« 2011年7月 | メイン | 2011年9月 »

2011年8月

2011年8月21日 (日)

リーフのトランク 家族5人の荷物を飲み込む


先日、家族で片道約50㎞程度のところにある
山間地のキャンプ場に1泊2日のキャンプに行ってきました。

家族5人の着替えの入ったキャスター付きの旅行バッグ、
川遊び用の水着などが入った大きめのリュック、
バーベキュー用の食料などが入った中型のクーラーボックス
などなどをリーフのトランクに詰め込みました。

小さく見えるトランクですが、
深さもあって、結構入りますよ。

後方視界は悪くなりますが、
いざとなれば、トノカバーを外して
積み込むことも出来ますしね。
今回はその必要はありませんでしたが。

渓谷の川の水は冷たかったのですが
子どもたちは元気いっぱい。
自分は子どもたちの安全確保のために、
しっかり子どもたちと過ごしました。

ええっ?バッテリーですか?
もちろん、これくらいなら全然大丈夫。

1泊して、帰宅した時に残3目盛り。
往復100㎞超えの山間地へのキャンプも大丈夫。
帰宅して、再び、ちょっとした買い物にも出かけました。
このクルマとのつきあい方にも慣れてきました。

2011年8月20日 (土)

日産リーフ じわりと認知度が上がる?

本日20日と明日21日は日産自動車の
「電気自動車、乗れます。」デー。

Leafcm

他の皆さんのブログでも
日産リーフのCMなどについて書かれていますように
販売促進キャンペーンが展開中です。

しかし、震災もあって、あまり広告宣伝がなされていなかった日産リーフ。

ここにきて、CM等の効果があるのでしょう。
こちらのような田舎でも
一般の皆さんの関心が高まっているように思います。

先日もとあるところにお邪魔したら
「あれ?これ、電気自動車ですよね。初めて見ました!」
「どうですか?」
って話しかけられました。

自動車に興味がない皆さんにとっては
CMなどを通して、やっと認知され始めたのだと
思います。

売れる、売れないがよく話題となりますが、
日産の関係者に尋ねた方の話によると
ここ熊本でも毎月10台程度は出ている模様。
この広告宣伝効果は車好き以外の人々に
じわりと浸透しつつあるようです。

2011年8月19日 (金)

国沢さん、かっこいいぞ! 2011「全日本 袖ヶ浦EV50kmレース大会」


JEVRAによる
2011「全日本 袖ヶ浦EV50kmレース大会」の模様が
YouTubeにアップされています。

こちらから

テスラが
リーフが
i-MiEVが
86EVなどなどが激走!

いいですねぇ。
袖ヶ浦EVカーレース大会の模様。

国沢さんがブログで
このレースの模様を紹介されていましたが、
国沢さんと中谷さんのテールトゥーノーズも!
そして、クラスごとのインタビューがあり、
国沢さんの勝利インタビューも見ることができます。

いやあ、よいビデオ。
ぜひ!

2011年8月18日 (木)

清々しい高校野球 新世代に期待する


熱い戦いが続く甲子園。

ここ数日、テレビのインタビューを見ていて
気がつきました。

試合に負けたピッチャーが
堂々と、そして、
爽やかにインタビューに答えていることに。

試合直後は涙を流していても
その後のインタビューでは流れる汗が
顔いっぱい。
でも、その表情にはやるだけやったんだという
自信と清々しさがあります。
また、インタビューに対するコメントも
気が利いていると申しましょうか。
しっかりしています。
ゴルフの石川遼さんにも驚いていましたが
なんのなんの。
教育ではゆとり世代、脱ゆとりなどと
揶揄する言葉がありますが、
若いデジタルネイティブ世代は
けっこうやるな!って思いませんか?

いいなあ、高校生!
かっこいいぜ!って素直に思いました。

高校生は、今や、さまざまな形で
甲子園があります。
どの会場でも一生懸命さとひたむきさが
心を打ちます。

企業の皆さん、
高校生の就職先をもっと広げてください。

彼らは、人物として立派な即戦力じゃないですか。
この国にとって教育の充実は
ますます重要になっています。
学校教育はもちろん、それは社員教育にも言えます。

高校の学習も充実し、彼らは心を育てています。

どんどん採用してください。

能力としてはそれぞれの分野で教育を進めていただくことで
彼らは人のために、誰かのために仕事をする
夢のある職業人に育っていくはずです。

世の中全体で・・・大切にしたいですね。

2011年8月17日 (水)

人吉から熊本市へ その3 バッテリー温度も大丈夫


紹介してきた日産リーフでの人吉市までの旅。
帰りの様子も紹介しましょう。

まず、リーフの腹ごしらえをすべく、
熊本日産プリンス人吉店にて急速充電。

この日も当番のスタッフにお世話になりました。
丁寧な対応、ありがとうございます。

目盛り9、充電80%未満、走行可能距離表示 129㎞で人吉市を出発。
高速道路に乗ります。
これから肥後トンネルの最高点まで再び上り勾配が続きます。
最高点では目盛り7、走行可能距離 79㎞。
ま、行きの表示で慣れてます。大丈夫!

ここからは八代までほぼ下り勾配。
例のごとく、回生が働いて、どんどん充電し
消費も少ないために走行可能距離も伸びて、107㎞程度まで回復。

御船ICで降りて、熊本日産プリンスの本店到達時は
走行可能距離は15㎞程度まで落ちたところで
急速充電。
残量20%からスタートしました。
10%回復するのに約3分かかります。
自動停止したのは、10目盛り、85%でした。
気がついたのは、人吉店では充電器が停止するまで
充電はしていなかったのではないかということです。
たぶん、自動停止するまで充電していれば
残量はもっと多かったと思われます。

そうそう、気になっていたバッテリー温度ですが
80㎞/h程度を守って走れば、全然問題ありません。
この日2回目の急速充電を終えても
温度表示は、6目盛りのまま。

カートップの記事で
急速充電を繰り返して走行した結果の
バッテリー温度表示が話題となりました。
今回の旅を通して考えられることは
「電気自動車を理解した乗り方」をしていれば、
バッテリー温度表示がレッドゾーンという
あのような結果にはならないと思います。

あれは意図的な乗り方をした結果の記事だと
思っておいた方が良いのではないでしょうか。
ライターさんには申し訳ないですが、
某国の番組と一緒の視点による記事も
一部にあると思います。

2011年8月16日 (火)

ちょっと涼しく 「ゆうれい寺」

またまた、人吉滞在記になりますが、
時間を見つけて「ゆうれい寺」として有名な永国寺に行きました。
遠方から見た永国寺の写真
Img_9726

裏山には夜になるとライトアップされる幽霊の看板が
見えますね。

結構な人出で、私たちが滞在している間も
ひっきりなしに観光客が見えていました。

立派な本堂には、このお寺を解説するビデオが
流されており、ゆうれいの絵のレプリカ掛軸が
飾ってあります。
レプリカだからまあいいかと
写真を一枚と撮ろうとしていると
後から来たカップルの女性が
私と同じように写真を撮ろうとする男性に
「撮っちゃだめよ!」
ネット上のサイトで紹介してありますので
興味のある方はそちらをどうぞ。

本堂の脇には、幽霊が現れたという池があります。
Yureipano


蝉時雨の中、庭も整備されて、時折吹く風に
ちょっと冷やっとした、
そして、ほっとした時間を過ごしました。


2011年8月15日 (月)

人吉市のラーメン屋さん 好来ラーメン

もう20年近く通っている人吉市の好来ラーメン。

こちら

ご主人も奥様もとっても良い人で
そして、
黒いスープのラーメン。
これがうまいんだ!

熊本ラーメンは白濁したとんこつが
メインなんですが、
ここのは焦がしニンニクとマー油の
黒くて澄んだとんこつのスープ。
たっぷりの麺ともやし、キクラゲ、チャーシューと
すごいボリューム!

500円から550円ちょっと上がりましたけど
今時、こんな良心的なラーメン屋さんはありません!

お盆も営業、お客さんもいっぱい。
すぐ近くに新たに駐車場も追加されてました。

どんなに忙しくても、
ご主人も奥様もいつもと変わらぬ笑顔で
応対してくださいます。

人柄が良くって
食べているラーメンの向こうに
ご主人と奥様の顔が見えて、
とてもおいしくって大好きなんです。

ぜひ、どうぞ。

2011年8月14日 (日)

熊本県人吉市へ日産リーフでチャレンジ その2

前日より続き・・・

肥後トンネルの最高点からの下り区間は、
余裕があることから、一般車とともに
人吉まで元気よく走ることができました。
周りのクルマも興味深げに様子を見ています。
追い越しながらドライバーの視線を受けていました。

回生が働いて
人吉ICに着く頃には走行可能距離は50㎞以上を表示。
バッテリー目盛りは3を表示したまま。
人吉市内を走り、熊本日産プリンス人吉店までは
ほとんど走行可能距離は減りませんでした。
熊本市で98%まで充電しましたが、
80%でも大丈夫だったと思われます。
でも、肥後トンネルの最高点では
大丈夫とわかっていても冷や汗かくかも?

ここ人吉市には熊本日産プリンス人吉があって
急速充電器が用意してあります。
この人吉市に急速充電器があることは
私にとって、大変ありがたい存在です。

お盆期間中ながら、スタッフが1名出社されていました。
実は、熊本県内の日産の急速充電器はまだ3台。
しかし、熊本市と天草市では24時間充電可能となっています。
この人吉店は24時間充電には対応していません。
その理由がわかりました。

サービス工場内に急速充電器が設置されていたのです。
セキュリティ面を考慮してとのことでした。

スタッフの方の応対は大変丁寧でありがたいものでした。
お世話になりました。ありがとうございました。

これで安心して、人吉市まで行くことが出来ます。
リーフ乗りの皆さん、ドライブ計画をお立てになって
どうぞ人吉市まで足を運んでください。
良い街ですよ!

2011年8月13日 (土)

熊本県人吉市へ日産リーフでチャレンジ その1


日産リーフで熊本市から人吉市までの約90㎞。
(途中、宇城市に立ち寄って)
高速道路を使ってチャレンジしました。

チャレンジって書くと少々大げさですが
九州の高速道路には沖縄を除いて
まだ、急速充電器の設備がありません。

さらに、八代市から人吉市までの高速道路は
肥後トンネルまではだらだらと登りが続きます。
肥後トンネルのほぼ中央から下りへと変化します。

つまり、肥後トンネルまでのバッテリーが
どの程度持つのか、自分としては初体験だったわけです。

熊本市内の熊本日産プリンス本店(無人24時間急速充電可能)にて
98%まで充電。
08131

08132
走行可能距離は160㎞と表示されていました。
リーフ乗りの皆さんならおわかりですが、
この走行可能距離はそれまでの乗り方で算出されますので
参考程度にしかなりませんが。

国道3号線を南下して、
松橋ICから高速道路に乗りました。
GPSレーダー探知機の表示速度は81㎞/h。
オートクルーズはONです。
順調に走行していきました。
八代から80㎞に速度が制限されますので、
各車走行速度に違いが出てきますから、
オートクルーズはOFF。

肥後トンネルの最高点までじりじりと
走行可能距離が減っていきます。

最高点で走行可能距離は34㎞と表示されました。
人吉の日産プリンスまで25㎞ほどとナビは表示しています。
ただし、バッテリーはさほど減っていません。
まだ、4つも残っていました。
やはり、車載コンピュータはその時点の走行状態から
その状態が続くと判断して走行可能距離を表示しています。

隣のカミさんは不安げでしたが、
全く大丈夫だと判断できました。

次号に続く・・・

2011年8月12日 (金)

中速充電器ではつらいよ?! 道の駅 阿蘇 


道の駅 阿蘇。
ここは午前9時から午後6時までで
認証カードがキーチェーンで用意されていますので
空いていれば、自分で充電が出来ます。

この日は、ちょうど私と別の方とが
ダブルブッキング。
先に充電スペースに駐車した自分が
充電を開始しましたが、別の方のことも気になります。

そこで、道の駅のお弁当をさっと食べて
60%程度でその方に譲ることにしました。
帰りはオフィスまで下り坂ですので、
なんとかなりました。

こういった時、使わせていただいていて
申し訳ないのですが
複数の充電希望者が重なった場合、
中速充電器では役不足です。
急速なら40%ぐらいの残で充電開始しても
10数分で80%に達するからです。
ぜひ、急速充電器を増やしてください!

また、お願いしていた順番待ちと時間を確認するための
ノートやホワイトボード等も
まだ用意されていませんでした。

ぜひ、用意してください。
利用者が気持ちよく使えることが大切だと思うのです。

今後の熊本県の推進に期待しています。
よろしくお願いします。

サイト内検索



  • WWW を検索
    このサイト内 を検索