« 内燃機関は「主」か「サポート」か | メイン | 望む!電気自動車に関する爆発的技術革新 »

2011年9月24日 (土)

期待する!「LEAF to Home計画」


ザッカー10月号の記事を改めて読んで、
楽しみ!と思ったのが
日産リーフの「LEAF to Home計画」

ザッカーはこちら

日産の開発したパワーコントロールシステム、
この機械を使えば、今までの倍の6KWで充電できるという。
家庭用は200V×15Aでしたから、倍ですよね。
それなら、充電時間が半分になりますよねという話です。

これはうれしい!

ということは、
今後、リーフを使って、ちょっと遠方に遠出する際を考えてみました。
例えば、昼間に通勤等で多少消費したとします。
家庭で深夜電力(自分とこは午後10時以降)で充電開始。
バッテリー残量にもよりますが、午前1〜2時頃には充電完了。
深夜の早い時間のうちに出発できるということになります。
こりゃ、リーフを使って休日前に釣りなんぞの準備をして
安心して行けるってことです。

できるだけ、安く出してね。
先行購入者には、特典付き!なんてならないかな?

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/535253/27131723

期待する!「LEAF to Home計画」 を参照しているブログ:

コメント

こんちわんこ^^。そんなのが出るんですね。私はちょっと前のニュースで、日産が従来の半額程度の急速充電機を年内発売のニュースが気になっています。半額だと約70~80万位これを全ての高速のSA&PAに設置して、日産&トヨタ全ディーラーに配置すれば、物凄く安心して遠出に出かける事が出来ると思います。トヨタもPHV出すんだから協力しようよね。あっ三菱もね

どもです。
自分が気になっているのは、
トヨタのPHVの充電プラグが普通充電プラグのみではないかということです。
イオンに設置してあるプラグが
普通充電用でTOYOTAのロゴ入りなんです。
TOYOTAはチャデモ協議会にも入っていますが、どうなんでしょう?

多分それは普通充電用です。
ちゃんと急速充電合わせて来ますよ多分・・・ でないとバカタンですよ。

でしょ?
自分もね、まさか、PHVプリウスが
普通充電用のプラグのみだったら!って
思っています。
でも、今度は急速充電器が複数設置されないと
急速充電待ちのトラブル続出です。きっと。
まだ、アイミーブもリーフの少数派なので
オーナーの理解もあると思うのですが、
PHVプリウスの場合、いろんなオーナーが
一気に増えることが予想されますから。
ちょっと心配。

プラグインプリウスは普通充電のみですよ。電池容量も4.4kWhと少ないので、それでも2時間くらいで充電できるはずです。

なので、愛知県の豊田市周辺には普通充電器がたくさんありますが、急速充電器は岡崎の三菱&日産ディーラーにしかありません。。。

http://www.city.toyota.aichi.jp/division/aj00/aj02/1217118_7158.html

はやたつさん
コメント、ありがとうございます。
やっぱり、PHVプリウスは普通充電のみでしたか。
そんな予感がしていたんです。
以前、このブログでも書かせていただいたのですが、
もし、PHVプリウスが急速充電ポートを
装備しているなら・・・と期待もあったんです。
その1は、急速充電器の普及が拡大すること
その2は、小容量なので充電器の回転が良く、
待ち時間もさほど影響がない点です。

ちょっとトヨタにも考えて欲しいのが
トヨタはchademoの協議会にも入っているのに
日産や三菱に流れるのがイヤなんでしょうか。

ただでさえ小さな国内市場のパイを
食い合ってもしょうがないのに・・・。

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

サイト内検索



  • WWW を検索
    このサイト内 を検索