしていたが、

    1年点検時の判定で満充電回数が多い

    ということで星4つだったため。


※1年点検時のブログはこちら

結論

※バッテリー状態 良好:1年点検時の判定

という報告です。

自分自身、こりゃ、リーフのバッテリーって

全然大丈夫じゃん!って

思って安心していたんです。

そうしたら、先日のオートックワンの記事を見て、

あら?やっぱ、無理はあかんのねって思った次第。

自分たちオーナーには「人柱」って意識があるんです。

日産自動車さんもデータを収集しているようですし。

だからこそ、収集したデータから

見えてきたことなどを定期的に伝えて欲しいんです。

さらに、きちんと保証しますよ!って

一言欲しいですよね。

2012年8月29日 (水)

飲酒運転 酒気帯び運転 絶対ダメ!

毎日、新聞の社会面の片隅に

飲酒運転や酒気帯び運転の検挙に関する記事があります。


さらには、それを起因とする交通事故。


最悪な場合、人身および死亡といった痛ましい事故も。

先日、国沢師匠のサイトにこんな記事がありました。

アルコール代謝



そうなんです。

条件によっては、一晩寝てもお酒は抜けないのです。

これを寝て、すっきりしたから大丈夫!って

勘違いするドライバーは結構いらっしゃるのではと

思います。

自分は下戸。

若い頃、大学の寮にいて、

救急車のお世話になること度々。

いつかは強くなると思っていましたが

体も壊し、結婚を機に、

医者に「もう止めなさい!一人の体じゃない!」

でも、宴会は好きで、よく参加します。

最近は、職場のみんなで

この飲酒運転等について、よく話題にしています。

酔っていない時にしっかりと意識をし、

それを行動に移すことから飲酒運転等はなくせると思います。

飲んでしまったあとでは、もう遅い。

正しい判断はできなくなっているのですから。

みんなで最大限の注意を払っていきたいですよね。

クルマが好きな者として。


2012年8月28日 (火)

かつての憧れ BMWディーゼル

ついにというか、やっと日本に導入されましたねぇ。

BMWからのディーゼル車。

写真は、BMWジャパンのwebサイトから

20120825_135635_2

国沢師匠のエコカーアジアにも紹介されています。

BMW320dの記事はこちらです。



何度か書かせていただきましたが

自分はE36、E34、E39と乗ったことがあります。

もちろん全部中古なんですけどね。

(中古しか買えません。笑)

当時から欧州にはディーゼル車がありました。

そのスペックやCGなどの記事を見て、

その圧倒的なトルクのもたらす乗り味を想像して

あこがれを抱いたものでした。

最大トルク 38.7kgm/1,750~2,750rpm

アイドリングストップ

燃費 19.4km/リットル(JC08モード)

クルマ好きをわくわくさせるBMWのドライビングや

製品としての質などなど

それに経済性も兼ね備えたディーゼル。

これは久々、

なじみのセールスさんを尋ねてみようかな?

もちろんリーフで行ってみましょう。

どんな顔をされるだろう?

そして、試乗してみたいと思います。

唯一のネックはその「価格」。

通常モデルで470万円。

Mモデルだと514万円。

えっ?これって3シリーズだよね。

サイズは、E39とほぼ変わらなくなったとはいえ・・・。

この為替状況なら、もうちょっと安くしてほしいなあ。

2012年8月27日 (月)

タフなリーフ タクシー10万キロ! しかし・・・

10万キロを達成したリーフは

意外にトラブル知らずだったものの、気になる点もあるようです。

ソースは以下の

オートックワンのサイトの8月24日の記事

日産自動車 EV技術開発本部 エキスパートリーダー である

宮本丈司 さんへのインタビュー です。

リチウムイオンバッテリーのクルマへの利用の

スペシャリストとしての意見が掲載されていて、

大変興味深く読みました。

そして、

もうすでに10万キロを走ったリーフが存在しています。

以下 記事より抜粋しました。

「想定外の話をすれば…

タクシーで使われているリーフが

すでに10万kmを超えたことですね。

これには驚きました。

実験部でかなり厳しい走行試験を行い、

耐久性は確認してきていますが、

わずか1年ほどで10万kmを走ってしまうの

は凄いことで、度肝を抜かれました。

おそらく24時間フル稼働で、

ドライバーが3交代くらいしながら

休みなく走っていなければ到達できない

距離だと思います。

 考えてみれば、

電気代はガソリンの1/10くらいですから、

タクシー会社の経営者としてみたら、

使い切らなければ損だという感覚でしょう。

このタクシーの走行距離からすれば、

ほとんどが急速充電だけで走っていたはずで、

これは、バッテリーにとってもっとも過酷で

厳しい使われ方です。

それでも、バッテリー劣化は78%で、

走行距離並の劣化度合いです。

 また、トラブルは何も起きていません。

信頼性、耐久性の作り込みを、

リーフ発売の1年半くらい前から、

生産と開発が一緒に、

品質の安定化に取り組んだ成果と言えます。」

日々、昼夜を問わず交代制で走っている

タクシーならではの走行距離ですよね。 

その間、トラブルは起きていないという点はすばらしいと思います。

しかし、もうお気付きでしょう。

急速充電を繰り返した結果、

バッテリーの劣化は当然のごとく発生して

78%とのこと。

気になるのは2点。

その1 

私たちのリーフも10万キロを走破した場合に

バッテリーの劣化が同様に起きるのか?

その2

このバッテリーの劣化に対して、日産はバッテリーの交換等の

作業を行った?あるいは、行うのか?

という2点です。

バッテリーの劣化が起きるのは、仕方がないと思っています。

そして、意外とその劣化は一般ユーザーでは発生にしにくいという点も多くのユーザーが把握していることです。

ただし、もし、劣化が起きた場合、

その交換などはどうなるのかということです。

保証の範囲内であれば、きちんと修理等をしてくれるでしょう。

このタクシーも交換修理がなされたという話であれば

私たちも安心できます。

保証期間がありますが、

保証期間後もリーフのバッテリーは

家庭用のバッテリーとして使われていくでしょうし、

新しいバッテリーに積み替えられて使われていくことが

考えられます。

これらの点、確かめたいのですが、

国沢師匠、いかがでしょうか?


2012年8月26日 (日)

日産プリンス福岡さん 24時間急速充電サービス

昨日のブログに情報が寄せられました。

「五杯の茶わん蒸しさん」からです。

〜いつも、早朝読まさせていただいております。
日産プリンス福岡の7店舗は、

なにげに盆休み以後24時間対応店ができているみたいですよ。
日産のサイトで盆期間中の稼働のお知らせがありましたが

「夏季休暇開始以降は24時間・・」となっています。
少なくとも、うちの近所は24時間解放を確認しました。〜

きちんと確かめないといけませんでした。

自分もこの日産プリンス福岡さんの

「夏季休暇開始以降は24時間ご利用いただけますが、お客さまによる セルフ充電サービスとなります。」との記述に対して、「んんん?」って

思ったのですが、webにはまだ反映されておらず、

かといって、いつもの電話取材もせずにいたのです。

こうして、近所もそうだという情報、ありがたいです。

改めて、「五杯の茶わん蒸し」さんに御礼申し上げます。

まとめておきますね。

福岡県の日産系は以下の店舗とアナウンスされています。

※北九州日産モーター株式会社 小倉霧ケ丘店 093-931-6681

※日産プリンス福岡販売株式会社 筑豊店 0948-82-3611

※日産プリンス福岡販売株式会社 博多店 092-411-4132

※日産プリンス福岡販売株式会社 宗像店 0940-52-2200

※日産プリンス福岡販売株式会社 原店 092-843-2332

※日産プリンス福岡販売株式会社 春日バイパス店 092-589-2723

※日産プリンス福岡販売株式会社 甘木店 0946-23-0706

※日産プリンス福岡販売株式会社 柳川店 0944-74-0591

九州でも日産の急速充電サービスの充実が実感されてきました。

日産自動車さん、ありがとうございます。

全国の日産の今後のサービスの充実に期待しています。

2012年8月25日 (土)

生命線? ローソン山王店(福岡市博多区) 福岡日産 がんばって。

先日、福岡空港を利用しました。

早朝発の便で、帰着も最終便。

さて、困った。

その時間に利用できる24時間態勢の日産の急速充電器がないのです。

福岡県、急速充電器の設置数は多いものの

残念ながら「24時間体制」は少ないのが実情なのです。

見つけました。

福岡空港近くの急速充電サービス。

それが、

「ローソン 山王店(福岡市博多区)」なのです。

場所はこちらです。

http://store.lawson.co.jp/store/079013/

早朝、30分ほど早めに家を出て、こちらに行きました。

店員さんに一言申し出ると笑顔いっぱいで鍵を開けてくださり、

充電可能な状態に。

写真

Img_1367

いやあ、朝から気持ちがよかったですねぇ。

十分に充電できました。

もちろん、朝ご飯となるサンドイッチや飲み物などを買いました。

皆さん、マナーを守って、ローソンも利用しましょう!

ここもやがて多くの電気自動車が利用することになるでしょう。

待ち時間が発生することが容易に予想できます。

福岡県の日産自動車さん、早急に24時間態勢を!

よろしくお願いします。


2012年8月24日 (金)

EVの自然保護地区での活用

日曜日の午後9時からのNHKスペシャル、ご覧になりました?

夏が来ぅーれば、思いだすぅー!の

尾瀬の特集でした。

すばらしい自然でしたね。

熊本にも阿蘇というすばらしい自然があり、

訪れる人を魅了します。

以前のこのブログに書きましたように

排気ガスを出さないEVは、

こういった美しい自然の地にも似合うと思います。

いつも情報をいただいている

電気自動車ニュースさんのサイトが

こんな記事を掲載されていました。

こちらです。

中日新聞はこちら

乗鞍スカイラインはマイカーの乗り入れを制限しています。

乗鞍スカイライン マイカー規制情報は、こちらから

こういった土地でもEVが使用され、

その存在を多くの人にアピールしていく。

これも普及につながっていくと思います。


2012年8月23日 (木)

子どもたちの学習サイトにPikesPeakが!

我が子たちは、某通信教育学習を受けています。

そのサイト、○○チャレンジに

なんとパイクスピークのサイトがあるんです!

これはXaCARのスタッフもご存知あるまい!

そのサイトはこちらです。

写真

Pikespeak01_2

息子たちは、リンク先をたどったりしながら

読んでいた様子だったので、

どんなことが書いてあったか尋ねてみました。

(デジタル読解力ですな)

1 パイクスピークは、ロッキー山脈の西の方にあること

2 山登りのレースが行われていること

3 高い山のコースのために、ガソリン車等は空気の影響を受けること

4 空気の影響を受けない電気自動車がその点では有利であること

5 電気自動車全体として、あまり長距離を走れないという欠点があること

6 家の電気で充電できるという点

などを書いてあったと息子たち。

4には、なるほど!そうか!と納得していましたし、

5、6には、うちのリーフもそうだよねって話しています。

モンスター田島という巨人の名前をみんな覚えていますよ。

未来を見ていますな。子どもたちは。

2012年8月22日 (水)

XaCARブログ PikesPeakの案内

XaCARのPilesPeak取材班のブログを

楽しみにしています。


電気自動車も大活躍しているみたいでうれしいですね。

こんな PikesPeakの案内もしてありました。

パイクスピーク案内

コース紹介

・開催地の美しい自然環境 悪魔がいたり、天国へ行ったり・・・。

・名物となっている食べ物 ドーナツおいしいのかな?

・高山の植生の変化

・動物たちと事故

スタッフの皆さんの優しい視点で書いてあります。

こういった記事は

よりわかりやすく伝える記事としてありがたいです。

リーフ乗りとして気になったのは

下り坂でのブレーキのチェックのこと。

もし、リーフで下っていく時、

ECOモードとフットブレーキですけど

チェックが必要になるんでしょう。

あっそうか、リーフもレースに出ていたし

大丈夫なんだよね。


サイト内検索



  • WWW を検索
    このサイト内 を検索