« 2012年4月 | メイン | 2012年6月 »

2012年5月

2012年5月31日 (木)

Leaf to HOME いよいよ6月から

NAVI CARSのお話を書こうかと思ったら、こっちを先にします!

いよいよLeaf toHome がスタートします。

ソースはこちらの財経新聞

コンパクトでいいですよね。
自宅のエアコンの室外機の横に設置できそう。

それから、これを使うと満充電までの時間は
半分の4時間!するってえことは、実際は80%だから、もっと早いでしょう。
これも魅力的!

気になる価格は補助金もあって、工事費込みの「33万円」
これは手が届くなあ。
どうしようか?
もうちょっと待ったら、リーフ本体と同じような
キャンペーンを・・・。

リーフ乗りの皆さん、どうするのかな?
行っちゃいますか!?

2012年5月30日 (水)

CAR&DRIVER 最新号 エコカー特集! その2

さて、昨日に続き、カーアンドドライバーです。

カーアンドドライバーのブログはこちら

エコカー特集の中の
日産リーフ「ユーザーの不満と満足」のコーナー
写真
Cd02

取材に基づくデータが示されています。
そして、取材による5人のユーザーの「声」が記事となって掲載されています。

読んでいてわかるのは、
やっぱ、みんなこのクルマ「日産リーフ」が
好きなんだなってこと。

まだまだ、インフラについても不十分で、
航続距離や充電器については、いろいろと言われていますし、
自分も常に満足と言うことはありません。

でも、先日も家族みんな揃ってリーフに乗り、
ドライブしたり、買い物に行ったり、
もう慣れっこになっている姿に満足しています。

そうそう、私の記事の中に訂正箇所発見。
カーアンドドライバーの編集部の皆さん、
自分の車も含めて
昨年の春からリーフの寒冷地仕様には
「後席にもシートヒーターがあります」ので、
よろしくお願いします。

自動車に関する本について、もう少し
次は、5月26日に発売された
「NAVICARS」という雑誌についてです。

2012年5月29日 (火)

CAR&DRIVER 最新号 エコカー特集! その1

自分が高校、大学生の頃から親しんできた
自動車雑誌がいくつかあります。
その中に、カーアンドドライバー誌があります。
ブログをお読みの方もよくご存じのマガジンだと思います。

カーアンドドライバーのホームページはこちら

先日、そのカーアンドドライバー誌の電話取材を受けました。
もちろん、日産リーフについて
この自動車誌の「ユーザーの不満と満足」というコーナーに対するものでした。

日産リーフについては、
5月26日発売の最新号に掲載されています。
興味のある方はぜひどうぞ!

お読みになると分かりますが、
自分を始め、ネットで情報発信をしている方が
取材を受けられたようで、
おや、きっとあの方だな?っておわかりになるかと思います。

昨日、取材のお礼のお手紙と
Tシャツ、ステッカーと掲載された最新号が届きました。

写真
Cd01

電話取材は編集部の佐藤泰永さん。
大変丁寧でお上手だなあと・・・。
その会話の巧さ、余裕、相手の動向を
さも面会しているかのような話しぶりに脱帽。

自分は国沢師匠を始め、
自分とは違う分野の方の刺激を好んで
受けているのですが、
このCAR&DRIVERの佐藤さんからも
学ぶところ多々ありました。
ぜひ、仕事にも生かしたいと思います。
こちらこそ、ありがとうございました。

その2につづく

2012年5月28日 (月)

師匠のリーフ モディファイ

先日の師匠のページで公開された
リーフへのお化粧。
写真は師匠のページより
記事はこちらです。

5101

コメントにも書かせていただきましたが、
ブルーをテーマに
爽やかで躍動感のあるリーフになっています。
安価にディーラーオプションになるといいですね。

師匠も書かれていますが、
あとは少し車高を下げること。
自分もねぇ、車検まではがまんしようと思っていますが
車高とアルミと・・・って考えてます。
タイヤはブルーアースAもいいなあ。

2012年5月27日 (日)

興味深い ヨーロッパのEVたち 青山さんに感謝

いつも興味津々のXaCARブログ。
青山さんのニュルレポートに
ヨーロッパのEVたちの集結の様子が書かれていました。

青山さんのニュルEVレポートはこちら

いや、すごいな。
ルノー:カングーZE、フルエンスZE、トゥイジー
オペル:アンペア、シトロエン:C-ZERO
フィスカー・カルマ、フィアット:500EV、フィオリーノEV
MB:スマートEV、アウディ:イートロン
日産:リーフも。

これだけ出そろってくると・・・
充電プラグのコンボが話題になるはずです。
ま、どれもこれからのクルマたちですが、
スタディモデルとしても充実していますね。

コレを見ていて、ハッとして
青山さんのこのブログにお願いしたのが
充電の様子です。

青山さん、すぐに追加のレポートをしてくださいました。

青山さんのニュルEVの充電についてはこちら

写真はXaCARブログから
20120525_101038

充電器本体に整流「制御」装置がついているので、
写真のリーフを見ていて分かるのですが
プラグtoプラグですよね。
これはいいなあって思った次第です。
物事はできればシンプルな方に
収束するのがいいのですが、
これもわかりやすいですよね。

青山さん、この場を借りて、御礼申し上げます。
ありがとうございました。 

2012年5月26日 (土)

ほら!ちょっと面白くなってきた平清盛!

あまり視聴率が高くないNHKの大河ドラマ「平清盛」ですが、
ちょっと面白くなってきましたねぇ。

やっぱりね、平清盛のドラマなので
清盛マツケンが前面に出てくることが必須なんですよ。

それを見る人は求めている。
確かに周りの人物を描かないと・・・
っていう気持ちはわかりますが、
あくまで見る人は清盛を見たいわけです。
ドラマは清盛を中心に!回していかないと!

これまで、
誰のドラマなのかわからなくなってしまっていました。

叔父の忠正との確執。
清盛の苦悩。
もちろん、源氏も。

新しい時代を生み出すことへドラマが動き出しました。
ちょっと遅かったけど、
これからの「平清盛」マツケンに期待しています。

2012年5月25日 (金)

応募してみました!? プリウスPHVモニター

レスポンスさんの記事を見ていたら
なになに、プリウスPHVのモニター募集?!

レスポンスさんのこの件に関する記事はこちら

トヨタのページはこちら

このプラグインプリウスは
ベトナムでの勤務中(平成19〜20年頃)に
ニュースが流れ、帰国したら買いたいなあ
と思っていたクルマでした。

メーカーとして諸事情があったのでしょう、
やっとこさ発売されたわけです。

自分はご存じのように
先に発表された日産リーフを買いました。

この20キロ程度のバッテリー走行と私たちの生活パターン。
リーフとの比較などなど興味がありましたので
応募してみた次第です。

今、うちではカミさんの軽自動車とリーフの2台体制です。
考えてみると・・・
自分が通勤に使うというよりも、
カミさんが普段使いにプリウスPHVを使ったら
ほとんどガソリンは使わないで済む?
さらに、充電器がないところへのロングランの際は便利?
いや、ガソリンエンジンが動いた時に
どのようにドライバビリティや運転感覚が変化する?
興味ありますよね。

応募に当たって、
ブログを書いていること等が条件となっています。
また、このブログにプリウスPHVのブログパーツが
ついていると思いますが、それをつけることも条件です。
興味のある方、どうぞ。
〆切は5月27日です。

2012年5月24日 (木)

「すかいらーく」も電気自動車用充電器設置 5年で900店

ソースはこちら 5月23日付け日本経済新聞


これによると
まずは、神奈川、埼玉、京都、奈良、滋賀の1府4県の
ガスト9店から始めるということです。
電気料金は無料で、基本、来客でなくても利用できるが
充電中に店舗の利用を期待するとのこと。

また、すかいらーくでは三菱のi-MiEVを導入!
こちらが「すかいらーくからのアナウンス」

このようにインフラの整備が進むことで
電気自動車の普及が進みそうですね。
三菱自動車の軽のトラックや軽のワゴン、
日産のNV200のように商業利用を中心に
広がる動きが見えています。

よく「航続距離」が話題となりますが、
要は「使い方」の問題で、
その特性に合った使い方をすれば、
とても便利で、快適で、ランニングコストが安価であることは
多くのユーザーがわかっていることです。

使う人が増えれば、電池のコストも下がり
車体価格も下がっていく・・・。

私たちの街の「すかいらーく」や「ガスト」他の店舗にも
充電器ができる・・・
ぜひ、利用させていただきたいと思います。
おいしく、楽しい食事と共に。

2012年5月23日 (水)

今月のXaCAR 86が眩しく見える!

紹介が遅れましたが
スポーツからエコまで幅広く、かつ、編集者の顔が見える雑誌
XaCAR。
6月号はこちらです。
写真
201206xacar_2

レガシィやインプ、ホンダの動き。
そして、別冊では86&BRZ!
いつもながら、楽しい記事に溢れています、。
ちゃんと私たちEVユーザーに向けても
EVレースについての記事にもページを割いてあり、
見捨ててくれず、ありがとうございます。

今回も師匠と伏木先生の対談が入っていますが、
ホンダって、エポックメイキングなクルマが
これまで多かったなあって思っています。

自分が最初に買ったクルマは
初代のシティRでしたもん。

休日のホムセンのパーキングで
あのなつかしいインテRのボンネットを開けて
語り合う若者の姿がありました。
いい光景でした。ほんと。

そんな光景をもっと見たいって思うのは
私だけじゃないはずです。
いかんなあ、86がまぶしく見えて仕方がないんです。


2012年5月22日 (火)

熊本県 南阿蘇村で観光電動バイク

5月20日付けの熊本日日新聞より

熊本県などは、5月22日〜8日間
南阿蘇村で電動バイクを貸し出す実験を行います。
「あそ望の郷 くぎの」に
ホンダの電動バイクEV-neoを4台配備して、
3時間無償でレンタルするそうです。

写真は EV-neo
20120520_222616

ホンダのEV-neoのサイトはこちら

1回の充電で約17㎞走行可能とのこと。
南阿蘇って雄大な阿蘇の自然を満喫できるところ。
おいしいものもいっぱい!

みなさん、ぜひどうぞ!
27日は「あそ望の郷くぎの」で試乗会もあるそうです。
連絡先0968-67-2222(熊本日日新聞より)


サイト内検索



  • WWW を検索
    このサイト内 を検索